1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・じたばたナース>
  4. 抜くか抜かれるか|マンガ・じたばたナース【47】

2015年12月27日

抜くか抜かれるか|マンガ・じたばたナース【47】

ライン抜去をめぐる、患者さんと看護師のバトルは果たして…。

 

じたばたナース47_抜くか抜かれるか

管を抜いてしまう患者さんとの抜くか抜かれまいかの攻防

患者がラインを抜去して、看護師は呆然

ナースがライン抜去の理由を訊ねても患者は無言

患者のドヤ顔「オレは抜いてやったぜ」

 

【著者プロフィール】

水谷緑(みずたに・みどり)

水谷緑

神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やってます!」「あたふた研修医やってます。」「離島で研修医やってきました。」(KADOKAWA/メディアファクトリー) 。好きなものはモチモチした食べ物、雑貨。

HP:http://mizutanimidori.com/

この連載

  • Vol.49 研修医の悪夢 [01/10up]

    研修医と看護師、暗黙のカンケイ。   【著者プロフィール】 水谷緑(みずたに・みどり) 神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やってます!」「あた... [ 記事を読む ]

  • Vol.48 夜勤マラソン [01/03up]

    長い道のりを走りきったその先には…。   【著者プロフィール】 水谷緑(みずたに・みどり) 神奈川県生まれ。著書... [ 記事を読む ]

  • Vol.47 抜くか抜かれるか [12/27up]

    ライン抜去をめぐる、患者さんと看護師のバトルは果たして…。     【著者プロフィール】 水谷緑(みずたに・みどり) 神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳...

  • Vol.46 謎の5分 [12/20up]

    ちっさいおじさんは病院にもいるの?そうなの!?     【著者プロフィール】 水谷緑(みずたに・みどり) 神奈川県生まれ。著書は「まどか26歳、研修医やっ... [ 記事を読む ]

  • Vol.45 亡くなるまでにできること [12/13up]

    誰のためのターミナルケアなのか、誰のための延命なのか。     【著者プロフィール】 水谷緑(みずたに・みどり) 神奈川県... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(7)

7きみこ2016年02月13日 08時33分

わかる!
クレンメ勝手に全開にしてくれる人もいますよね。それで「やっときました」とニコニコされては、こちらは苦笑いでした。

6えみ2015年12月28日 00時53分

続きが気になる

5匿名2015年12月27日 22時28分

超!わかる!!

4匿名2015年12月27日 20時50分

ドヤ顔w

3匿名2015年12月27日 15時00分

報告即拘束

2匿名2015年12月27日 13時34分

確信犯なら強制退院させたい(笑)

1匿名2015年12月27日 11時43分

なんかむかつく笑

関連記事

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
832
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
451
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
407
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2226

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!