12誘導心電図 | 装着と測定

【監修】

公立南丹病院 看護部

※一部修正があります。詳しくは装着部位の項目をご確認ください。

 

12誘導心電図~電極の装着と測定

(1)心電計の電源コードを、医療機器用コンセントに接続し、電源を入れ、心電計が作動することを確認する

(2)患者さんにアルコールへのアレルギーが無いことを確認する

(3)電極の装着部位をアルコール綿で清拭する

⇒電極や皮膚の汚れは、電気の流れを悪くするため

(4)6個の胸部の電極を装着する

■装着部位■

V1…第四肋間の胸骨右縁

V2…第四肋間の胸骨左縁

V4…左第五肋間で鎖骨中線

V3…V2とV4の間

V5…左第五肋間で前腋窩線

V6…左第五肋間で中腋窩線

【お詫びと訂正】
動画中のV1およびV2の説明に一部誤りがございます。
恐れ入りますが、下記を読み替えてご覧ください。
ご迷惑をお掛けし、申し訳ございません。

 誤:V1…第四肋の胸骨右縁
   V2…第四肋の胸骨左縁
 正:V1…第四肋の胸骨右縁
   V2…第四肋の胸骨左縁

 

(5)四肢の電極を装着する

リード線が両手両足の内側になるように取り付ける

■ポイント■

装着部位は以下の通り

赤…右手

黄…左手

黒…右足

緑…左足

 

(6)患者さんにリラックスするように伝え、スタートボタンを押して心電図を記録する

■確認ポイント■

・心電図の感度や紙送りの速度が正しいか

・患者さんがリラックスできているか

 

(7)測定が終了したら患者さんに伝え、電極を全てはずす

(8)リードや電極の汚れはふき取りとる

(9)記録用紙の補充、本体の充電をおこなう

(10)機器の状態を元にもどす

⇒緊急時にすぐ使用できるようにする

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ