1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 人間の心臓を持たずに外に出たバスケットボーイ―人工心臓の進化

2015年04月11日

人間の心臓を持たずに外に出たバスケットボーイ―人工心臓の進化

人工心臓をつけた場合、入院を余儀なくされることが多いでしょう。しかし、そんな常識に希望をもたらしたのが、今回ご紹介する、あるアメリカ人の男性です。

 

その男性とは、ミシガン州のイプシランティという町に住む24歳のスタン・ラーキンさん。ミシガン州で初めて人工心臓をつけたまま自分の足で病院の外へ出た患者さんです。

 

スタンさんの胸には全置換型人工心臓のチューブが2本ついています。そのチューブは肋骨の下から体の外に出ていて、背中に背負うことのできる13ポンド(約5.9kg)の駆動装置に接続されています。この装置が出すリズムよく、絶え間のない、計算された正確な鼓動は、彼が今まさにその音で生きているという証です。

 

突然心臓に異変―ARVD(不整脈源性右室異形成症)

スタンさんは、「たしか僕は、これをつけてから3日くらいはその音を聞きたくなくて、耳を背けていたんじゃないかな」と静かに笑いながら言います。当時16歳だった彼はバスケットボールのプレイ中に意識を失い、医師から、心拍に異常が起こる不整脈源性右室異形成症(ARVD)という病気を患っていると告げられました。

 

ミシガン大学の心臓外科医、ジョナサン・ハフトさんによると、ARVDは他の多くの心不全と異なり、左右両方の心房・心室に影響が現れるため、他の一般的な心臓サポート装置ではスタンさんの生命を維持するのは難しいとのこと。

 

この病気は、若い成人に起こる突然死の原因のひとつに数えられています。弟のドミニクさんも同じ疾患を持っているそうです。

 

心臓の機能低下、人工心臓の埋め込み

万が一、心臓が止まりそうなときに必要な電気刺激を得るために、スタンさんは何年間も植え込み型除細動器をつけていました。しかし、時には1日に26回もこの除細動器が作動するような状態になり、徐々にスタンさんの心臓は弱り、車まで歩くのがやっとという状態になってしまったのです。

 

昨年10月にはミシガン大学の医師から「きみの心臓は15%しか機能していない」と告げられ、スタンさんは移植を待つことになりました。しかし、心臓の状態はすでに悪化しており、医師からはあまり選択肢が残っていないと言われたそうです。そして11月、人工心臓が埋め込まれることになったのです。

 

このときは、重さ418ポンド(約190kg)の「ビッグブルー」と呼ばれる駆動装置がこの人工心臓につながれていました。スタンさんはこれを、「ドレッサーくらいの大きさ」と表現。医師はこの巨大な駆動装置についてこう語ります。

 

「今まで7人以上の患者が、移植を待つまでの間、このビッグブルーをつけて過ごした。だが、それは大きな機械を取り付け、彼らの動きを制限するということを意味しているんだ」。

 

しかし、技術は進歩しています。6月にはアメリカ政府が、「フリーダムドライバー」という新たな駆動装置を承認しました。これは、ビッグブルーと同じ機能を持ちながら、バックパックに入るほど小型化されたもので、スタンさんはこの装置を使用することになったのです。

 

「これってかっこいい」持ち運べる人工心臓で外出可能に

12月23日、スタンさんは3人の幼い子供を含む家族でクリスマスを過ごすために、帰宅しました。ショッピングモールへ出かけ教会へ行き、その後、同じように人工心臓を持つ弟のドミニクさんのもとを訪ねました。ドミニクさんも、上手くいけばやがて兄のように「持ち運べる心臓」をつけて帰宅することができるでしょう。

 

スタンさんは、自分の持つ大きな音を立てる機械に興味を抱いた人に対して、喜んでこの装置のことを説明しています。彼は、「だって、これってかっこいいじゃん」と言います。この駆動装置は、道行く人の興味を引きつけるようです。

 

人工心臓は一般の人が目にする機会が少ないもの。きっと彼の勇気ある一歩が多くの人の気持ちを動かし、理解につながるのかもしれません。そして、スタンさんたちが早く心臓移植できる日が来ることを願います。

 

(文)Rio, S.

(参考)Man walks from hospital without human heart

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(7)

7匿名2015年04月15日 13時30分

重いけれど外出できる自由には変えられないですね

6匿名2015年04月12日 19時37分

すごい・・・・

5匿名2015年04月12日 14時53分

大変だね

4匿名2015年04月12日 10時43分

いつかウエストポーチに入るくらいになるといいね!

3匿名2015年04月11日 12時30分

もっと小さくなる日が来るといいですね。

2匿名2015年04月11日 09時42分

重いですね。はやく軽量化になるといいですね。

1匿名2015年04月11日 08時26分

5,9キロかあ。医学が進歩したらもっと軽くなってくのかなあ

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1294
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1131
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1102
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1032
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
930
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3064
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3410

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!