1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 資格をとって活躍する看護師インタビュー>
  4. より近くで妊婦を支える1つの形|マタニティビクス認定インストラクター

2015年03月19日

より近くで妊婦を支える1つの形|マタニティビクス認定インストラクター

マタニティビクスは妊娠中でも安心して楽しめる妊婦さんのためのトータルフィットネスだそうです。軽快なリズムに合わせたエクササイズは、大きなおなかでもできるようなプログラム。始める前にはメディカルチェックを行い、インストラクターが安全確認をしながら進めるため安心して取り組むことができます。

 

そのマタニティビクスを院内で取り入れ、通院の妊婦さんに勧めているのが、山形県立中央病院産婦人科。ここで、看護師・助産師として働く小野寺宏美さんに、お話を伺いました。

 

マタニティビクス認定インストラクター・小野寺宏美さんインタビュー

 

マタニティビクス認定インストラクター・小野寺宏美さん

 

安全な出産をサポートするため

「妊婦さんは、どうしても運動不足になりがちですが、体重管理や出産をスムーズにするためにも運動はやっておいたほうがいいと思います」と、小野寺さん。運動不足で筋肉が落ちることが、難産の原因の一つといわれていて、そのことからも、いかに運動が重要かということがうかがえます。

 

「妊婦さんの抱える悩みで多いのが浮腫です。軽い運動をすれば血液の流れもよくなって、浮腫の解消にもつながるんですよ」

 

現在、山形県立中央病院では、病棟とMFICUを含め37名の看護師がいて、マタニティビクスのインストラクターの資格を持つのは小野寺さんを含めて6名だそうです。


そもそも、命を看取ることも多い看護師という職業。そんな中で、新しい命の誕生に立ち会う機会を得たいとの思いから、小野寺さんは助産師の資格を取得し、産婦人科への配属を希望しました。

 

ナースと患者さんの距離が近いのが印象的だった

「大学時代にこの病院の産婦人科で実習を受けました。その時に、マタニティビクス卒業生の会に参加させていただいたのですが、とても雰囲気が良くて楽しかったんです。ナースと患者さんがまるでお友達のように親しく話しているのが印象的でした。それで、私もいつかインストラクターの資格を取って、妊婦さんをサポートできたらいいな、と思うようになりました」

 

その後、大学を卒業し、実習先であった山形県立中央病院の産婦人科に入職した小野寺さん。しばし、助産師・看護師として日常の業務に忙殺される中、資格を取得したのは、平成26年のことでした。

 

「実は、もうちょっと経験を積んでから…と思っていたんです。でも、資格を持っている先輩方が院内で異動になったり、退職したりしてしまって。早く取ったほうがいいのかなぁ…と、空気を読みました(笑)」

 

同僚と協力して助産師業務とインストラクターの業務を兼任

同僚と協力して助産師業務とインストラクターの業務を兼任

 

産前産後の体調管理に欠かせない運動

認定インストラクターになるには、日本マタニティフィットネス協会の定める12.5時間の講義講習を受け、さらに27時間のマタニティビクス実技講習会を受講。その後に筆記と実技の認定試験に合格する必要があります。

 

看護師資格がなくとも取得することはできますが、マタニティビクスを行うには妊婦の体調管理も不可欠なため、ステップアップのための資格として目指す産婦人科の看護師・助産師が多いそう。今では全国に約2000名の認定インストラクターがいて、その半数以上が医療系の資格保持者だそうです。

 

小野寺さんにマタニティビクスではどのような動きをするのか伺うと「飛んだり跳ねたりがないだけで、その動きはエアロビクスそのものです。スポーツジムなどで、エアロビクスをしたことがある方ならわかると思いますが、ボックス、グレイプヴァインなどのステップで踊ってもらうんです。お産が近くなると走ったりもしてもらいますよ」と笑顔で語ります。

 

エアロビクスをベースにつくられているマタニティビクスは、お産に向けての体力アップや妊娠中の体重コントロールだけでなく、腰痛や肩こり、便秘、足のつりといった妊娠中の不快な症状の軽減、そしてお産を想定した動きもあることから、出産に自信がもてるようになります。

 

「それにマタニティビクスをしておくと、出産後の体型を戻すのも早くなるんです」と、小野寺さん。どうやら、いいことづくめのようです。

 

「最近では、初産の年齢が上がってきていますよね。特に高齢出産の方は、妊娠中にしっかり動いておかないと、出産時はもちろん、出産後の体力回復の面でも大変になってしまうんです。ですので、もちろんご自身の体調をみながら、医師や看護師と相談の上でぜひ取り入れていただきたいです」

 

レッスンでは妊婦さんに負けないくらいにインストラクターも真剣 

レッスンでは妊婦さんに負けないくらいにインストラクターも真剣

 

マタニティビクスでもっと深く患者さんと繋がれる 

ところで、小野寺さんが資格を取得して、初めてのクラスが間もなく行われるそう。基本的には山形県立中央病院に通院する妊婦が対象で、1クラスは4名程度と少人数制。

 

「とてもワクワクしています。妊婦さん同士も仲良くなれますし、私たちナースや助産師とも打ち解けてもらえると思うんです。実際にマタニティビクスを受けて、いざ出産で入院したときに『すっかり仲良くなった看護師さんがいたから、安心して出産にのぞむことができた』とおっしゃっていた患者さんがいたんですね。

 

それを聞いて、マタニティビクスを通すことで、助産師・看護師としてより深く妊婦さんたちの精神的な支えになれるのかな、と思いました。退院してから1年、2年経ってからも“卒業生”の集まりが続いているのも、こうした精神的な結びつきの強さがあるから。ずっとつながっていけるのがとてもうれしいです」

 

最後に、小野寺さんは「私も女性ですし、いつか子どもを持つ日が来るかもしれません。その時にはマタニティビクスのクラスを受けて、楽しく出産にのぞみたいです」と笑顔をみせてくれました。


 やっぱり新生児と触れ合えるのが一番の幸せ!

やっぱり新生児と触れ合えるのが一番の幸せ!

 


小野寺 宏美(おのでら ひろみ)さん

助産師・マタニティビクス認定インストラクター

看護師・助産師の資格取得後、山形県立中央病院で助産師兼マタニティビクス認定インストラクターとして勤務中。

 

マタニティビクス認定インストラクターについて

一般社団法人日本マタニティフィットネス協会

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでます

より近くで妊婦を支える1つの形|マタニティビクス認定インストラクター

この連載

  • 日本アロマセラピー学会認定看護師【後編】 [03/23up]

    東京都葛飾区の「朱クリニック」で、日本アロマセラピー学会認定看護師として勤務する小山めぐみさん。小山さんはイギリスでメディカルアロマセラピーを学び、クリニックでアロマセラピストを勤めるかたわら、学会の理事やアロマセラピースクール副校... [ 記事を読む ]

  • 日本アロマセラピー学会認定看護師【前編】 [03/23up]

    アロマセラピーは、心身の病気の治療や軽減に補助的な効果をもたらし、またストレス予防や日常の健康管理に役立つことが医学的に証明されています。しかし、日本で普及しているのは、どちらかというと「リラクセーション」としてのアロマセラピーで、... [ 記事を読む ]

  • マタニティビクス認定インストラクター [03/19up]

    マタニティビクスは妊娠中でも安心して楽しめる妊婦さんのためのトータルフィットネスだそうです。軽快なリズムに合わせたエクササイズは、大きなおなかでもできるようなプログラム。始める前にはメディカルチェックを行い、インストラクターが安全確...

  • 小児アレルギーエデュケーター [03/16up]

    食物アレルギーや喘息などに代表される小児のアレルギー疾患は増加傾向にあります。 アレルギー疾患の多くは、自己管理が治療の大きな鍵を握ります。そのため、自己管理がうまくいくように、アドヒアランスを高めたり、周囲の理解を含め、治療環境... [ 記事を読む ]

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士【後編】 [02/16up]

    摂食嚥下サポート担当の看護師として活動する、社会医療法人三思会の小山珠美さんへのインタビュー。後編では、小山さんが摂食嚥下リハビリテーションに関わるようになった経緯や、「口から食べること」にこだわった看護を続ける理由について伺います... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(26)

6匿名2015年03月19日 19時13分

やってみたい!

5匿名2015年03月19日 18時57分

へぇーこんな資格があったんですね。

4匿名2015年03月19日 16時04分

エアロビクス大好き!
この資格とりたいな

3匿名2015年03月19日 15時38分

子供ができたらやってみたいなあ

2匿名2015年03月19日 14時34分

あんまりキツくないならわたしもやりたかったなあ~。10年前に!(*^.^*)

1匿名2015年03月19日 10時04分

もっと早く知りたかった。

関連記事

いちおし記事

“米”ガーゼ?! 医療用語のカン違いあるある|看護師の本音アンケート

思わず赤面!間違って覚えてたコトバ…あなたにもある? [ 記事を読む ]

【新情報追加】新型コロナウイルス・看護師のためのQ&A

後日、感染者とわかった患者をケアをしていた看護師は「濃厚接触者」になる?なったらどうすればいい? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

東京オリンピック、観に行く?

投票数:
1635
実施期間:
2020年02月04日 2020年02月25日

あなたが恋に落ちた瞬間♡教えてください

投票数:
1488
実施期間:
2020年02月07日 2020年02月28日

バレンタイン、チョコ以外になにかプレゼントあげる?

投票数:
1401
実施期間:
2020年02月11日 2020年03月03日

国試直前!言っちゃえ合格宣言&エール!

投票数:
1275
実施期間:
2020年02月14日 2020年03月06日

国試の問題、難しかった?

投票数:
1109
実施期間:
2020年02月18日 2020年03月10日

病院にいたらいいなぁと思うポケモンは?

投票数:
776
実施期間:
2020年02月21日 2020年03月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6002

◆救急看護の問題◆以下のショックの分類と原因疾患・病態の組み合わせで間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.血液分布異常性ショック-アナフィラキシー
  • 2.心原性ショック-心タンポナーデ
  • 3.心外閉塞・拘束性ショック-緊張性気胸
  • 4.循環血液量減少性ショック-脱水
今日のクイズに挑戦!