1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 斬新で画期的!?な看護師の離職防止対策

2014年12月20日

斬新で画期的!?な看護師の離職防止対策

アメリカのヘンリー・フォード病院が実施した斬新で画期的!? な看護師の離職防止対策について紹介します。

 

厳しい労働条件のなかで勤務を強いられる看護師たち。看護師は臨床におけるケアのキーパーソンであるため、離職が続き人員不足となるのは、他のどの勤務者にとっても労働環境の厳しさが増すこととなります。

そんな状況を克服すべく、あるスタッフが偶然に思いついたのが、「プール施設」でのストレスマネジメントとケアでした。

 

斬新で画期的!?な看護師の離職防止対策|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

大切なスタッフが病んでいる現状

アメリカには「float pool nurse (フロート・プール・ナース)」という職があります。これは、 どこのユニットにも属さず、病院全体の中で人手が足りないところに臨機応変に派遣される看護師のことです。ヘンリー・フォード病院には、アンジェラ・オードネルさん率いるフロート・プール・ナースたちが所属しています。
彼女たちは、看護師の燃え尽き症候群を未然に防ぐための対策として本物のプールの創設を病院側に要求しています。

 

病院の人員数が常に少なく、スタッフの燃え尽き症候群が増えていくのを目の当たりにしていることもあって、ほとんどの職員はこの案を支持しています。有能なスタッフを失うことはケアの受け手である患者さんにとっても有害であることをみんな理解しているそうです。

 

プールが病院スタッフの救世主に!?

プールの案は、この病院に勤務して11か月のオードネルさんと1人の秘書が、冗談交じりの会話を交わすなかで偶然に思いついたものだそうです。

 

オードネルさんは、プールの存在についてこう説明を続けます。「プールは、健康増進センターのような位置づけで、プールの設置と水を使ったセラピーからスタートします。そして、時を重ねるうちに看護師をはじめとするスタッフがストレスから回復し、患者さんへよりよいケアを提供できるようになっていくでしょう。いずれは、ジャグジー、マッサージや温泉療法などにも取り組むことができるかもしれません」と語ります。

そして彼女は、すでに全ての医師からこのプランへの支援を受けていると言います。

 

日本の医療スタッフは、休日であっても、臨床研究活動、講習会、会議、OJTなどのために暗黙の了解で出勤を求められたりします。仕事のことを忘れ去ってリラックスに徹することが難しいのが現状ではないでしょうか。

 

看護師にも医師にも休養が必要

部屋にテレビのリモコンが無いことに憤慨した患者さんから怒鳴られた経験を挙げながら、「私は早くから看護師の待遇を改善する必要性を感じていた」と語るのは、内科医のグレゴリー医師。

 

「看護師はケアの中心的存在です。全ての看護師は、長時間のシフトの後に、プールに浮かびながらリラックスする権利があると思います。それだけ頑張っているのですから」

 

看護師のホワイトさんも同じ意見を述べています。「かわいそうなドクターたち。ポケベルの呼び出し音がガンガン鳴って、大忙しで駈けずり回る日々を送っています。今あちこちでドクターが仕事を辞めていっています。彼らにも休養が必要。私たちみんなに必要です」と言います。

 

どう考える? スタッフへのストレスマネジメント

このようにメリットの多そうなプランであっても、病院経営者側を見ると、賛同する人ばかりではないようです。しかし、オードネルさんは「これは、私個人の問題ではなく医療業界全体における問題です。正に火を水で消すことが必要なのです!」と決意を述べています。

 

今回は、水や温水を用いたプールセラピーをストレスマネジメントの一環として取り入れるプランをご紹介しましたが、みなさんはどのようなマネージメントやサポートを希望されますか? また、実際にどんなサポートを受けていますか?

 

患者さんのケアや業務改善に関するカンファレンスだけでなく、時には「こんなのあればいいな~!」というストレスマネジメントやサポートについてのカンファレンスも行ってみてはいかがでしょうか? 職場環境やストレスについての、解決すべき真なる問題が見えてくるかもしれません。

 

(参考)

GOMER BLOG Nurse in Float Pool Petitions for Actual Swimming Pool 

こころの耳 厚生労働省

バーンアウト(PDF) 日本労働研究雑誌No.558  2007

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(35)

35匿名2015年03月16日 13時37分

ジムがいいな〜

34匿名2015年02月27日 10時40分

プールでなくても、大浴場でもいいなあ

33匿名2015年02月17日 03時31分

意外とせちがらいコメントが多いみたい。
ガイジンはプール大好きなんですよ。
私はプール、ジャグジー、サウナ、エステ、マッサージ。優雅な仮眠室があれば定年までいれるわ。

32匿名2015年02月03日 10時35分

意味わからん。プールなんていらん。

31匿名2015年01月04日 00時24分

待遇よくしてほしい

302014年12月24日 15時12分

義務化しないと無理よね、所詮。

29匿名2014年12月23日 08時27分

私なら源泉かけ流しの温泉かなぁ。

28匿名2014年12月22日 14時56分

それより、有休を消化したい。

27匿名2014年12月22日 01時57分

休養は必要

26匿名2014年12月22日 00時34分

お金がいい

25匿名2014年12月21日 23時58分

プールより、看護師の人数増やして〓︎〓︎
仕事量減れば、残業減る〓︎ゆとりがある〓︎

24匿名2014年12月21日 22時25分

プールで離職防止になるんだあ

23とき2014年12月21日 22時06分

そうですね。給料、勤務時間、福利厚生の順でいいかな。

22匿名2014年12月21日 19時20分

プールも人によるだろう、と思う。

21匿名2014年12月21日 17時52分

プールあったら嬉しいけど、給料を先にどうにかして欲しい。

20匿名2014年12月21日 10時54分

やはり給料で還元するか勤務時間減らして欲しい

19匿名2014年12月21日 00時02分

使い捨てよね

18匿名2014年12月20日 22時28分

私はプールよりお金のほうが好きです

17匿名2014年12月20日 20時46分

プールの水中でバカヤローとさけんで帰宅するのも悪くはないが、仕事中の使い捨て扱いがなくなれば離職は減るのにね~。

16匿名2014年12月20日 20時38分

プールより、待遇さえ改善してくれたらいい。

関連記事

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1289
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1304
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1184
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1041
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
904
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
513
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4658

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!