1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 看護師が「さよなら」と口にするとき―ある看護師のターミナルケア

2015年01月10日

看護師が「さよなら」と口にするとき―ある看護師のターミナルケア

看護師は多くの患者さんの世話をし、多くの患者さんの死を見届けます。
あるアメリカ人看護師が「患者さんとの別れ」について思いを綴っていました。

 

 

看護師の役割

看護師のリタ・マクドナルドさんは、あるとき、死に直面している患者さんの友人に、「どういう神経しているの?」と言われました。それは、とても皮肉っぽい調子だったそうです。なぜならリタさんは、患者さんに近しい人たちへ、その患者さんについての悲しい事実を伝えたスタッフのひとりだったからでしょう。

 

「私たちにできることはもう何もありません。患者さんはお亡くなりになります」

 

彼女は、自らが執筆した記事のなかでこう綴っています。

「看護師は『悪者』となるのを楽しんでいるわけではありません。みんな、患者さんの家族や友人が望むような奇跡が起こることを願っているのです。けれど、かなうはずのない希望を与えるくらいなら、むしろ、悲しい事実を伝える役割を担いたいと思います」

 

看護師の患者さんへの思い

リタさんは、12時間におよぶシフトの合間に、家に帰り、シャワーを浴び、再び病気の人々を看ます。次の勤務に備える「昼寝」をするだけの時間しかありません。こんな勤務では肉体的にはもちろん、精神的にも疲れ果ててしまう! というのが彼女の本音です。「私たちは、看護記録を職場に置いていくことはできるかもしれません。でも、病院での心配事を家に持ち帰っているのです」と、リタさんは語ります。

 

そして、家で思うのはこんなことだと言います。「何かやり残したことはなかったかしら?」「今日なにか他に彼女へできる看護はあったのかしら?」「あぁ、彼女は今夜どうしているかしら?」

 

患者さんの最期に立ち会うとき

患者さんの一番近くで世話をしているからこそ、看護師が「さよなら」を告げるときの患者さんや家族への思いは特別なもの。
リタさんは、看護師が患者さんを看取るときの様子について、こう語っています。


「私たちは、亡くなろうとしている患者さんの額をなで、手を握ります。そして、目を見つめながら言うのです。『今までの人生、よくがんばりましたね。あなたはとてもいいお母さん(お父さん)です!お子さんたちのことは心配いらないですよ』」

 

そして、患者さんの家族についてのある思い出にも触れています。

「ある日私の不在時に、亡くなった担当患者さんの家族の方が病院を訪れたのですが、私はその方にさよならを言うことができませんでした。彼はとても親切でしたし、私たちに感謝してくださる良い方だったので、別れの言葉を伝えられなかったことを後悔しました」

 

彼女は、本当は患者さんの家族にこう言いたかったそうです。

「ありがとうございます。あなたの大切なご家族を看護させていただき、感謝いたします。これまで私に感謝の意を示してくださり、また、患者さんの予後が悪いことを告げたにもかかわらず怒らずにいてくださり、ありがとうございました。あの方の予後についてお伝えするのは、私たちにとっても大変つらいことだったのです」

 

看護師という職業のため、悲しい知らせを伝えなければならないときもあります。しかし、看護師は常に患者さんや家族のことを考え、看護しています。そして、最期の瞬間も一番近くで患者さんの死を見届け、このとき、それまでの患者さんや家族との関わりを思い出します。だからこそ、看護師が病室のカーテンを引いて、「さよなら」を口にするときには、彼らに対する感謝の思いを胸に秘めているのです。

 

(文)Rio,S.

(参考)When a nurse says goodbye

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(38)

18tomo2015年01月10日 21時47分

泣いたわ・・・

17匿名2015年01月10日 21時26分

なんか英文的な文章。

16匿名2015年01月10日 19時13分

家に持ち帰る心配事の内容が重すぎますよね

15匿名2015年01月10日 18時14分

真実を伝えるのが医療者の役目と思います。

14匿名2015年01月10日 15時13分

ずっと生きられる訳じゃないって分かってるけど、家族ってもどかしいときがあるから、それをぶつけてるだけなんですよね。

13匿名2015年01月10日 13時00分

深いな

12匿名2015年01月10日 11時42分

人の死には慣れられません

11匿名2015年01月10日 10時03分

なるほどな。

10匿名2015年01月10日 09時41分

ターミナルケアは難しい

9匿名2015年01月10日 09時31分

そうですよね。

8匿名2015年01月10日 09時10分

泣けちゃいました。

7匿名2015年01月10日 09時08分

考えさせられる

6匿名2015年01月10日 08時59分

なかなかわかってもらえないですよね。一般の人からはひどい人に見えるんでしょうか?嘘ついた方がいいこともあるかもしれないけれど。。嘘つく方が惨いこともあるのに。。

5匿名2015年01月10日 07時56分

そうですよね。

4匿名2015年01月10日 07時30分

心に響きますね。ロリータなんとかと違って。

3匿名2015年01月10日 07時29分

なんで海外の話?

2匿名2015年01月10日 07時26分

心に響く記事。

12015年01月10日 06時32分

奇跡なんて起きない。現実を受け入れなくない患者さん・家族!人の命を扱うことの難しさを感じます。一人一人との関わりが大切な仕事ですね。

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1273
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1285
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1166
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1020
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
872
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
405
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1249

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!