1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 職場のいじめで辞職に追い込まれたベテラン看護師の体験:オーストラリアの場合

2016年01月09日

職場のいじめで辞職に追い込まれたベテラン看護師の体験:オーストラリアの場合

看護師の世界は女の世界、陰口やいじめも日常茶飯事? という好ましくないイメージも一部ではある看護業界。

 

オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州のブロークンヒルベース病院では、管理部門からのいじめを原因に2015年1月までの過去約2年間で50名以上の看護師が退職したとの報告があったそうです。

 

 

ベテラン看護師がターゲット

陰湿な管理職からいじめやハラスメントを受けたとの訴えが、ブロークンヒル病院に勤めていた数人のベテラン看護師たちによって、NSW州保健省とブロークンヒル地区を担当する西部保健局(FWLHD)へ繰り返し寄せられました。

 

看護師たちはいじめが原因で病院を辞めざるを得なかったと訴えています。

 

ヘラルド紙の調査によると、この嫌がらせは09年から行われており、少なくとも2人の看護師が不当な解雇を言い渡されました。

 

ブロークンヒル地区担当の労働組合幹部は、1月に行われた地域の看護師たちとの面談の後、同病院での管理部門からの嫌がらせやハラスメントについて多くの不満が寄せられていると記録しています。

 

アン・ジョーンズさんが受けたいじめ

「私にいじめが集中しているように感じ、ぼろぼろでした。患者さんや同僚の目の前で怒鳴られることもあり、完全に侮辱されました」とアン・ジョーンズさんは話します。

 

過去にブロークンヒル病院に勤務していた看護師のアンさんは、管理職からの数年にわたるいじめを受け、この職場にいることはもはや危険と感じたため退職。

24年間慣れ親しんだ町からも引っ越さざるを得なくなりました。

 

アンさんの友人のなかには耐えがたいいじめのせいで自殺したい衝動に駆られた人もいたそうです。

アンさんの同僚の看護師たちはいじめの経験を訴えました。

彼女のコメントは過去に同病院に勤務していた看護師たちからも大きな反響がありました。

 

地区保健局の反応

西部保健局(FWLHDGA)は、こうした看護師からの主張に対応するため独立した窓口を開設。

 

ただ、いじめに関する幅広い申し立てはあったものの、FWLHDGAが看護師たちを十分にサポートできるような有力な情報提供はありませんでした。

 

これは、看護師たちが失職を恐れるあまり詳細を報告することを躊躇したからです。

 

アンさんを含む数人の看護師は10~12年に、NSW保健省に対して「ブロークンヒル病院の管理部門には陰湿で仲間外れにしようとする文化が根を張っている」と投書で訴えました。

 

「この手紙を書くことで、私が(病院で)以前のポジションに戻ることが難しくなるのは承知しています。それでも、一個人として一看護師として、この問題を解決する義務があり、真の変革こそが職員そして患者さんの安全と権利を守ることにつながると信じています」と。

 

FWLHDGAはこの問題についてさらに調査を続ける予定です。

 

一方、NSW保健省は現時点ではコメントや質問を拒否しています。

 

確かに、医療や看護の世界はやや閉鎖的な部分があり、いじめや影口がしばしば見られるのは世界共通なのかもしれません。

しかし、全ての職員に対して、公平であるべき立場の看護管理部門が、高齢だからといった理由で組織的な嫌がらせを行い、辞めさせようとするのは職場のハラスメント行為なのではないでしょうか。

 

経験豊富なベテランの看護師がいなくなっていくことは看護の質が低下し、病院にとっても、不利益になるのでは、と思わずにはいられません。

 

アンさんたちの勇気が実を結び、より公正で、透明な看護管理部門となることを期待します。

そして、日本でこのようなことが起こらないことを祈ります。

 

(文)Rio, S

(参考)

Systemic‘bullying’at Broken Hill Hospital, nurses claim(The Sydney Mornig Herald)

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(8)

8匿名2016年02月06日 20時37分

いじめとかくだらん

7anonymous2016年01月11日 21時58分

今、まさにイジメを受けてる私。管理職がいないと暴言、罵声、無視。いる時はいない時を見計らってやる。患者さん、見てますけど…

6匿名2016年01月10日 21時31分

こんなんだから看護師不足が解消されないんですよ

5さちよ2016年01月10日 11時36分

みなさんに、同じく。看護師なんて最悪です。患者さんからもクレームが、来るほど同僚の悪口言ってる人ばかり。

4匿名2016年01月10日 11時14分

看護師の世界は本当に腐ってると思う。虐めなんか日常茶飯事です。

3匿名2016年01月09日 15時22分

こ、高齢だから?

2匿名2016年01月09日 10時27分

日本でも不当な嫌がらせや陰湿なイジメで退職したり自殺する看護師を見てきました。看護師は人として愚かで傲慢な人が多いです。

1匿名2016年01月09日 10時27分

似たような病院知ってる。

関連記事

いちおし記事

禁断の呪文

夜勤終わり、ついつい唱えてしまう禁断の呪文とは? [ 記事を読む ]

PEGカテーテルの交換

PEGカテーテル交換時には腹腔内誤挿入に注意が必要です。ナースが知っておきたい介助・観察ポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

患者さんが亡くなってしまったとき、心をどんなふうにケアしてる?

投票数:
825
実施期間:
2018年07月24日 2018年08月21日

「モンスター患者」いますか?

投票数:
752
実施期間:
2018年07月31日 2018年08月21日

今年の猛暑、勤務中に困ったことは?

投票数:
1019
実施期間:
2018年08月03日 2018年08月24日

「これで救急車呼んだの?!」な患者さん、経験ある?

投票数:
733
実施期間:
2018年08月02日 2018年08月24日

「これじゃ寝られない…」ヤバい仮眠室おしえて! 

投票数:
775
実施期間:
2018年08月10日 2018年08月31日

あなたの周りの最短退職者の記録教えて!

投票数:
593
実施期間:
2018年08月14日 2018年09月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3392

在胎週数28週の児が出生しました。出生直後より呼吸状態が安定しないため、分娩室でFiO2(吸入酸素濃度)値40%、CPAP(持続的気道陽圧)5~6cmH2Oで管理しています。しかし、酸素飽和度は80%台から上昇を認めず、著明な陥没呼吸が見られ、鼻翼呼吸、多呼吸、チアノーゼ、呻吟も出現しています。体温に留意しながらCPAPを行っていますが、この後に実施すべき処置は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.このままCPAPを続け、動脈血ガス分析を行い、呼吸状態を評価する。
  • 2.適切な酸素飽和度になるよう、FiO2値とCPAPの圧を調節後、マスク&バッグによる用手人工換気へと切り替える。
  • 3.気管挿管後、NICUへ移動し、マイクロバブルテストと胸部X線写真撮影後に呼吸窮迫症候群と診断してから、サーファクタント投与を行う。
  • 4.気管挿管し、直ちにサーファクタント投与を行う。
今日のクイズに挑戦!