1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 軽症者から時間外料金を徴収―救急センターの患者抑制に効果はあるのか

2015年09月09日

軽症者から時間外料金を徴収―救急センターの患者抑制に効果はあるのか

9月9日は救急の日です。

 

石巻赤十字病院(宮城県)が、休日夜間に救命救急センターを受診する軽症者から、時間外料金(2700円)を徴収すると発表したことが話題になっています。こうした時間外料金を導入する病院は、まだ全体からすると1割以下ですが、軽症患者の受診を抑制するには効果を上げています。

 

<石巻赤十字病院>軽症患者に時間外料金(河北新報)

 

石巻日赤では東日本大震災後、救命救急センターの受診者数が増加し、2014年度は2万8000人。09年度の実に1.4倍だそうです。一方で、受診者のうち入院が必要な重症者は5分の1程度で、軽症者の受診増によって、本当に救急医療が必要な人が受けられなくなることが危惧されています。

 

こうした背景を受けて、10月から軽症患者に対して時間外料金を請求することを決めました。重症患者や紹介状を持っている患者は対象外です。また市の夜間急患センターの小児科が閉鎖するため、中学生以下の児童も対象外です。

 

時間外料金の設定、3次救急では13.6%

そもそも入院治療を要しない軽症患者に対する時間外料金の徴収は、「時間外選定療養費」として診療報酬とは別途、請求することが厚生労働省によって認められています。2006年の告示によって正式に認められ、各病院があらかじめ届けることによって、徴収条件や金額を自由に定めることができます。

 

宮城県ではこうした追加料金の徴収は初めてとのことですが、全国で見ると少しずつ増えてきています。

 

厚労省の調べによれば、 軽症者を対象に「時間外選定療養費」を導入しているのは、全体では7.8%。3次救急病院で多くなっていて13.6%、2次救急では6・2%にとどまっています(2012年調査 救急医療機関597施設が回答)。

 

(出展)厚生労働省 平成 24 年度診療報酬改定結果検証に係る特別調査

 

「5000円~10000円未満」が最多

徴収する時間外料金の内訳は、「5000円~10000円未満」(27.5%)がもっとも多く、次に多いのが「1000円未満」「3000円~4000円未満」(17.5%)、「2000円~3000円未満」(12.5%)となっています。なかには「10000円以上」という回答もありました。全体の平均額は、3676.6円です。

 

増え続ける救急受診に何とか歯止めをかけようと、時間外料金の導入を決めた石巻日赤。こうした料金を導入しているのは全体から見ればまだまだ少数派ですが、告示が出された06年前以降、徐々に増えつつあります。

 

患者抑制に明らかな効果

時間外料金を導入した多くの病院では、休日・夜間帯における救急患者数の増加を抑えることに成功しています。また、この制度が浸透していくことによって、次第に徴収割合が減っていった、つまり軽症患者の受診が減っていったという事例も多く見られています。

 

一方で、時間外料金を設定することで、それまで徴収することができた深夜時間帯の診療報酬上の加算が算定できないため、病院経営上はむしろマイナスとなることも少ないないそうです。

それでも導入に踏み切らざるを得なかったのは、救急医療の現場がそこまで限界にきているということかもしれません。

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2015年09月09日 17時16分

クリニックの午前と午後の間に検査を予約されられ行ったのに時間外料金取られ今だに納得していません・・・・何も言えませんが・・・・。

1匿名2015年09月09日 08時57分

救急で頑張っている病院に、配慮した制度があっていいと思うのですが、経営上マイナスになるならば慎重にならざるを得ないですね。

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1241
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1228
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1118
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1054
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
962
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
425
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者831

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!