1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 医療機器の進歩で看護師の仕事が増えた?驚きの調査結果とは

2015年05月30日

医療機器の進歩で看護師の仕事が増えた?驚きの調査結果とは

点滅するボタンを押し、大量に並んだスイッチを素早く上げ下げ。複雑な医療機器のパネル操作には、どこか飛行機の操縦席を連想させるものがあります。

 

「新しい医療機器のおかげで、看護師さんの仕事も楽になったでしょう」

 

もしもだれかからそんなふうにいわれたら、あなたはどう答えますか?

アメリカで行われた調査によると、今では多くの看護師が医療機器の操作や調整などにかなりの時間を費やさなくてはならず、逆に忙しくなってしまったようです。

 

医療機器の進歩で看護師の仕事が増えた?驚きの調査結果とは

 

医療機器たちの「通訳」も看護師の役目

年々医療機器が進歩し、より細かく正確に患者さんをケアできるようになってきています。

とはいえ、輸液ポンプが勝手に動いてくれるわけではありません。ポンプに患者さんのカルテの内容を伝えて、必要な処置を行わせるのはだれでしょうか。

もちろん、看護師です。

 

コンピューター制御されている装置にも油断は禁物。ほとんどの医療機器が単独で動いており、どこかで何か問題が起こっても、ほかの機器も含めて自動調整されたりはしないからです。

人工呼吸器や輸液ポンプ、心電図モニターなどが機械同士でお互いに状況を伝え合って、患者さんの容体に合わせた調整を行ってくれればいうことはありませんが、それが実現するのはまだまだ先の話。

したがって、コミュニケーションを図れない医療機器同士の間に入る「通訳」も、現在の看護師が行う大切な仕事となっています。

 

看護師が1シフトで医療機器に費やしている時間は?

患者さんのベッドのそばで毎度複雑な機械と闘うのは大仕事です。

そこで、ゲイリー・メアリー・ウェスト健康研究所が、世論調査の専門機関ハリス・インタラクティブに現状の調査を依頼しました。2015年1月に行われたそのアンケートに協力した看護師は、500名以上にのぼります。

 

その結果、3分の2以上の看護師が少なくとも1シフトで1時間以上を医療機器に費やしていると回答。

操作や調整に加え、自動で電子カルテに入らないデータの記録、動作エラーの解決など、大半の看護師がかなりの時間を割いていることがわかりました。

 

また、アンケートに答えた看護師の約半数が、機器間の連携不備による不具合を経験しているとのこと。どうやら、医療機器を導入することによって仕事が楽になったとはいえないシーンも多々あるようです。

 

医療機器同士の連携が実現すれば現場の負担が減る?

医療機器同士の連携力が欠けていることは、アメリカでも全国的に問題となっています。

第一線で働く看護師にとっては特に大きな負担です。

 

ゲイリー・メアリー・ウェスト健康研究所の最高経営責任者であるニコラス・ヴァレリアーニ氏は、この問題を解決するために、まず医療機器メーカーが通信規格に合意する必要があると指摘しています。

通信方法を統一すれば、異なるメーカーが作った装置の間でもデータをやり取りできるようになるからです。

 

また、電子カルテを読み取るシステムを医療機器に組み込むことも重要だといいます。一人ひとりの患者さんのデータを随時更新し、治療に携わるすべての機器に共有させるためです。

 

そんななか、ロサンゼルスにあるシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターのように、医療機器メーカーと協同開発を行っている病院もあります。この取り組みにより、同病院では電子カルテを輸液ポンプとつなげることができました。

医師による投薬指示も直接ポンプにデータ送信され、看護師はそれを確認して開始ボタンを押すという仕組みです。これまでより一歩進んだシステムが完成したといえるでしょう。

ところが、医療機器の統合を指揮するエンジニアのジェニファー・ジャクソンさんによると、この機器の連携をスタートさせるには、特別なプログラミングコードを書く必要があるとのこと。

 

医療システム発展への夢と期待は尽きないもの。そして、今日も世界のどこかでその開発に力を注いでいる人たちがいます。彼らを応援する気持ちでいっぱいですが、現場では今しばらく看護師やほかのスタッフの力が頼りにされそうです。

 

(文)T.Seador

(参考)Nurses Have To Translate When Medical Devices Fail To Communicate|npr

 

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(4)

4匿名2015年09月24日 19時30分

そう、機械は苦手。

3匿名2015年05月31日 20時42分

確かに、大変

2匿名2015年05月30日 23時11分

機会に使われている気がしますから・・・・

1匿名2015年05月30日 12時35分

機械苦手

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者277

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!