1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 「みんな愛している」エボラに感染した看護師が仲間に伝えた想い

2014年12月13日

「みんな愛している」エボラに感染した看護師が仲間に伝えた想い

セネガル、ナイジェリアでは終息宣言が出されたものの、依然として西アフリカを中心に猛威を振るっているエボラ出血熱。ここ日本でも厳重な警戒態勢が取られていますが、アメリカ国内においてはすでにエボラ感染者が出ています。

 

国内最初の感染者はリベリアからアメリカに入国した男性でしたが、その後、彼の看護に携わっていた2人の看護師にも感染を確認。そのうちの1人ニーナ・ファムという26歳の女性看護師――彼女は自らの治療のために転院することになったのですが、その際に同僚医師らとメッセージを交わす姿がマスコミを通じて公開され、多くの反響を呼びました。

 

エボラに感染した米国人看護師、ニーナ・ファムさん|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

患者の世話をする過程でエボラに2次感染

ニーナさんがエボラ出血熱に感染したのは、テキサス州ダラスにあるテキサス・ヘルス・プレズビテリアン病院でのこと。

彼女はそこで米国初のエボラ患者であるリベリア人――エリック・ダンカン氏(後に死亡)の看護にあたっていました。その際、何らかの理由により2次感染したと見られています。彼女はただちに隔離され、同病院にて治療を受けていましたが、より高度な治療施設が備えてあるということでメリーランド州の病院に搬送されることになりました。

 

ニーナさんと医師による心温まるやりとり

次の病院に搬送される直前、ベッドに横たわるニーナさんと防護服をまとった医師らは治療室のような場所で言葉を交わします。一見すると両者の間には目に見えない隔たりのようなものを感じさせますが、会話の内容はそれとは全く逆のものでした。

 

まず医師らは「(国内)初のエボラ患者のために努力してくれて本当に感謝する」「君たちみんなの努力があってこそ成し遂げられたことだ」「君のことを誇りに思う」と彼女に告げ、ニーナさんは涙をぬぐいます。そばにいて彼女を見守っていたと思われる介護人が「泣かないで」と思わず声をかける様子もうかがえます。

そして、今度はニーナさんが「みんなメリーランドに来てください」とおどけた調子で返答するのですが、医師らはそれに対して「メリーランドでパーティをしよう」と同調します。

 

時間にして数分程度でしょうか、たったこれだけのやりとりを見るだけでも、彼女が仲間からどれだけ愛され、かつ信頼されていたかがわかります。エボラ出血熱の治療にあたるチームが、強い絆で結ばれていたことを実感させる映像でした。
最後に、彼女は「みんな、愛している」と言います。それはこれまで一緒にエボラと闘ってきた戦友に向けられた、心からのメッセージだったことでしょう。

 

浮き彫りとなった病院側の不徹底

エボラ出血熱の2次感染が起きた背景には、患者の世話をする過程に何らかの手順違反があったのでないかという見方もありました。しかし、後の調査で病院に備えてある防護服が完全に体を覆うものではなく、院内でエボラを想定した訓練が十分に行われていなかったことが明らかになりました。

 

テキサス・ヘルス・プレズビテリアン病院は、国内最初の感染者であるエリック・ダンカン氏の事例をどのように扱ったのかと非難を受けました。それに対して、病院側は「私たちは誤りを犯した」と不手際があったことを認め、謝罪しています。

 

エボラからは無事生還、今後の課題は

報道によると、今回エボラに感染した2人の看護師はその後、無事完治したとのことです。ニーナさんに関しては、ホワイトハウスでオバマ大統領と面会したことも記憶に新しいですね。

 

しかし、彼女のあの時の涙は今生の別れの涙になる可能性がゼロではありませんでした。同じ看護師として働く人間にとっては、いつ自分が同じ立場になるかと、決して他人事に思えないことでしょう。前車の轍(てつ)を踏まないために今やっておくべきことは何か――エボラの恐怖はあなたのすぐそこまで来ているかもしれません。

 

 

(文)宮川梨沙

 

(参考)

Ebola Nurse Nina Pham Tells Doctors 'I Love You Guys' Before Flight

エボラ熱二次感染の米看護師、2人目も完治

 

【他の記事】

エボラ感染者は排除すべきなのか?「感染者は脅威ではない」米国看護師の訴え

脳梗塞患者に対するtPA療法 ナースでも初期評価は可能?

どうなる?特定行為スタートで看護師の法的責任はふえるのか

圧倒的多数が支持する医療用大麻の合法化~現場で看護にあたるあなたはどう考えますか?

英研究レポートが明かす!看護師の「数」「質」「仕事量」は患者の生死を左右する?

「意識がなくても聞こえている」すべてのICU勤務者が知るべき、驚きの患者体験談

米国では当たり前?診断や治療もできるエキスパートナース「NP(ナースプラクティショナー)」

安月給な職業No.1!?日本でも欧米でも看護師の給料はやっぱり安かった!

5.4秒に1回!減らない救急車の出動件数に悲鳴―倉敷市の取り組み

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(30)

30匿名2015年03月03日 12時54分

無事でほんと良かったです。
ピンチの時に笑いネタで会話できるってすてき

29匿名2015年02月25日 17時09分

エボラ怖い、早くなくなってほしい

28匿名2014年12月17日 21時53分

助かって良かったです。二次感染が起きる前にしっかりとした対策を講じて欲しいですね。

27匿名2014年12月15日 23時30分

怖いですね

26匿名2014年12月15日 10時38分

涙が出ました。

25匿名2014年12月15日 07時13分

こわいですよね

24匿名2014年12月15日 00時52分

助かって良かった。命がけですよね。

23ゆん2014年12月14日 22時51分

感動的。。。
エボラこわいです。早く消滅してほしいですね。

22匿名2014年12月14日 19時39分

涙が出る

21匿名2014年12月14日 17時31分

怖い

20匿名2014年12月14日 14時16分

助かってよかった。

19匿名2014年12月14日 09時40分

感動

18匿名2014年12月14日 09時13分

死ぬ覚悟をしたんですね・・・

17匿名2014年12月14日 08時49分

泣ける

16匿名2014年12月14日 08時44分

いい仲間たち

15匿名2014年12月14日 08時40分

命懸けでがんばってる人が死ぬべきじゃない。無事で良かった(T_T)

14匿名2014年12月14日 08時40分

医師の言葉が感動した。

13匿名2014年12月14日 08時34分

助かってよかった・・・

12匿名2014年12月14日 00時06分

スタンダードプリコーション大事

11匿名2014年12月13日 23時41分

助かってよかった。
エボラに限らず何に感染するかわからないから本当に怖いです。

関連記事

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ 入れ墨のある患者さんの対応とよくある事例

MRI検査がダメってホント?手術への影響は?看護師に必要なことをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1363
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1206
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1192
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1085
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
973
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
757
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
276
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5528

◆心電図の問題◆急性心筋梗塞で、右冠動脈の下壁梗塞を疑うST上昇が見られる心電図誘導は以下のうちどれでしょうか?

  • 1.V~V4
  • 2.II、III、aVF
  • 3.Ⅰ、aVL、V5、V6
  • 4.Ⅰ、aVL、V1~V6
今日のクイズに挑戦!