1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. インフルエンザ大流行でパニックにならないために―医療機関での対応を再確認

2015年01月07日

インフルエンザ大流行でパニックにならないために―医療機関での対応を再確認

【ナース知っ得ニュース 2014/01/07】

 

例年より早い流行を見せているインフルエンザ。休診の医療機関が多かった年末年始には、休日診療所に患者が殺到し、診療時間を延長したり、地元の看護師を増員するなどの対応を行った地域もありました。


休日診療所にインフルエンザ患者が殺到、通常の1.5倍の診療態勢に(日経メディカル)

 

インフルエンザ大流行でパニックにならないために―医療機関での対応を再確認
 

注意報発令中の地域では年末に患者が殺到―奈良県の対応

昨年12月17日に「インフルエンザ注意報」が発令された奈良県では、年末にかけて患者さんが急増し、治療を求める患者さんが奈良市立休日夜間応急診療所に殺到。

12月21日に140人、23日160人、28日180人もの患者を診療しました。30日には、それまでの2診態勢から、小児科医師1人、内科医師2人の3診態勢への拡大と専属看護師の増員などの対応を行い、合計120人以上の患者さんが来院したそうです。

 

年末にかけてインフルエンザを患う人の数は全国的に増え、埼玉県、北海道、岩手県、奈良県、神奈川県、東京都、千葉県の順で報告が多くなっています。警報レベルを超えている保健所地域は44箇所で、注意報レベルを超えている保健所地域は250箇所にのぼっています。(2014年12月26日時点)

 

医療機関での対応ガイドラインを再確認しておこう

厚労省では、「新型インフルエンザ等の発生に備えて医療機関に求められること」としてガイドラインを示しています。その中で「患者数が大幅に増加した場合の対応」として以下を挙げています。

 

【診療の“需要”を減らす】

  • ●外来定期通院患者の診療間隔変更
  • ●電話再診患者に対するFAXによる処方
  • ●待機的入院、待機的手術を延期
  • ●在宅治療が可能な入院患者に退院を促す 等

 

【診療の“供給”を減らさない】

  • ●職員の健康管理
  • ●各部署における人員計画・優先業務のリストアップ
  • ●必要な個人防護具・医薬品の確保
  • ●地域全体での医療体制の構築 等

 

(参考)

新型インフルエンザ等発生に備えて医療機関に求められること(厚生労働省)

インフルエンザに関する報道発表資料(厚生労働省)

インフルエンザ流行レベルマップ(中外製薬サイト)

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(28)

8匿名2015年01月07日 10時11分

流行ってますよね

7匿名2015年01月07日 10時06分

気をつけないと!!

6匿名2015年01月07日 09時24分

流行ってるよね

5匿名2015年01月07日 08時40分

昨年、一足早くインフルにかかった。5日間、自宅待機。

4匿名2015年01月07日 08時20分

私の勤務先も大晦日ものすごい数だった

3匿名2015年01月07日 07時56分

1晩でこんなに??やばい

2匿名2015年01月07日 07時50分

確かに現在大流行中ですね。

1匿名2015年01月07日 06時32分

大事ですね。事前の体制整備。

関連記事

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1421
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1297
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1177
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1077
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
925
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
715
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6758

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!