直流除細動器(DC)による除細動・実施 | 二次救命処置(ALS)【2】

【監修】

東京労災病院 看護部

 

Point

  • 事前に除細動器の種類と至適エネルギーを確認
  • 放電の際は周囲の安全を確認
  • 組成がひと段落したら火傷した部位をクーリング、薬剤を塗布

「直流除細動器(DC)」による除細動:実施手順

(1)医師の指示により、エネルギー量を設定する

(2)充電ボタンを押す

■放電ボタンを押す前に確認すること■

・まわりの人の感電を防ぐため、患者さんから離れているか安全を確認する 

・酸素マスクをしている場合は、発火防止の為はずす

・除細動効果の低減やヤケドを防ぐため、心電図のリード線などを挟まないように注意する

 

(3)放電ボタンを押す

(4)「心室細動」「無脈性心室頻拍」「無脈性電気活動」「心停止」かを判定する

(5)必要に応じてすぐに胸骨を圧迫して心配蘇生(CPR)を始め、再度、心電図を確認し、まだ脈が戻らないようなら再除細動の準備をする

■ポイント■

必要に応じて除細動を再度行う可能性もある

⇒かならず先回りするつもりで対応をする心構えが重要

■ポイント■

除細動におけるエネルギー量の基準値

ポイント 除細動におけるエネルギー量の基準値

 

※編集部註※

当記事は、2016年04月18日に公開した時点で、一部記載に誤りがございました。

 (誤)■充電ボタンを押す前に確認すること■

 (正)■放電ボタンを押す前に確認すること■

2020年7月6日に正しい情報に修正いたしました。訂正してお詫び申し上げます。

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ