1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 明日使える!最新医療ニュースと医療英語>
  4. 薬を飲むタイミングで効果に差?高血圧薬は寝る前に飲むと糖尿病併発リスクが減る

2015年10月15日

薬を飲むタイミングで効果に差?高血圧薬は寝る前に飲むと糖尿病併発リスクが減る

薬を飲むタイミング、気にしてる?―Blood Pressure Medication before Bed Time Could Lower Risk of Diabetes

【INDEX】

 

 

血圧の薬は寝る前に飲む?それとも朝?それが数年後の健康を左右するかも

「血圧の薬を朝に飲むか、それとも、寝る前に飲むか?」

 

糖尿病薬のように「時間薬」としてあまり認識されていない血圧の薬は、医師から1日1回薬を飲みましょうと言われた場合、日本とアメリカでは以下のように処方箋の指示が若干異なります。

 

  • ・日本の処方箋: 1日1回朝食後
  • ・アメリカの処方箋: take 1T by mouth once daily (1日1錠)

 

自身の経験上、アメリカでは“1日1回ならどちらでもよさそう”と朝食後に他の薬と一緒に飲む患者さんが圧倒的に多いように思います。

 

今回、血圧の薬を飲むタイミングが数年後の健康状態に大きな違いをもたらす可能性があるという研究が、今年9月欧州糖尿病学会の医学誌「Diabetologia」で発表されました。

 

血圧治療の理想的な時間帯は睡眠中? 

糖尿病を持たない高血圧症患者2000人以上を対象に、朝に薬を飲むグループと寝る前に薬を飲むグループに分け、6年間追跡調査した研究で、以下の検証結果が発表されました。

 

・脳卒中・心筋梗塞や腎硬化症などの合併症を起こしやすいnon-dipper型高血圧症(夜間の血圧が下がらない高血圧)の発症率が、朝に薬を飲むグループが52%だったのに対し、寝る前に薬を飲むグループは32%に抑えられた。

 

・血圧の薬を寝る前に飲んだグループは朝に薬を飲んだグループに比べて、糖尿病併発のリスクが57%軽減した。

 

研究者たちは、

夜の間に何かが起こっている。高血圧の薬を寝る前に飲むことは、睡眠時の血圧コントロールの改善や新たに糖尿病を併発するリスクを軽減することは明らかであり、血圧治療の理想的な時間帯は夜である」

と結論付けています。

 

血圧の薬のタイミングがなぜ糖尿病併発に影響するのでしょうか?そのメカニズムには、ある「ホルモン」が関与しているようです。

 

糖尿病併発を押さえるカギは「アンジオテンシン」

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬・ACE阻害薬・β遮断薬などの高血圧薬は、血管を収縮させ血圧を上げるホルモン「アンジオテンシン」をターゲットとしています。「アンジオテンシン」は、他にも肝臓から分泌されるグルコースを上昇させ、インスリンの効き具合を下げてしまう作用があります。

 

つまり、アンジオテンシンを阻害し血圧をコントロールすることは、同時に体内の血糖値を安定させることにつながり、寝ている間のコントロールが重要なタイミングであると述べています。

 

ただし、夜間トイレに起きる場合、血圧が下がり過ぎてフラフラするなどの症状が起こることも考えられます。24時間携帯型自動血圧測定(ABPM)などで血圧の日内変動などを把握し、血圧の薬のタイミングは医師と相談して決めることをお勧めします。

 

本日のKey Word: 「onset」(発症)

入院や外来の記録でよく目にする「onset」を紹介します。「onset」は「発症」という意味です。「病気のスイッチをオンにセットする」=「発症」というイメージです。

例えば、突然の腰痛が発症した場合には「sudden onset of back pain」、徐々に発症した場合には「gradual onset of back pain」といいます。

 

今回紹介したニュース原文で、「onset」を含むsentenceを紹介しましょう。

Lowering sleep-time blood pressure could be a novel method for reducing the risk of new-onset diabetes. 

(睡眠時間の血圧を低く保つことは、糖尿病の発症リスクを抑える今までにない新しい方法となるかもしれない)

 

【Sources】

Timing Your Blood Pressure Meds Right Might Prevent Diabetes

Blood pressure medication before bed could lower risk of diabetes


【筆者】佐藤まりこ

2001年旭川医科大学医学部看護科を卒業。2010年California RN Licenseを取得後、LAでRN(Registered Nurse)として活躍中。

この連載

  • 【due to】オーガニックを疑え [11/09up]

    ネットで買える「天然」「オーガニック」を疑え―Teen Girl Develops Hepatitis After Drinking Green Tea Bought Online 「お茶で楽々すっきりダイエット」などダイエッ... [ 記事を読む ]

  • 【urgent】炭酸飲料の本当の怖さ [10/27up]

    アメリカ人は知らない?炭酸飲料の怖さ―Just one can of sugary fizzy drinks a day 'significantly increases the risk heart attack, diabete... [ 記事を読む ]

  • 【onset】薬を飲むタイミングで効果に差が? [10/15up]

    薬を飲むタイミング、気にしてる?―Blood Pressure Medication before Bed Time Could Lower Risk of Diabetes 【INDEX】 ・血圧の薬は寝る...

  • 【age 50 and older】50代以上の富裕層はアルコール乱用しやすい? [08/27up]

    【明日使える!最新医療ニュースと医療英語】 アメリカ3大テレビ・ラジオネットワークNBC、CBS、 ABCで紹介された最新の健康・医療ニュースと解説をお届けします。ニュースの中でKey Wordとなった医療英語にも注目し、使い... [ 記事を読む ]

  • 【be diagnosed with】マンモグラフィーは有益でない? [07/30up]

    【明日使える!最新医療ニュースと医療英語】 アメリカ3大テレビ・ラジオネットワークNBC、CBS、 ABCで紹介された最新の健康・医療ニュースと解説をお届けします。ニュースの中でKey Wordとなった医療英語にも注目し、使い... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

ベテラン看護師の態度にモヤモヤ

「とあるベテラン看護師と険悪ムードでつらい…」というお悩み。あなたならどうする? [ 記事を読む ]

PaO2?pH?BE?血液ガス分析でどんなことがわかるの?

各検査データからわかることをサクッとおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

後で「急変の予兆だったのかも?」と思ったことある?

投票数:
1371
実施期間:
2019年11月26日 2019年12月17日

人生最大級の「お酒の失敗」教えて下さい。

投票数:
1291
実施期間:
2019年11月29日 2019年12月20日

一時期病的にハマっていた食べものや飲みものはある?

投票数:
1192
実施期間:
2019年12月03日 2019年12月24日

医師と結婚できるなら、したい?

投票数:
1208
実施期間:
2019年12月05日 2019年12月26日

好きなイラストレーターはいる?

投票数:
965
実施期間:
2019年12月10日 2019年12月31日

勝手に命名選手権!

投票数:
753
実施期間:
2019年12月13日 2020年01月03日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者561

◆がん看護の問題◆「がん薬物療法における職業性曝露対策ガイドライン 2019年版」において、抗がん剤の曝露対策として誤っているものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.抗がん剤の投与時には、揮発した抗がん剤を吸入したり、手指に付着した抗がん剤を経口摂取したりしてしまうなどで医療者が曝露しないようにする。
  • 2.抗がん剤の投与時には、二重手袋、ガウン、フェイスシールド、マスク、吸入器防護具(N95マスクなど)の使用が望ましい。
  • 3.抗がん剤投与終了後24時間は曝露のリスクがあるとされているため、患者さんの体液や排泄物は注意して扱う。
  • 4.経口抗がん剤を在宅で内服する患者さんには、できる限り患者さん以外が薬剤に触れないよう指導する。
今日のクイズに挑戦!