1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 日本人の15%がトイレのあとに手を洗わない! 衝撃の感染予防意識

2016年01月20日

日本人の15%がトイレのあとに手を洗わない! 衝撃の感染予防意識

消費者庁が食中毒予防の目的で行った調査によれば、トイレ後の手洗いについて「小便後のみ手を洗わない」「大便・小便後に手を洗わない」「大便後のみ手を洗わない」があわせて15.4%に上っていました。

 

 

「オムツ替え後に手を洗わない」は7割も

また、「オムツ替えをしたあとに手を洗わない人」は約7割、「嘔吐物の処理をしたあとに手を洗わない人」も約6割を占めることがわかりました。

 

例年、12月~1月にピークを迎えるノロウイルス感染症。

患者の便や嘔吐物には大量のウイルスが排出されるほか、電車のつり革やドアノブ、カーテンなどの生活環境にもウイルスが付着するため、手洗いによる感染防止が重要です。

 

ノロウイルス患者の便には、便1グラム当たり数億個のウイルスが排出されます。

とても感染力が強いため、たった10~100個のウイルスが体内に入っただけでも感染するため、消費者庁ではトイレ後に必ず手を洗うよう呼びかけています。

 

手洗いの“感染予防効果”は意識されていない?

調査結果からは、目に見える汚れを落とすために手は洗っても、ウイルスなどの汚染防止には無頓着な一般の人の意識も浮かび上がりました。

 

手洗いの目的として「汚れを落とす」としていたのは89%と9割に上る一方で、「感染予防」を目的とする人は51%、「汚染防止」は41%に留まっていました。

「土や泥を触ったあと」「生ごみに触ったあと」など、目に見える汚れがある場合は8割以上が「洗う」と回答。

 

反対に「オムツ替えやトイレ介助の前後」に必ず手洗いをするのは33%、「嘔吐物の処理をしたあと」は42%など、手洗いの頻度が低いことがわかりました。

 

最も手を洗わないのは10代、40代男性

また手洗いには30秒以上かけることが推奨されていますが、調査では30秒以上かけて洗っている人はたったの7%。

ほとんどの人が推奨時間の半分である15秒以下しか、手洗いに時間をかけていないこともわかりました。

 

感染予防に有効な手洗いについては、多くの調査が行われています。

日本ユニセフが2012年にまとめた「手洗い白書」によれば、手洗い回数・時間がもっとも少ない“手洗い要注意”層は19歳以下の男子と40代男性。

 

それぞれもっとも時間をかけていない人では石けんなしの水のみで5秒と10秒という結果でした。

 

ユニセフの調査では女性より男性のほうが手洗いに関心が薄いことも明らかになっています。

手洗い回数は、女性では1日「10回以上」が半数を占めていたのに対して、男性は1日「3回以下」が2割を占めていました。

石けんを使う割合も、女性は「使っていない」が16%に対して男性は31%と3割が使っていませんでした。

 

(参考)

手洗いで感染予防!―正しい手洗いでノロウイルス感染を予防しましょう!(PDF)(消費者庁)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2017年09月01日 08時11分

赤ちゃんのオムツ変えた後も手洗いってしない人多い?
赤ちゃんのはキレイと思ってるのかな…

1匿名2016年01月20日 12時59分

気をつけます!

関連記事

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1366
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1694
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1275
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1010
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
858
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者259

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!