1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 難病患者であり看護学生でもある彼女が、看護師を目指す理由

2015年03月14日

難病患者であり看護学生でもある彼女が、看護師を目指す理由

脳手術を受けた女性が、看護師になるために、いま看護学生として学んでいます。彼女が人並み以上の苦労をして看護師になりたいと思う理由は何なのでしょうか。

 

脳手術を受けた女性が、看護師になるために、人並み以上の苦労をして看護師になりたいと思う理由は?

 

難病になった彼女の決意

スコットランドに住むニコル・ジョイスさんの試練は16歳の時に始まりました。聴覚や平衡感覚に異常を感じ始めたため検査を受けたところ、約4cmの腫瘍が右脳に存在し、左脳にも小さな腫瘍があるということが判明したのです。

 

その腫瘍は、NF2(神経線維腫II型)によるものと診断されました。日本でも難病に指定されている、神経に腫瘍ができる病気です。診断が下され、根治が難しいと告げられた時には、彼女は「胸がつぶれそうだった」と言います。


12時間半に及ぶ脳手術の後、ニコルさんは看護師になってスタッフにお返しをしたいと思ったそうです。その理由として、彼女は、こう語っています。

 

「入院生活はつらいものです。そのようななか、自分自身を他人の手に委ねなければなりません。当時を振り返ってみると、看護師やそのほかの専門スタッフのケアは素晴らしかったと思います。そして、ドクターは私の命を救ってくれました。私は、自分と同じような人々に対しても、できる限りのことをしていきたいと考えています」


こう決意したニコルさんは、手術によって受けることができなかった試験の埋め合わせをするため高校へ戻り、その後看護大学に進学しました。

 

つらい大学生活と病気との闘い、それに負けない強い意志

ニコルさんが脳手術を受けたときに、大きな腫瘍は摘出されましたが、術後に顔面神経麻痺という障害が残りました。その後もNF2による腫瘍や症状に悩まされ、今後もさらなる手術が待っています。病気による痛みが続き、根治が難しいという状況は、彼女の学生生活をつらいものにしました。


彼女はその状況について、こう語ります。「大学生活は本当にきついです。毎日身体の痛みがあり、聴覚も悪くなり、耳鳴りの症状も出ます。ときどき、酔っぱらったように平衡感覚を失うときもあります」

 

しかし、彼女は自分の将来をあきらめていません。「時間はかかったけれど、私は病と共に生きることを学び、自分の人生を生きています。私はまだ若いので、この病気に負けないと自分に言い聞かせたのです」

 

患者である自分だからこそ、できることとは

ニコルさんは、西スコットランド大学での勉強の合間に、イギリスの患者サポートグループ「Can You Hear Us」と共に活動し、NF2で苦しんでいる人々との交流を図っています。


彼女は活動理由についてこう述べています。

 

「私自身、NF2と診断される前には、この病気の存在を知りませんでした。そのため、人々にこの病気の症状について知ってもらいたいと思っています。根治のための治療法はまだありませんが、研究や新薬の開発が進むことによって、多くの人々の人生が楽になることを願っています。私はこのグループと共にNF2の症状に苦しむ人々を助けるために活動し、彼らに対しサポートができるということを伝えています」

 

Can You Hear Usの創始者であるジェシカ・クックさんはニコルさんについてこう語ります。

 

「さまざまな面でニコルのことは感心しています。彼女はNF2の症状を抱えながらも、しっかりと自分の人生を歩んでいます。彼女がスコットランドでNF2患者のためのサポートグループを作ることを決めたとき、私はできる限りのことをして彼女の力になりたいと思いました。そうして、私たちはCan You Hear Usを設立することに同意したのです」

 

ニコルさんは現在大学3年生で、来年の卒業を楽しみにしているそうです。

 

看護師になりたいと思うきっかけは人それぞれです。ニコルさんのように自分自身が患者となった体験があるために看護師を目指した方も多いのではないでしょうか。

 

ニコルさんは、いつかきっと患者の立場に立てる看護師になることでしょう。

 

(文)

Rio, S. 

 

(参考)

Brave Scot who overcame brain surgery as youngster dedicates her life to saving others by training as nurse

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(20)

20匿名2015年03月30日 23時25分

尊敬します

19匿名2015年03月24日 10時44分

ぜひ立派で幸せな看護師になってほしい

18匿名2015年03月16日 18時17分

素敵な看護師になるでしょうね

17匿名2015年03月16日 11時35分

素敵

16匿名2015年03月15日 20時55分

すごい意志の強さだ!

15匿名2015年03月15日 19時40分

きっといい看護師になれると思うな

14匿名2015年03月15日 07時20分

頑張ってほしいです。

13匿名2015年03月15日 02時12分

強い気持ちがあるってすごい事ですよね。

12匿名2015年03月15日 00時59分

信頼される看護師に慣れそうですね。

11特命2015年03月14日 23時56分

強い意志があれば、出来ないことがないんじゃないかって思えるエピソードでしたね

10匿名2015年03月14日 22時09分

つらさがわかる人は絶対ひと味違う看護師さんになれるね。がんばってほしい。

9匿名2015年03月14日 19時59分

頑張ってほしい

8匿名2015年03月14日 19時53分

尊敬します

7匿名2015年03月14日 16時06分

高い志ですね。

6こころ2015年03月14日 13時27分

私も難病の看護師です。でも、わかる人とわからない人がいますが、患者さんの気持ちに合う看護師になれると想いますよ。

5匿名2015年03月14日 09時09分

目標があるってすばらしい。

4匿名2015年03月14日 07時47分

尊敬

3匿名2015年03月14日 07時27分

大変だろうけど、頑張ってほしい。

2匿名2015年03月14日 07時26分

すごい!

1匿名2015年03月14日 06時12分

志しを持っててすごい。

関連記事

いちおし記事

看護師の平均年収480万円!給料データを大調査【2019年版】

「年収が高い」イメージの看護師。それってホント?最新データから徹底解説! [ 記事を読む ]

オペ室の器械がよくわかる!器械ミュージアム

器械の暗記はオペナースのキホン!使い方はもちろん、細部の機能まで写真で説明してるからわかりやすい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1421
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
1065
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
1046
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
804
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2125

滲出液の多い褥瘡の場合、適切なケアは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.カデキソマー・ヨウ素、ポビドンヨード・シュガーを使用した。
  • 2.ガーゼを当てて1日何回も交換をした。
  • 3.スルファジアジン銀含有クリームを使用した。
  • 4.ポリウレタンフィルムを使用した。
今日のクイズに挑戦!