1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 住民全員が認知症の村とは?画期的すぎるオランダの新しい取り組み

2015年01月17日

住民全員が認知症の村とは?画期的すぎるオランダの新しい取り組み

老人ホームというのは時として、悲しさや切なさを感じさせる場所になることがあります。認知症の患者さんがどこか寂しそうにしていたり、訪問する家族や友人も、認知症によりその患者さんの元々の面影がなくなっていくことを悲しく思ったりします。そんな老人ホームを理想的で誰もが幸せになるような場所にしたのが、オランダのある施設です。そこは、ホーム全体が小さな村のようになっているのです。

 

 

家族の死がきっかけで生まれた老人ホームのアイデア

老人ホームで働いていたオランダ生まれのイヴォンヌ・ファン・アメロンヘンさんは、あるとき愛する父親を亡くしました。彼女は働きながら、現実の老人ホームは理想とかけ離れていると思っていたため、父親が老人ホームに入らずに亡くなってよかったと思ったそうです。そして、ふと、「自分が老人ホームに勤めているのに、自分の家族には老人ホームに入ってほしくないと思うなんて」と気づき、提案したのが、高齢の認知症患者さんの介護機能を持つ村なのです。

 

認知症の村とは

その村はアムステルダムの郊外のウェースプ(Weesp)という町にあり、「ホーゲヴェイ(Hogeway)」と呼ばれています。CNNに「認知症の村」と呼ばれたこの小さな村は、フットボール場約10個分の広さ。住居でぐるりと周りを囲われていて、広場や映画館、庭園、郵便局まであります。

 

ひとつの家には6-7人が住んでいて、それぞれの家の建築様式は、利用者さんたちが短期記憶の能力を失った時のものに合わせてあります。そのため、いくつかの家は現代的ですが、その他は1950年代や70年代の雰囲気を持っています。
程度の違いはあれど、この村で暮らす全ての利用者さんは認知症やアルツハイマー病を持っていて、常に販売員、庭師、郵便局員などに扮した250名のスタッフに見守られています。そして、ホーゲヴェイの中ではお金は使われていません。認知症患者さんがよく起こすトラブルの元となるからです。

 

この村には、村の外へ出られるドアはひとつしかありません。利用者さんが徘徊するのを防ぐためです。とはいっても、利用者さんの家族や友人たちは、そのドアを通って、いつでも訪ねてくることができるのです。

 

明らかな効果

現実離れしていますが、このユニークな老人ホームは明らかな効果を生み出しました。CNNによると、「ホーゲヴェイにいる住民はよく食べ、長く生き、使用する薬の量が普通より少ない。そして、他の老人ホームにいる利用者に比べて明らかに幸せそうである」とのこと。

 

ホーゲヴェイの入居者さんたちは認知症と診断されていますが、生き生きとした人生をこの老人ホームで送っているのです。これは、コミュニティが肉体的、精神的にも認知症治療に効果的であるということ、そしてQOLを向上させる効果があるということを示しています。

 

住民全員が認知症の村とは?画期的すぎるオランダの新しい取り組み|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

精神障害、特に認知症の場合、患者さんは他者から孤立してしまうことが多くあります。そして、その社会的な孤立は、患者さんに精神的なダメージを与えるだけでなく、情動行動などをつかさどる脳の領域「ミエリン」の生成量を減らすともと言われているのです。そのような「社会的孤立」はこの老人ホームには存在しません。

多くの人がこの施設に入りたいと思うのも無理はないでしょう。その証拠に、この村は2009年のオープンからずっと満室状態が続いているため、新たな入居のスペースは限られています。

 

世界的に増え続ける医療費

認知症となる人の割合は将来、驚異的に増えていき、2030年までには世界中で7600万人にもなると推測されています。これは同時に、世界中で認知症に関連する医療のコストが85%増加することを意味しています。今回のオランダの老人ホームでは、資金の多くは政府の予算から出ており、ほとんどの家族は1ヶ月3,600ドル(約36万円)以上払うことはないようです。

 

認知症に対するケアや治療はとても難しいものがありますが、このよう企画が新しいケアへの道となるかもしれません。日本でも高齢化が進んでいる昨今、認知症を予防し、また認知症になってもその進行をケアや治療によって遅らせるということが重要になるでしょう。

 

 

(文)Rio, S.

(参考)
Dementia village: The town where everyone has dementia
CNNnews:'Dementia village' inspires new care

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(32)

32じゃこぴ2017年12月07日 07時33分

素晴らしい取り組みですね。以前、特養ではたらいていましたが、確かに日本の老人ホームには、自分も入りたい!と思う施設が全くといって無いので、私も是非 見学に行ってみたいです。

31猫矢2017年09月19日 23時36分

日本の政治家もこういう施設を重点的に
視察に行けばいいのに
自分達が入りたくないような施設や制度ばっかり作らずにさ

30匿名2015年01月21日 20時28分

見学に行きたいな

29えーこ2015年01月21日 19時41分

いいなぁ、徘徊しても行方不明にはならない。本人としては自由に外出してるわけだし、映画館もあったり。
私もショップ店員になりたい。

28匿名2015年01月20日 23時12分

見学にいってみたい!

27匿名2015年01月20日 05時32分

死ぬまでイキイキ暮らせたらいいですよね

26匿名2015年01月19日 15時07分

なんかいいねー

25匿名2015年01月18日 17時36分

素敵だと思います
日本でも こういう取り組みをしていけると良いのに

24匿名2015年01月18日 17時09分

見学してみたいです

23匿名2015年01月18日 13時49分

初めて聞きました。
いってみたい!

22匿名2015年01月18日 13時43分

素敵です

21匿名2015年01月18日 10時26分

日本も何らかの対策必要ですよね

20匿名2015年01月18日 07時58分

聞いたことあります。話を聞きに行ってみたい。

19匿名2015年01月18日 05時13分

初めて知りました。

18匿名2015年01月18日 04時18分

見学してみたい

17匿名2015年01月17日 23時13分

政府の予算〓

16匿名2015年01月17日 22時10分

行ってみたいな。

15匿名2015年01月17日 21時16分

すごい

14匿名2015年01月17日 19時01分

うん、いい

13匿名2015年01月17日 16時54分

ステキだな。

関連記事

いちおし記事

ぴんとこ総選挙 結果発表|マンガ・ぴんとこなーす【番外編】

1位は看護のジレンマがテーマのあの話!あなたの推し回はランクインしてる? [ 記事を読む ]

熱中症の応急処置・治療の方法は?

暑さが本格化…!熱中症の対応は万全に! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ナース・プラクティショナーの制度に賛成?反対?

投票数:
1230
実施期間:
2019年07月30日 2019年08月20日

あなたを癒やしてくれる存在とは?

投票数:
1175
実施期間:
2019年08月02日 2019年08月23日

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1029
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
996
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
852
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
648
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者727

以下の過敏性肺炎の中で、日本で最も多い過敏性肺炎の種類はどれでしょうか?

  • 1.夏型過敏性肺炎
  • 2.鳥関連過敏性肺炎
  • 3.農夫肺
  • 4.加湿器肺
今日のクイズに挑戦!