1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ある看護師が考える「ホスピス・緩和ケア病棟で働くメリット」

2015年02月07日

ある看護師が考える「ホスピス・緩和ケア病棟で働くメリット」

看護をするうえで、必ず向き合わなければならない現実があります。それは人の「 死 」というものです。これには患者さんの死、そして家族や周囲の人々の悲しみも含まれます。特に、ホスピス・緩和ケア病棟においては日常的に直面する現実です。

 

ところが、そのような現実があっても、ホスピス・緩和ケア病棟を職場として選ぶ看護師はいます。

 

今回は、看護師資格を持つカナダのメディカルライターMarijke Vroomen-Durningさんの体験をもとに、ホスピス・緩和ケア病棟で働くメリットについて考えます。

 

ある看護師が考える「ホスピス・緩和ケア病棟で働くメリット」|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

看護学校で学ぶのは「死を避ける」こと?

日本と同じように、カナダの看護学校では患者さんを助ける・治すことを中心に学ぶそうです。「死」の問題も扱われますが、それは多くの場合「死を避ける」という観点からの話になるようです。

 

ところが最近は、ホスピス・緩和ケアについての授業を導入する学校も増えてきているとのこと。今ではこの分野を専門にしたいと考える看護師も少なくないからです。

 

それはなぜでしょうか?

 

死を受け入れるとは

人々は死に直面した時、まずはそれを否定したがります。しかし、かかる時間に個人差はあるものの、徐々に受け入れていくものです。

とはいえ、以前は今ほど告知が多く行われていませんでした。医師はもちろん家族に患者さんの病状を説明し、告知を行うべきかを確認します。家族が告知を望まなければ、本人は最期まで自分の病名すら知らずに亡くなっていたのです。

 

もちろん、今でもそのような状況はあります。

死の受け入れ方は人それぞれです。しかし、自分の人生が残り少ないと知ったら、誰でも何かやっておきたいことがあるのではないでしょうか。会いたい人に会って、伝えたいことを伝え、自分のしてみたかったことをする。それは全ての人に許される権利ともいえるのではないでしょうか。

 

ホスピス・緩和ケア病棟で働いて気づいたこと

Marijkeさんもまた、病院では患者さんの家族が本人に嘘をつくこともあったと話しています。家族は患者さんが死に直面しているという事実を隠したがっていたのです。そして、彼女はホスピス・緩和ケア病棟に勤めたとき、そのように嘘をつくことは間違いであったと気付くのです。

 

身体のことは自分が1番よく知っています。医療者が「大丈夫ですよ」と嘘をついても、患者さんはそれが嘘であるとわかっていたのではないか、と彼女は感じていました。

 

そして死の時期が迫っているのを隠すことで、患者さん自身がどのような最期を迎えるかを決める機会を奪ってしまったのではないかと気になったのです。

 

誠実な看護を行える

ホスピス・緩和ケア病棟での看護においては、患者さんに正直に接することができます。そこでは普通の看護と違って、「患者さんが最期の時を迎えるまでの時間」がより充実したものになるようお手伝いをさせていただくのです。

 

死を受け入れた患者さんは、最期までの過ごし方を考え、看護師に相談できます。

患者さんが満足する過ごし方を一緒に考えることは、看護師にとっても最高の喜びになるのではないでしょうか。そのようなことから、ホスピス・緩和ケアを専門としていきたい看護師も増えてきているのかもしれません。

 

看護のあるべき姿とは?

看護師として患者さんのために働く。それは当然のことですが、それだけではありません。「自分がしたい看護はどういうものか」という看護論を持ち、ときには悩みながら看護論を修正していきます。

 

病棟で回復して退院していく患者さんを見送るのも、看護師として嬉しい瞬間です。しかし、多くの死を見届けるなかで、本当に患者さんと向き合ったケアを行っていくのは実は難しいことです。

ホスピス・緩和ケア病棟で働くと、普通の病棟とはまったく違った看護を学べます。そこで働くのは簡単なことではありませんが、看護師として多くの喜びを得られるのも事実です。また、自分が本当にしたい看護を考える機会が与えられ、看護師としても成長できることでしょう。

 

(文)川越 麻実

(参考) Is Palliative or Hospice Nursing For You?

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(22)

22匿名2015年10月08日 09時07分

誠実な看護ができそう。メンタルケアが看護師にもほしい。

21匿名2015年03月30日 23時16分

ターミナルケアかぁ、、、考えさせられます。

20かぼす2015年03月02日 14時45分

実際に現場で働いているナースの話を聞くと介入って難しいと実感します。

19匿名2015年02月13日 06時16分

タフじゃないとできない。

18匿名2015年02月11日 00時37分

最期を迎えるためのケア。奥深い。

17匿名2015年02月11日 00時24分

最期までの過ごし方なんて、アドバイスなんてできない

16匿名2015年02月09日 19時32分

難しいからやりがいあるんだろうな

15匿名2015年02月08日 11時59分

難しい。
どうして接していいのか分からない

14匿名2015年02月08日 08時31分

満足のいく死
そんな貴重な手伝いができるのは看護師ならではだと思う。

13匿名2015年02月08日 04時33分

毎回毎回辛い

12匿名2015年02月08日 02時57分

悲しみは後を引きます。乗り越えてこそ一人前のナースになるのでしょうが 私はまだまだです。

11匿名2015年02月07日 22時43分

ターミナル・ホスピスでの看護に興味あります!

10匿名2015年02月07日 21時32分

難しい

9匿名2015年02月07日 21時16分

私は、辛くてたまらなかったなぁ

8匿名2015年02月07日 20時36分

言葉で伝えなくても、患者さんたちは知っていたような気がします。

7匿名2015年02月07日 17時55分

死て深いですよね

6匿名2015年02月07日 16時29分

自分に出来るかな。死と向き合うの、簡単じゃないと思う。尊敬します

5匿名2015年02月07日 14時39分

普通の病棟とはまったく違った看護。深いですね。

4匿名2015年02月07日 12時35分

深い。

3匿名2015年02月07日 09時00分

自分だったらちゃんと知りたい

関連記事

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1302
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1204
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1057
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1017
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
802
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
339
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者145

◆栄養の問題◆5大栄養素についての説明で、誤っているのはどれでしょうか?

  • 1.糖質(炭水化物)1gから約4kcaLのエネルギーが得られる。
  • 2.脂質は糖質やタンパク質に比べて1g当たりのエネルギー量が低い。
  • 3.タンパク質は消化・分解されるとペプチドを経てアミノ酸となる。
  • 4.電解質は、脱水や嘔吐、下痢などで喪失しやすい。
今日のクイズに挑戦!