1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. まさにヒーロー!CPRを施して去っていった謎の看護師の正体は?

2016年03月19日

まさにヒーロー!CPRを施して去っていった謎の看護師の正体は?

看護師の皆さんはプライベートで倒れた人の手助けをしたことがありますか?

 

勤務先以外で看護師として名乗り出て、救命活動を手伝うには多少の勇気がいるでしょう。きっとそうしたときに居合わせる場所は病院と違い、器具もスペースも整っていないのは当たり前。

 

今回の話の舞台であるレストランの店内の照明は薄暗く、もしかしたら倒れた人がいたことにすら気づかなかったお客さんもいたかもしれません。

 

 

いきなり倒れた母

アメリカのアリゾナ州フェニックスに住むアル・ダポーニオさんは、ある土曜日の夜、妻のローズさんの誕生日を祝うために彼女の両親とともに地元近郊のレストランへ出かけました。

 

食事もすすみ、店員さんがサービスのデザートを運んで来たそのとき、家族の楽しい時間は一変しました。ローズさんの母親であるアイリーン・デサンティスさんが突然倒れたのです。

 

アルさんは慌てて義理の母であるアイリーンさんに近寄り、声をかけ続けましたが、反応は全くなかったそうです。アイリーンさんをなんとか床へ寝かせ足を挙上することはできましたが、レストランの照明は暗く、彼女の状態を正確に把握することは困難でした。

 

突然現れた「看護師」と名乗る女性

その時、アルさん家族のテーブルの近くにふっと1人の女性が現れました。

 

「私は看護師なのですが、何かお手伝いできることはありますか?」と彼女は尋ねたそうです。脈拍が確認できなかったアイリーンさんに対して、その「看護師」の女性が人工呼吸(CPR)を施す一方で、アルさんが胸部圧迫を行い、救急隊員が現れるのを待ちました。

 

すると、救急隊が到着するころにはアイリーンさんは自発的に呼吸ができるまでに回復。その後救急車で病院へ搬送されました。

 

ただ、家族も慌しく救急隊の後を追ったため、その場に残った看護師の名前を聞くことをすっかり忘れていたそうです。

 

「ちゃんとお礼が言いたかったのに」

その日の夜、アイリーンさんの家族は救急救命室で彼女に3時間付き添いました。アイリーンさんは病院でさまざまな検査を受けましたが、幸いにも目立った障害も認められず無事に退院。家族は、一時意識不明に陥ったアイリーンさんが息を吹き返したことに「これは奇跡としかいいようがない」と驚きを隠せません。

 

しかし、助けを申し出てくれた看護師は誰だかわからないまま。一家はお礼を言えなかったことはもとより、名前も聞かず、顔も、髪の色さえも覚えていないことを本当に申し訳なく思い、どうにか探し出そうと新聞へ投稿したり、レストランに問い合わせたり手を尽くしました。

 

レストランで当日働いていたウェイトレスによると、アイリーンさんを助けた女性はディナーの予約をしていたグループの1人でしたが、何かの手違いでテーブルが空かず、結局店を立ち去ったということです。

 

救急の現場に慣れていない家族は、気が動転するあまり、助けてくれた人の風貌まで覚えていないもの。それでもどうにかして感謝の気持ちを改めて伝えたいというのは当然でしょう。

 

しかし、もしかしたら救命した看護師にすれば、自分が称えられることが恐縮だったのかもしれませんし、彼女にとってはごく当然のことをしたに過ぎなかったのかもしれません。

 

プライベートで人が急病で倒れたところに居合わせた場合、あなたならどうしますか?

 

(文)Rio, S.

(参考)

Mystery nurse: She did CPR at a restaurant, helped save a life, left without getting a table(azcentral)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2016年04月09日 23時57分

ちょっと涙でた、、、

4匿名2016年03月21日 01時02分

勇気いるなあ

3匿名2016年03月19日 11時36分

>>2さん
急変時のヤジって本当に腹立たしいですよね。
「何も分からず何も出来ないなら黙ってろ!」と言いたくなります。

2匿名2016年03月19日 10時57分

蘇生されれば感謝されるけど、蘇生されなければ訴えられることもあります。
私も倒れた方の手助けをしたことがあるけど、遠巻きから「下手に触るな」「触らない方がいい」とヤジを受けたことが今でもトラウマ。

1匿名2016年03月19日 07時49分

勇気がいる行動ですね。でも、そうゆう看護師になりたいです

関連記事

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1344
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1660
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1249
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1134
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
965
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
787
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者703

急性左心不全でCCUに入院した患者さん。肺うっ血が改善したため、日中NPPVを離脱し、一般病棟へ移動しました。その夜、消灯2時間後に排便のためナースコールがありました。トイレを済ませた後、ベッドへの移乗の介助を行うと、息苦しさを訴えたため、すぐにバイタルサインを測定しました。バイタルサインは以下の通りです。医師へ報告後、到着を待つ間に看護師が行う対応として、最も優先が高いものはどれでしょうか?

  • 1.NPPVの準備を行う。
  • 2.ベッドを平らにし、安静にする。
  • 3.心臓カテーテル室へ移動の準備を行う。
  • 4.痰の吸引を行う。
今日のクイズに挑戦!