1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 肉抜きダイエットで鬱に?精神疾患のリスクを上昇させる恐れ

2016年03月12日

肉抜きダイエットで鬱に?精神疾患のリスクを上昇させる恐れ

農業、食品加工、輸送などの技術の進歩や発達のおかげで、今や先進国ではあらゆる食料品の入手が簡単になりました。「何を食べるか」について選択肢が増えたことで、個人のライフスタイルもさまざまに変化しています。

 

あえて肉食を避けた食生活を選ぶ菜食主義者(ベジタリアン)もそのひとつ。体調や環境への配慮もあり関心を集めているベジタリアンですが、はたして健康への効果はあるのでしょうか?

 

2014年にオーストラリアで行われたベジタリアンに関する調査報告が、アメリカの女性向け健康雑誌「ウィメンズ・ヘルス」にて最近紹介され、再び注目を浴びています。

 

 

肉あり・なしのグループの報告調査

肉を抜いた食事は、動物性たんぱく質を避けることで消化による胃腸の負担を減らすことができる、食肉の消費を減らすことにより地球温暖化の一因となる二酸化炭素の大量発生を抑えることができるなど、人間の体の内外でのプラス面が指摘されています。

 

一方で、実際にはメンタル面での不健康を助長するリスクが明らかになりました。

 

ベジタリアンのグループと肉を摂取するダイエット方法を実施したグループの比較から、次の3点が報告されています。

 

ベジタリアンのグループは、肉を摂取するグループに比べ、

◆将来についての楽観的な思考が低い

◆うつ傾向が18%高い

◆パニック障害や不安症を経験した率が28%高い

 

肉抜きダイエットは、精神状態を変化させるだけでなく、精神疾患のリスクまでも上昇させてしまう危険性があるのです。ヘルシーで安全なダイエットのイメージが強い肉抜きダイエットですが、そのリスクをきちんと理解したうえで実行している人は実際には少ないようです。

 

「精神面での不調というリスクを負っても体重減少の効果を得たいかどうか」「ダイエット効果は得られても幸せな状況といえるか」ということが重要になります。

 

なぜ肉なしの食生活は危険?

アメリカでは近年、ベジタリアンになる人が増えています。ただ、その理由は人によってまちまち。肉抜きダイエットがなぜ健康障害のリスクを高めるのでしょうか。

 

まず挙げられるのは、体が必要とする最低限の脂肪分が足りない状態で野菜や果物を摂取しても、それに含まれる豊富な栄養素を体内に十分に取り込むことができないからです。

 

肉を摂取するダイエットでは、ビタミンB群、亜鉛、鉄、トリプトファンの摂取量は過多でしたが、肉抜きダイエットではそれらの栄養素は非常に低い摂取量にとどまることが報告されています。以下は各栄養素が不足した場合に一般的にみられる症状です。

 

ビタミンB1: 精神不安定、集中力が欠ける、眠気をきたす

亜鉛: 精神不安定、暴力的になる

鉄分: 貧血、疲労感、息切れ

トリプトファン: 不安、不眠、気分の落ち込み

 

理想的なダイエットとは?

この研究結果から、肉の摂取を急に止めると、体への大きな負担になることが明らかとなりました。では、理想のダイエットについて一体どのように考えていくべきなのでしょうか。

 

ダイエットに取り組みたい場合には、第一にそれぞれのダイエットの際に起こり得るリスクをきちんと理解したうえで始めることが必要です。急に肉の摂取を止めるのではなく、徐々に減らしていく方法をとり、体への影響を注意深く観察していくことが重要なポイントです。

 

ダイエットと上手につきあうには

健康の増進と向上を目指すはずのダイエット。しかし、体に負担の大きいダイエット方法では、不健康を助長してしまったり、生活の質までも低下させてしまったりする危険性があるのです。

 

ダイエットの効果や実施期間、手軽さだけに注目するのではなく、それぞれのダイエットに潜むリスクにも注目して情報収集していくことも重要なポイントになります。ダイエットだけに頼らずに毎日の生活習慣を見直すことも大切です。

 

ダイエットは、特に摂取カロリーだけに注目しがちですが、体に必要な栄養素にも気を配りながら取り組んでいきましょう。

 

(文)A.Brunner

(参考)

Research Points To Mental Health Risks Associated With Meatless Diet (CBS Philly)

e-ヘルスネット(厚生労働省)

うつ・自律神経失調症時の食事は大切 食事療法について(自律神経失調症うつ病ナビ ココカラ)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2016年05月17日 09時42分

周囲のヴィーガンの肌質の悪さとメンタル不調ぶりを見ていると、食事のバランスってほんと大事だよなと思ってます。バランスよく食べないと…なんていうとムキになってくるので、最近は話もしてませんが。

4匿名2016年03月26日 08時41分

ベジタリアンとヴィーガンの差がわかってない記事だなー
ベジタリアンは多少の動物性脂肪は食べても構わないとされてますが。

3匿名2016年03月16日 08時15分

最近、肉食べてないな。肉食べよう。

2匿名2016年03月15日 01時46分

よし、これで堂々と肉を食べれる

1匿名2016年03月12日 19時20分

やっぱりバランスよくが大事だね!

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1278
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1292
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1170
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1027
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
888
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
463
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2653

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!