1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 再建手術以外の選択肢になるか?乳がん切除後のケア「3Dタトゥー」とは

2015年08月15日

再建手術以外の選択肢になるか?乳がん切除後のケア「3Dタトゥー」とは

乳がんによって乳房を失うという経験は、切除手術を受けるというだけでなく、女性としての象徴を失うという意味も持ちます。多くの患者さんは自分の身体を鏡で見ることが嫌になるそうです。

そんな患者さんのために、アメリカのカンザス州で働く看護師が習得した、ある技術があります。それはどのようなものなのでしょうか。

 

 

手術後も残るがんの記憶を減らしてあげたい

看護師のロベリさんが身につけた技術は、3Dの乳首を描くというタトゥー技術。

 

あるとき彼女は、カンザスから1000キロほど離れたニューオリンズで乳首に3Dタトゥーの施術を受けた乳がん患者さんを見て、とても感動したそうです。

 

「こんなタトゥーの技術は今まで見たことがありませんでした。本当にリアルで、私の働く地域でもこのような技術が必要だと直感しました」

 

そう考えたロベリさんは、3Dタトゥーの技術を習得し、乳首を温存できなかった患者さんに対して、医療クリニックで3Dの乳首を描くサービスの提供をはじめました。

 

患者さんが語る自分の身体を見るたびに感じるつらさ

「シャワーや着替えのたびに、自分の身体を鏡で見て、あぁ、自分はもう完全な身体ではないんだな……と思うのです」

 

という、乳がんの手術によって乳房と乳首を切除したコッブさん。

 

乳房切除で腫瘍が取り除かれた患者さんの多くは、日常生活を送っていても、乳房全体がなくなってしまった自分の身体を見るたびに、自分にはがんがあったということを思い起こすといいます。

 

そんなつらい記憶がよみがえる回数を減らし、乳がん患者さんたちの気持ちを修復したい、そんな思いを抱いたことがロベリさんのこの技術を習得するきっかけになりました。

 

術後ケアのひとつとして保険適用を

ロベリさんはこの技術についてこう語ります。

 

「通常の乳房再建手術に比べて、侵襲が少なく、お金もそれほどかかりません。現時点では、保険でカバーされませんが、将来的に保険も利用できるようになってほしいです。手術後のケアとして再建手術が保険適応となるなら、タトゥーという選択肢も保険適応となるべきだと思っています」

 

アメリカでは国民健康保険がないため、術後のケアにかかる費用は、患者さんにとって重要なポイントです。保険会社の保険でカバーできるようになれば、多くのメリットがもたらされるのではないでしょうか。

 

今後の日本では?

日本ではタトゥーに抵抗を感じる人もいるでしょう。しかし、乳房、乳首を失った患者さんにとっては、乳房再建を行わなくとも、乳房が戻ったような効果が得られることから、心の傷を少しでも癒してくれるひとつの方法となるのかもしれません。

 

 

(文)Ryo,S.

 

(参考)

Tattoos offer new hope for breast cancer survivors

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(1)

1匿名2015年08月15日 16時51分

画像見たい

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1255
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1205
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1051
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1031
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
916
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
774
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4633

慢性心不全の70歳男性のAさん。外来受診時に、「今度、家族と旅行に行く予定があるが、自宅でトイレに行くときにちょっと息切れが出るので少し不安がある」という訴えがありました。AさんをNYHA分類に当てはめた場合、適切なアドバイスはどれでしょうか?

  • 1.心臓リハビリテーションは中止するよう伝える。
  • 2.入浴はしないほうがよいと伝える。
  • 3.旅行は、長時間かかる電車よりも、移動が短時間で済む飛行機を勧める。
  • 4.毎日体重測定を行うように指導していく。
今日のクイズに挑戦!