1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 資格をとって活躍する看護師インタビュー>
  4. 胃ろうから経口摂取復帰も実現。患者さんに口から食べる幸せを│日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

2015年02月16日

胃ろうから経口摂取復帰も実現。患者さんに口から食べる幸せを│日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

脳卒中などの脳血管障害による麻痺や神経・筋疾患、加齢による筋力の低下などで、咀嚼機能や嚥下機能が低下して起こる摂食嚥下障害。こうした障害のある患者さんの食べる機能を評価し、段階的に食事を摂る訓練を行っていくのが摂食嚥下リハビリテーションです。


高齢者や脳血管障害の患者さんが増えている中、このリハビリテーションに必要な知識を幅広く修得できる資格「日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士」にも注目が集まっています。


今回は、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士の看護師、小山珠美さんが、どのように資格を活かし、お仕事をされているのかを取材しました。

 

社会医療法人三思会 法人本部摂食嚥下サポート担当課長 NPO法人口から食べる幸せを守る会理事長 小山珠美さん

社会医療法人三思会 法人本部摂食嚥下サポート担当課長
NPO法人口から食べる幸せを守る会理事長
小山珠美さん

※肩書は取材当時のものです。

 

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士・小山珠美さんインタビュー【前編】

 

生きる力を取り戻す摂食嚥下リハビリテーション

神奈川県厚木市にある社会医療法人三思会で、摂食嚥下サポート担当の看護師として活動する小山さん。同法人が運営するとうめい厚木クリニックの摂食嚥下外来で、1日に1〜4名の患者さんを担当するほか、電話相談も行っています。さらには、他施設からの依頼による訪問も担当しています。

 

患者さんに対してまず行うのは、摂食嚥下機能の総合評価です。医師とともに全身状態の確認や口腔ケアを行いながら、水・食べ物を摂るスクリーニングテストを行い、経口摂取の可能性を探っていきます。

 

「評価を元に、ゼリーなどから開始し、徐々に飲み込みやすさの難易度を上げていきます。最も大切なことは、口から食べていない期間をできる限り短くすることです。

 

時間が空いてしまうと、廃用症候群と言って食べる機能だけでなく、心身の機能まで低下してしまうからです。さらにその患者さんの頑張ろうとする回復力、生きる意欲までも失わせてしまいます。摂食嚥下リハビリテーションは、食べることによってその方の生きる力を取り戻す作業なのです」

 

では実際、患者さんに対してどのようにリハビリテーションを行っていくのでしょうか。

 

リハビリを進める上で大切なのは、安全に食べる練習をしていくことです。

 

まず、口の中をきれいにして、のどの痰を取り除いて通りをよくします。身体を起こして覚醒を促し、呼吸と認知機能を高めます。クッションなどを入れて安定した姿勢をつくることも大切です。そして、食事を見せて匂いを嗅いでもらい、“食べましょうね”“元気になりますからね”と声をかけながら進めていきます。視覚、聴覚、嗅覚を刺激することで脳から指令が出るようになります。

 

また、なるべく自分で手に持ってもらうことも触覚刺激として大切な要素です。

 

そうしたことが呼び水となり、次第に舌が動いて食べ物がのどを通るようになり、自分でごっくんと飲み込めるようになります。その結果、意欲も高まり、笑顔がでてきます。身体を起こすことで肺の動きもよくなり、痰も自分で出しやすくなります。手に麻痺のある方でも、麻痺のない方の手で食べられるようになります。やはり寝たきりで天井だけみていては覚醒レベルも上がりません。

 

病気の発症からできるだけ早期にこうした“口から食べるリハビリ”を始めれば、かなり早い時期に食べられるようになります」

 

誤嚥性肺炎で入院した要介護高齢者へのベッドサイドスクリーニング評価

誤嚥性肺炎で入院した要介護高齢者へのベッドサイドスクリーニング評価

 

リハビリによって90%近くが口から食べられるように

2007年から2010年までに担当した1,707名(死亡退院者を含まない)のうち、退院時に経口摂取ができるようになった患者さんは1,518名全体の88.9%です。リハビリの効果が最も高い脳卒中の患者さんだけでみると、91.8%にも上ります。また、患者さんのうち入院から経口摂取までの日数の平均はわずか7日となっています。

 

これまでに小山さんが担当してきた患者さんには、胃ろうから経口摂取できるようになった方や、在宅でリハビリを受けて食べられるようになった方もたくさんいます。

 

「最近のケースでは、脳卒中後遺症がある70歳代の女性が、誤嚥性肺炎で入院となり、経口摂取は困難と判断されていました。半年間ほぼ寝たきりで、胃ろうのみの栄養だった方ですが、3カ月間の外来と訪問の対応で3食とも経口摂取となりました。4カ月後にはご主人とほぼ同じものを食べられるまでになったのです。

 

彼女は15年前、くも膜下出血で右半身に麻痺が残り、誤嚥性肺炎と診断を受け、食べることが難しいと判断されていたのですが、ご主人が口から食事を摂らせたいとクリニックに連れてこられたんです。

 

摂食嚥下機能の評価を行ったところ、食べる力、飲み込む能力共に十分にあることが分かり、在宅でリハビリを続けてきました。彼女は、口から食べられるようになっただけでなく、麻痺のない方の手で箸も使えるようになったんです。しかも、寝たきりから、デイサービスを利用したり、ご主人とドライブをしたりできるようになり、食べられたことでうれしい変化がたくさんありました。

 

このように適切な方法でリハビリを行えば、本当は口から食べられる方、そして、寝たきりでなくなる方はたくさんいると考えています」

 

後編では、小山さんが摂食嚥下リハビリテーションに携わるようになった経緯や、リハビリテーションに対する想いを伺います。

 

【看護roo!編集部】

 

【後編】 「口から食べる」にこだわる看護│日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士・小山珠美さん

 

「口から食べる」にこだわる看護│日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士・小山珠美さん

 

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士について

この連載

  • 小児アレルギーエデュケーター [03/16up]

    食物アレルギーや喘息などに代表される小児のアレルギー疾患は増加傾向にあります。 アレルギー疾患の多くは、自己管理が治療の大きな鍵を握ります。そのため、自己管理がうまくいくように、アドヒアランスを高めたり、周囲の理解を含め、治療環境... [ 記事を読む ]

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士【後編】 [02/16up]

    摂食嚥下サポート担当の看護師として活動する、社会医療法人三思会の小山珠美さんへのインタビュー。後編では、小山さんが摂食嚥下リハビリテーションに関わるようになった経緯や、「口から食べること」にこだわった看護を続ける理由について伺います... [ 記事を読む ]

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士【前編】 [02/16up]

    脳卒中などの脳血管障害による麻痺や神経・筋疾患、加齢による筋力の低下などで、咀嚼機能や嚥下機能が低下して起こる摂食嚥下障害。こうした障害のある患者さんの食べる機能を評価し、段階的に食事を摂る訓練を行っていくのが摂食嚥下リハビリテーシ...

  • 言語の面で患者さんをサポート │医療通訳者インタビュー 【後編】 [03/03up]

    外国人患者さんと日本の医療者の意思疎通をサポートする、医療通訳者・古山季玲さんへのインタビュー。 前編では、医療通訳の現場でのお仕事についてお話を伺いました。   後編では、医療通訳派遣の流れや、医療者からの声をご紹介... [ 記事を読む ]

  • 資格をとって活躍する看護師インタビュー【全記事まとめ】 [12/16up]

    言語の面で患者さんをサポート │医療通訳者インタビュー 【後編】 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士【前編】 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士【後編】 小児アレルギーエデュケーター マタニティビ... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(21)

21匿名2017年12月15日 16時15分

父の主治医が初めから経口摂取は無理と決めつけ、嚥下の評価もしてない。絶食1か月。つばや痰をごっくんと音を立てて飲み込んでいる姿を見ているのが辛い。IVHの患者はリハビリ病院の受け入れがない状況。

20ピーチャン2017年06月17日 20時30分

一年間、実行して効果がでました。小山さまに詳しく報告したい。

19匿名2016年05月16日 21時12分

院内にたった2人のSTさんが頑張ってくれています…。
確かに大事。でも、全ての対象者に同質のケアを提供するのってすごく難しい。
看護師が吸痰準備で控えてないといけない人も多いし。

18匿名2015年03月30日 23時19分

STがいるじゃん

17匿名2015年03月01日 14時51分

STがしてるけどね。

16匿名2015年02月21日 14時12分

食べる楽しみは大事だ

15匿名2015年02月18日 09時29分

食べるって大切

14匿名2015年02月18日 00時15分

訪問看護で取得してみたい

13匿名2015年02月17日 23時28分

誤嚥性肺炎が怖いですけどね

12匿名2015年02月17日 12時36分

口から食べられるって大事ですね。

11匿名2015年02月17日 10時20分

施設実習に伺った際に、どんなに時間がかかっても、食べこぼしてしまっても、自分で口から食べれるよう援助してました。
大切なことですよね。

10匿名2015年02月17日 08時34分

テレビで拝見しました。どこの病院にもいてくださると相談できるのにね。

9匿名2015年02月16日 16時48分

根気いるし、マンパワーも大事ですね。

8匿名2015年02月16日 13時56分

大切なことですよね。

7匿名2015年02月16日 12時36分

死ぬまで口から食べたい

6匿名2015年02月16日 11時29分

私の病院にもいたらいいなぁ

5匿名2015年02月16日 08時17分

根気がいりますが口からの摂取は大事ですね

4匿名2015年02月16日 07時53分

口から食べるのは大事

3匿名2015年02月16日 07時50分

知識と根気が必要な仕事ですね。私のところでは、STがメインで関わっています。

2匿名2015年02月16日 07時32分

お互いの努力次第だね

関連記事

いちおし記事

マンガ・有名人が集まるふしぎな病院食堂「パラレル」

今回は究極の「玉の輿ねらいナース」が登場! [ 記事を読む ]

心臓は働きもの

血管の長さは地球2周半分!そこまで血液を送る心臓のポンプ力は相当なものです。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
1032
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日

自分ががんになったら…補完代替療法、行いたい?

投票数:
820
実施期間:
2018年10月02日 2018年10月23日

「看護師辞めたい」と「看護師やっててよかった!」どっちを思うことが多い?

投票数:
782
実施期間:
2018年10月05日 2018年10月26日

業務時間内に仕事が終わったけど周りはまだ仕事中…そんな時どうする?

投票数:
729
実施期間:
2018年10月09日 2018年10月30日

細かすぎて伝わらない喜び選手権!

投票数:
26
実施期間:
2018年10月16日 2018年11月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者311

成人の透析患者さんで、維持すべきHb値は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.8g/dL 以上・10g/dL未満
  • 2.10g/dL 以上・12g/dL未満
  • 3.11g/dL 以上・13g/dL未満
  • 4.11.5g/dL 以上・15g/dL未満
今日のクイズに挑戦!