1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 資格をとって活躍する看護師インタビュー>
  4. 音楽療法士・佐藤由美子さんインタビュー

2015年09月07日

音楽療法士・佐藤由美子さんインタビュー

「音楽療法士」という職業をご存知でしょうか。

日本でもさまざまな場所で「音楽療法」という言葉を聞くことはありますが、実際に利用している人や、どんなことを行うか理解している人はまだ少ないようです。


音楽療法をアメリカで学び、10年以上ホスピスで音楽療法士として活躍してきた佐藤由美子さんにお話を伺いました。

 

 

音楽療法士とは

音楽療法は臨床的、かつエビデンスに基づいた音楽の使用法で、音楽を利用して対象者個人の心身の健康向上・回復を図ります。


アメリカにはMT-BCという音楽療法士の認定資格があり、取得するには米国音楽療法学会の承認を受けた大学でカリキュラムを修了する必要があります。カリキュラムには音楽理論や音楽史、ピアノやギターといった実技に加え、心理学や解剖学などの履修も必要です。そのうえ、大学外で6カ月間のインターンシップにも参加しなくてはなりません。

 

音楽療法は人生のすべての過程で利用できるもの。健康であっても受けられます。そのため、取り入れられている場所も、病院、学校、高齢者施設、刑務所など実に広範囲です。

 

「クライアントのことをよく知らないと音楽療法はできないので、音楽療法士は専門分野を持っていることが多いです。私の場合はメディカルで、ホスピス緩和ケアですね」

 

佐藤さんは25歳のときにMT-BCを取得し、ホスピス緩和ケア専門の音楽療法士として働き始めました。音楽療法では歌を歌うほかに、ピアノやギター、アイリッシュハープ、ウクレレ、ネイティブアメリカンフルートなどを利用しているそうです。

 

「大工さんと一緒なんです。使える道具が多いほうができることが多くなる。米国認定音楽療法士になるためにはピアノとギターと歌ができることが条件ですが、音楽療法士や専門によって利用する楽器はさまざまです」

 

音楽療法の流れと意味

患者の状態を評価し、何が必要なのかを見極める。プランを立て、行う。音楽療法にも流れはありますが、内容はクライアントの痛みやストレス、家族関係、音楽の好みや反応などによって変化します。そのため「具体的なマニュアルは作れない」と佐藤さん。


佐藤さんは、現在は日本で講演活動も行っていますが、その講演を聴いて、書籍を読んで、連絡をくれるのは医師が多いそうです。

 

「医療には限界があると知っているからこそ、いろいろと模索しているんでしょうね。体の痛みを薬で緩和しても限度があります。精神的なストレスや不安が体に影響があることは知られていますし、薬と音楽療法を組み合わせて、ホリスティックにアプローチできることに興味を持ってくれるようです」

 

適切なケアのためには自分と向き合うことが大切

ホスピスというと、ターミナルケアを行う有床施設を思い浮かべがちですが、本来のホスピスとはターミナルケアそのものを指し、在宅や通所の場合も含みます。

 

日本ではがんとエイズの患者に限定されていますが、アメリカでは余命6カ月と診断された人ならどんな病気の人でもホスピスケアを受けられ、亡くなる人全体の約45%がホスピスケアを受けるそうです。アメリカ全土に5300ほどの施設があり、患者だけでなく、患者の死後は遺族のケアも行います。

 

“亡くなる人”を相手とする仕事は精神的に影響を受けることも多いはず。佐藤さんはどのようにホスピスで音楽療法士という仕事に取り組んでこられたのでしょうか。

 

 

「患者さんが亡くなるのはやはり辛く『もう仕事に行けないかも』と思ったこともあります。基本的に、当たり前のことに気をつけていました。運動・食事・睡眠というような。毎日日記をつけていて、思い出すこと、書くことが自分自身や患者さんの気持ちに気付くきっかけになっていたのかもしれません。適切なケアをするために、冷静に客観的に自分に起きていることに向き合うことが大切なんです」

 

アメリカでもホスピスで10年以上働くというのはめずらしいことです。医療者に限らず、ソーシャルワーカーや聖職者など、ホスピスに勤務する人は3年前後で燃え尽きてしまうことが多いとか。
続けてこられたのは「環境がよかったから」と佐藤さんは語ります。スタッフがお互いを支え合い、入所した患者が気分良く過ごせるよう心を配っていました。

 

「スタッフが元気でないと、患者さんのケアはできませんよね。だから、患者さんと直接関わるスタッフのケアはすごく重要です。ホスピスはもちろん病院は日常とは違う場所で、その“非日常”を家に持ち帰ってしまうといろいろと問題が起こるんですよね」

 

ホスピスのスタッフは「大変なんだろうな」という想像はされても、同じ経験をしている人にしか理解してもらえない。佐藤さんは患者だけでなく、スタッフに対して音楽療法を行うこともあったそう。スタッフが支え合う環境や、セルフケアの方法を見つけておくことが重要なのだと佐藤さんは言います。

 

「生」を考えるための音楽療法「回想法」

ホスピスでは、痛みの緩和や不安・ストレスの軽減などのほかに「回想法」として音楽療法を利用することがあります。患者の思い出の曲、昔流行した歌などを聴いてそれにまつわる出来事を思い出し、内省することで精神が安定したり自己肯定感が増したりする方法です。


死を目前にした患者が自分の人生を理解するために、これまでの人生を振り返るのは自然で必要なことです。そして、患者が自分の人生の意味を理解することで死への恐怖が軽減できるとも言われています。


ホスピスは死ぬための場所ではなく、これまでの人生を振り返り、残された時間をどう使うかを考える場所。「生きる」ということを強く意識する場所。患者にとってだけでなく、ホスピスは佐藤さんにとっても「生」を考えさせられる場所でした。

 

 

死を意識することで生を考える

そのきっかけは、一人の患者さんだったといいます。
佐藤さんが26歳のとき、同い年の男性がホスピスに入所しました。若いせいもあってか病気の進行は早く、骨肉腫と診断されたのはつい1カ月なのに、もう知人が見てもわからないくらいに病み衰えていました。

 

「すごくいい人だったんです。赤ちゃんが生まれたばかりで、本当なら明るい未来が開けていたはずで。けれど、いい人だから死なないわけじゃない。すごく不公平に感じるけど、これが人生なんだな、と思ったんです。彼に起こるなら、私に起こらないはずがない」

 

若い佐藤さんにとって、「死」はいずれ訪れるものだとしても、それは遠い未来の話。身近であることを改めて感じたのは、彼の死によってでした。30年後かもしれない、1カ月後かもしれない、もしかしたら明日なのかもしれない。

 

「常に死を意識させられるから、そういうことがダメな人はホスピスで働くのは辛いかもしれません。ただ、死を意識したことで私は『これからどうやって生きるか、どう時間を使うか』ということに焦点を当てられるようになったんです。だから、とてもショックでしたけど、彼との出会いに感謝しています」

 

医療には限界があるからこそ音楽療法

日本に帰国してからの佐藤さんは、執筆活動や講演活動などを精力的にこなしています。

 

「音楽療法の有用性をもっと知ってもらいたいんです。必ずしも効果が目に見えるものではないので説明は難しいですけどね。みんなで歌うことや音楽を聴くレクリエーションが音楽療法ではないし、この症状のときにこの曲、というような決まりもないので」

 

音楽療法が日本でも受け入れられるようになってほしいと思う反面、佐藤さんは「音楽療法を受けない自由もある」と言います。実際に、佐藤さんが患者に会って最初に聞くことは「音楽療法を受けたいかどうか」です。

 

患者さんに受けたいかどうかを聞く意味

「嫌だと主張することはエネルギーがいるので、病気で弱い立場になっている人は特に難しいですよね。音楽療法を受けたいか受けたくないか、聴きたいか歌いたいか、全部自由です。治療方法もそうですけど、たくさん情報があって選べる環境が重要なんです。病気で死ぬということはコントロールを失うということ。だから、音楽療法によってその人にコントロールができる環境を作ることが大切です」

 


 人が回復したり癒されたり、成長したりといったことは、自分の力でしかできない。その力を引き出したり、そのための環境を整えたりするのが医療であり音楽療法である。佐藤さんはそう考えています。

 

佐藤さんは、今後も音楽療法や音楽療法士の認知を広める活動を行う予定です。
医療では届かない場所があるから、カバーする方法があることを知ってほしい。そして、それはただの偶然や気休めではなく、きちんと考えられたセラピーであることを知ってほしい。
佐藤さんの活動はこれからも続きます。


【佐藤由美子】
米国認定音楽療法士。ホスピス緩和ケアを専門としている。米国ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州のホスピスで10年間勤務し、2013年に帰国。著書に『ラストソング 人生の最期に聞く聴く音楽』(ポプラ社)がある。

この連載

  • 日本でわずか31人―チャイルド・ライフ・スペシャリストにインタビュー [01/08up]

    「チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Child Life Specialist ; CLS)」という仕事をご存知でしょうか。 病院生活における子どもの精神的負担をできるだけ軽減し、子どもが「子どもらしく」過ごせるように支える... [ 記事を読む ]

  • 音楽療法士・佐藤由美子さんインタビュー [09/07up]

    「音楽療法士」という職業をご存知でしょうか。 日本でもさまざまな場所で「音楽療法」という言葉を聞くことはありますが、実際に利用している人や、どんなことを行うか理解している人はまだ少ないようです。 音楽療法をアメリカで...

  • BLSヘルスケアプロバイダー [06/03up]

    BLSヘルスケアプロバイダーコースは、アメリカ心臓協会が開発した一次救命処置訓練プログラムです。医療従事者のほか、教育事業者やスポーツインストラクターなど幅広い職種の人が受講し、認定を受けています。   初富保健病院(千... [ 記事を読む ]

  • 日本アロマセラピー学会認定看護師【後編】 [03/23up]

    東京都葛飾区の「朱クリニック」で、日本アロマセラピー学会認定看護師として勤務する小山めぐみさん。小山さんはイギリスでメディカルアロマセラピーを学び、クリニックでアロマセラピストを勤めるかたわら、学会の理事やアロマセラピースクール副校... [ 記事を読む ]

  • 日本アロマセラピー学会認定看護師【前編】 [03/23up]

    アロマセラピーは、心身の病気の治療や軽減に補助的な効果をもたらし、またストレス予防や日常の健康管理に役立つことが医学的に証明されています。しかし、日本で普及しているのは、どちらかというと「リラクセーション」としてのアロマセラピーで、... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2015年10月08日 08時40分

もっと活躍してほしい。たくさん配属してほしいです。

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者278

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!