1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 在宅治療でのリハビリ支援に注目。遠隔治療「テレナーシング」がすごい

2014年12月17日

在宅治療でのリハビリ支援に注目。遠隔治療「テレナーシング」がすごい

 

医療費削減のための在院日数短縮や医療資源の一極集中、高齢化で進む地方の過疎化――こうした様々な課題に対応するために、「遠隔看護」を導入しようとする動きが強まっています。

 

遠隔看護(テレナーシング)は、在宅医療を受ける患者にも、入院患者と同じくタイムリーに看護を提供するために、1980年代から海外を中心に広がり始めたものです。日本でも、離島が多い沖縄県や山間部が多い自治体などを中心に、遠隔看護の試行が少しずつ進められてきました。

 

遠隔看護にはインターネットや電子メール、テレビ電話などのITツールの活用が欠かせません。医療分野でのIT活用が活発化するのにあわせて、遠隔看護にも新しい局面が訪れようとしています。

 

タブレットでがん患者を遠隔看護

遠隔看護は、主に慢性疾患患者のサポートを中心に取り組みが進んできましたが、今回はがん看護の分野で導入された具体的な例を1つご紹介します。

 

対象者は前立腺がんの手術を受けた患者。

期待されるのは、情報収集のサポートと在宅リハビリ支援機能です。

 

●情報収集のサポート

患者にタブレットを配布し、退院後の状況を毎日入力してもらいます。

入力するのは以下の項目です。

・失禁の回数

・尿取りパッドの使用枚数

・排尿時の痛み

・症状の変化

 

これらのデータを医師や看護師がクラウド経由で確認し、来院や追加の投薬など医療行為の必要性を判断します。

 

●在宅リハビリ支援

前立腺がん治療の合併症として起こる失禁症状は、手術後に「骨盤底筋体操」と呼ばれるリハビリを行う事で改善されることが分かっています。

 

タブレットを介して医療従事者と定期的にやりとりすることによって、患者がリハビリに取り組むよう促します。

具体的には、ブログ形式でリハビリの継続を管理し、アドバイスを送ります。

 

政府の大きな方針として在宅医療が進められるなか、今後は抗がん剤治療など他分野への応用も期待されます。

 

(参照)

東北大学大学院医学系研究科 プレスリリース 「タブレットによる術後の体調管理でがん患者を遠隔看護可能に」

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(28)

282014年12月31日 00時58分

画期的かもしれないけど、やっぱり直接目で見なきゃ。便利だからといって、機械に頼りすぎるのはよくない。

27匿名2014年12月24日 15時26分

むりむり。高齢者は使いこなせないでしょう。訪看入りゃあいいことじゃん。

26匿名2014年12月23日 01時03分

タブレットで管理か~。団塊世代に介護予防のために毎日の血圧や栄養管理とかに導入されたらいいかな

25匿名2014年12月20日 04時30分

操作苦手やわ。

24匿名2014年12月19日 19時49分

うーん

23りん2014年12月18日 20時23分

きっと現実になるよ。

22匿名2014年12月18日 17時58分

叶うといいですね

21匿名2014年12月18日 12時20分

在宅は厳しい

20匿名2014年12月18日 12時18分

どうなんだろ

19匿名2014年12月18日 06時37分

自分の健康管理にも繋がりそうですね。けど、らくらくほんも使えない祖母に使えるかなー?使える人が使えば全体でみると少し楽なのかなー?

18匿名2014年12月18日 02時20分

こんなシステムがあったなんて知らなかった!

17匿名2014年12月18日 01時52分

すごいなぁ

16匿名2014年12月18日 01時50分

ほほ~

15匿名2014年12月18日 01時47分

どこまでやれるか

14匿名2014年12月18日 00時48分

へぇー

13匿名2014年12月18日 00時32分

その機械を使う指導も必要な気がします。
使いこなせないと意味がないし。そして高そう・・・。

12匿名2014年12月17日 23時42分

ほー

11匿名2014年12月17日 22時07分

患者さん抵抗なく使えたらなにか聞くために来院する!ってなくなるから患者さんもちょっと楽ですよね!テレビ電話でかお見れるだけでも電話だけのやり取りより断然いいのかな。

10匿名2014年12月17日 20時38分

すごいな

9匿名2014年12月17日 17時37分

すごいなーデジタルの力!

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1322
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1337
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1211
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1086
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
972
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
728
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
96
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2175

◆周術期の問題◆手術中に摘出された検体の取り扱いについて、正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.患者情報ラベルはふたに貼る。
  • 2.患者情報ラベルには患者氏名はフルネームで記載し、患者 ID など 2つ以上の情報を記入する。
  • 3.検体を容器に入れた後に患者情報ラベルを貼る。
  • 4.複数の患者検体を同時に扱う。
今日のクイズに挑戦!