1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. いまさら聞けない!ナースの常識>
  4. 個人情報の扱い方|いまさら聞けない!ナースの常識【2】

2012年06月04日

個人情報の扱い方|いまさら聞けない!ナースの常識【2】

毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか?

知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。

そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライターがこっそり教えます。

 


 

Vol.2 個人情報の扱い方

個人情報保護法が施行されてから5年余り、今や医療機関でも、例えば「問診票にご記入いただいた個人情報は、当院の個人情報の利用目的の範囲内で取り扱わせていただきます」などという断り書きは普通にある。

医療機関で扱う患者さんの情報は、個人情報の中でも秘匿度(秘密にする、保護する度合い)は最高として扱われる。一方で病院からの個人情報流出のニュースは後を絶たない。

 

看護師という職業上、患者さんの個人情報を扱わなければ仕事にならない。しかし一方で簡単に持ち出せてしまう立場にもあるため、そこは個人のモラルにかかっていると言っても過言ではない。

法律上罰則を受けるのは「主務大臣より改善勧告や改善命令を受けても従わない場合」だけとはいえ、「個人情報を漏えいした」事実が明るみに出れば病院が信頼を失うのは間違いない。直接的な被害がなくても患者さんは精神的苦痛を受けたとして裁判を起こした例もあるので、病院の損害としては甚大なものになる。

 

患者さんの大事な情報を扱う者として、個人情報の扱い方を改めて考えてみたい。

 

 

個人情報とは何か

「個人情報」とは病院内で考えると何が該当するのか。

 

個人情報保護法では、「個人情報=生存する個人に関する情報(識別可能情報)」としている(死亡した場合でもその情報が存命中の遺族に関連する場合は、個人情報保護の対象)。氏名、性別、生年月日、職業、家族関係はもちろんのこと、他の情報と合わせると個人を特定できてしまうもの全てが対象だ。

 

具体的には、例えば「△△病院で○月○日に撮影された50代男性の脳のCT画像」の場合、これだけでは誰なのかは分からないが、別に撮影日時、氏名、年齢、性別、術式が書かれたリストがあって、それと照合すると誰のものかが分かってしまう場合は、一般的には保護の対象とみなされる。また読影レポートが付加していれば、患者および作成した読影医の個人情報が含まれることになる。

 

医療機関では「カルテに記載された患者さんに関わる情報は全て個人情報」とする場合が多く「記載した医療従事者の個人情報も含む」とされる。

また、例えば看護師が職務上の都合や資料作成目的で集めてメモ書きしたものでも、個人を特定できる氏名、年齢、性別、住所などを明記したものは、全て個人情報となる。

 

看護師専用Webマガジン ステキナース研究所 | いまさら聞けない個人情報

図1 個人を特定できる情報は個人情報になる

 

 

看護師が考えるべき個人情報の保護

では、具体的に看護師は患者さんの個人情報をどう扱えばよいか。

看護師は、患者さんがサインした「当院の個人情報の利用目的の範囲内」であれば、職務上必要な情報をカルテから抜き出し、リスト化しても構わない。但し、必要な情報だけを利用すること、利用が終わったら速やかに消去することが前提だ。

 

ここで一つ事例を上げてみる。

 

ある日看護師のAさんは、自分が今日担当した患者さん(20名分)の部屋番号と氏名、性別、病名や症状などを順番に並べて書いたメモを、うっかりロッカーまで持ってきてしまった。面倒だったのでロッカーに入れ、鍵をかけずに帰った。

 

 ・・・ついうっかりやってしまいそうなことだが、たった20名とはいえ、氏名や性別が明記され、どこに何で入院しているかが分かるので、もしこのロッカーが荒らされてメモを紛失したら、これでも個人情報を漏えいさせたことになってしまう。

 

では看護師が守るべき基本的なことはなんだろうか。

 

1.不必要(不正)にコピーしない(写真に撮るのもだめ)

2.院外へ持ち出さない

3.院内でも不特定多数の人が入り込める場所へ放置しない、鍵付きの引出にいれる等、紛失しないための決まりを守る

4.使用後は速やかに院内で消去する、紙の場合は院内でシュレッターにかける

5.誰かに頼まれても犯罪(の可能性があること)には手を貸さない(手伝わない)

 

どれも当たり前のことだが、扱う個人情報が秘匿度の非常に高いものであることを再度意識して、これくらいのことは、常に念頭においておきたい。

 

【岡部 美由紀】

 

<参考資料>

消費者庁 個人情報の保護に関する法律の概要

消費者庁 個人情報保護法

厚生労働省 医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン

この連載

  • 消毒・殺菌・滅菌 [10/05up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • 院外処方箋 [09/21up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • 個人情報の扱い方 [06/04up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター...

  • AEDのしくみ [05/07up]

    毎日の業務の中で触れているけど、『いまさら聞けない』ことってありませんか? 知ってるつもりで実は説明できない基礎知識や、ちょっと気になるけど調べるほどでもないな、なんてこと。 そんな看護師の素朴な疑問を、元看護師ライター... [ 記事を読む ]

  • いまさら聞けない!ナースの常識【全記事まとめ】 [12/16up]

    AEDのしくみ 個人情報の扱い方 院外処方箋 消毒・殺菌・滅菌 痛みの仕組み ユウコウとムコウ 薬と特保とサプリの違い CTの仕組み 医療保険と介護保険 MRIの仕組み ペ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(13)

13匿名2014年07月15日 03時54分

いまどき名前を思い切り外来で呼ぶのってどうなの?

12匿名2014年07月15日 03時52分

個人情報守らなくちゃね

11匿名2014年05月01日 05時39分

うっかり、はいけませんぞ。

10匿名2014年05月01日 05時37分

個人情報もらしたらダメ!!!

9匿名2014年01月10日 21時14分

個人情報は用事すめばすぐにシュレッダーします

8匿名2013年12月16日 08時57分

今の時代、神経質なくらいが良いですね

7とと2013年09月26日 16時50分

個人情報大切です。

6匿名2013年09月08日 12時33分

守らなきゃいけないこと

5のろみ2013年08月04日 21時42分

本当に大切なことなのに、、、

4匿名2013年07月25日 18時00分

番号で呼びやがって、と言ってた県議か市議、個人情報の漏洩について考えてないんだなぁ、政治家のくせに時勢に疎いなぁと、思い出しました

3poko2013年06月27日 23時19分

守秘義務!大事ですね!

2mi2013年05月22日 14時25分

パソコンでネットにつながる現代社会で個人情報を守るのはどんなに気を付けても難しいと思います。

1匿名2013年05月19日 18時15分

大事にします。

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1713
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1292
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1185
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1041
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
903
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
233
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4056

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!