1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. がん患者に特化した転倒アセスメントツールを看護師が開発

2015年04月04日

がん患者に特化した転倒アセスメントツールを看護師が開発

患者の転倒、転落はどうにかして防ぎたいもの。そんな思いは万国共通のようです。

アメリカ・クリーブランドの看護師、ルアーン・カポネさんは約10年にわたってがん患者の転倒を研究し、転倒患者を減らすためのアセスメントツールを開発しました。

 

カポネさんは言います。

「入院患者の転倒防止は看護の質を表す重要な指標。現在のリスクアセスメントツールは、がん患者のために特別に作られたものではありません。私たちはがん治療とその他の治療との違いに着目して、研究を始めました」

 

がん患者に特化した転倒アセスメントツールを看護師が開発|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

がん患者の転倒リスクとその対策の研究

カポネさんの研究は、オハイオ州・クリーブランドにあるケース・ウェスタン・リザーブ大学のナース・プラクティショナー(上級の看護職)プログラムに在籍していたときから始まりました。彼女は当時の様子について、こう語ります。

 

「私はその当時、クリーブランド・クリニックのメインキャンパスで看護の質に関する責任者を務めており、転倒と転倒防止のデータばかり読んでいました。このとき、がん患者の転倒事例が以前より多くなっていることに気付いたのです。また、転倒したときに怪我することが増えてきているようでした」

 

そしてカポネさんは、研究と開発部門の準主任、ナンシー・アルバート博士とともにがん患者の転倒についての研究を始めたのです。

 

「Journal of Nursing Care Quality」に掲載された1回目の研究では、がんに罹患していて転倒した158人の患者と、その他の内科系・外科系の病気で入院し、転倒した患者を比較。

2回目の研究では、がん入院患者が転倒事故を起こす原因となり得るもの(抗うつ剤の服用、がんの転移など)を指標として定め、転倒事故予測のための評価システムを開発しました。

 

その研究結果は「Oncology Nursing Forum」で発表され、カポネさんは、この研究から得たデータを基に「クリーブランド・クリニック・カポネ・アルバート(CC-CA)転倒リスクアセスメントツール」を作り上げたのです。

 

 

6つの指標で転倒リスクを予測する

最初に開発されたツールでは、入院しているがん患者の転倒の指標として、

 

  • ・痛みのレベル
  • ・歩行の異常
  • ・がんの種類
  • ・がんの転移
  • ・抗うつ剤の使用
  • ・抗精神病薬の使用
  • ・血液製剤の使用

 

の7つが特定されていました。

しかし、2013年の検証で痛みのレベルはそれほど大きく転倒に関係していないことがわかったため、指標から外され、全部で6つの指標が設定されました。

 

 

こうしてできあがったCC-CA転倒リスクアセスメントツールでは、あらかじめ用意された一連の質問に対する答えを基にこの6つの指標に点数をあてています。

 

例えば、がんの転移がある場合は69点。全ての指標の点数を合計した総合点は400点となり、これが最高点です。総合点が高ければ高いほど転倒のリスクが高いということになります。

 

例えば、総合点が400点の場合の転倒リスクは93.8%で、284点の場合のリスクは50%になります。このクリーブランド・クリニック・カポネ・アルバート(CC-CA)転倒リスクアセスメントツールは今までのアセスメントツールと比べ、がん患者や緩和ケアを受けている患者に特化しており、採用を希望している団体も出てきています。

 

 

日本でも、多くの患者さんががんの治療のために入院しています。治療のために入院しているにも関わらず、入院期間中に転倒し、さらなる治療を余儀なくされることは避けたいと思うのは当然ことだと思います

転倒アセスメントツールは多くの病院で使用されていると思いますが、がん患者の特徴を把握し、転倒する可能性がある、といつも心のなかに留めておくことで、危険予測がさらに充実したものになるのではないでしょうか。

 

(文)Rio, S. 

 

(参考)

Nurse creates tool to track fall risks in cancer patient.

Journal of Nursing Care Quality

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(5)

5匿名2015年04月22日 22時19分

日本ではまだ使えないのかな?

4匿名2015年04月06日 06時11分

すごい

3匿名2015年04月05日 18時27分

10年研究かー。
すごいね。

2匿名2015年04月04日 21時15分

ほー

1匿名2015年04月04日 17時19分

すごいな。

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1803
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1349
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1242
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1110
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1011
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
669
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3696

簡易血糖測定の方法について、正しい方法は、次のうちどれでしょう。

  • 1.簡易血糖測定には、主に静脈からの採血を用いて測定する。
  • 2.使用する血液の量は、直径2mmの半球程度の量でよい。
  • 3.医療従事者が患者さんの耳朶から血液を採取する際は、穿刺部位の安定を図るため、耳朶の裏に指を当てて、しっかり固定した上で穿刺する。
  • 4.血液が十分に採取できない場合は、穿刺部位を絞り出して採取する必要がある。
今日のクイズに挑戦!