夜勤のすっぴんは実は危険!間違いだらけの保湿ケア|ナースのお悩み解決ヘアメイク【1】

ナースの美容の悩みを、資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・大久保紀子が解決するヘアメイク講座

 

ナースのお悩み解決ヘアメイク

vol.1 看護師が勘違いしがちな4つの間違いと正しい保湿ケア

 

保湿をしている場面写真

 

看護師の肌悩みNo.1は「乾燥」。特に夜勤では乾燥が気になるという声も多く、乾燥による肌トラブルも悩みのタネ…。そこで、勤務中に注意したい行動や乾燥から肌を守るための正しい保湿方法をレクチャーします♪

 

●看護師がやりがちな保湿ケアのNGとは?

間違った保湿ケアは乾燥を悪化させる原因にも…。まずは、やってしまいがちな間違いケアとその対策を確認!

 

NG1 夜勤は肌を休ませるためにすっぴんで勤務

単なるすっぴんはトラブルの元!スキンケア効果のある美容液ファンデが◎

すっぴん肌と美容液ファンデーションを塗った肌で、外部から受ける刺激と内部から蒸発する水分がどれくらい違うか比較したイラスト

 

ばっちりメイクは肌への負担が大きいので避けたいけど、すっぴんも乾燥対策としてはNG!

エアコンがきいた室内で肌を守るバリアがない状態では、気づかないうちに大切な水分が奪われてしまいます。

保湿力の点ではクリームだけも良いけど、ホコリやチリ、細菌などの外的刺激から肌を守り、肌への負担の少ない美容液ファンデの使用がベスト

 

NG2 化粧水はたっぷりの量でばしゃばしゃつける

一度に浸透する水分は一定。数回に分けて重ねづけしたほうが◎

 

化粧水を一度にたくさんつけても、浸透する量は一定だということを示すイラスト

 

たっぷりの化粧水を肌にのせても、肌に浸透せずに蒸発させてしまう量が多くなるだけ。それよりも、適量を二度、三度と重ねづけする方が確実に肌に浸透させられます。手は凹凸があるためムラになりやすいので、均一に浸透させるならコットンの方がおすすめ◎

 

NG3 テカリ肌なので朝や春夏は化粧水だけで保湿

保湿は油分で蓋をすることが重要

 

化粧水のみで保湿した肌と乳液やクリームで保湿した肌で内部から蒸発する水分の違いを比較したイラスト

 

油分やベタつきを抑えたいからと言って、乳液やクリームによる保湿を怠ると、さらなるテカリや乾燥の原因にも!化粧水は浸透するのも早ければ、蒸発するのも早い…。水分でうるおいを与えたあとは、必ず油分で蓋をするようにしましょう。

 

NG4 肌が乾燥したときは水分ミストをかけて保湿

ミストで水分補給は◎。でも、ただの水はNG

 

水ミストを肌にかけると、蒸発するときに肌の水分も一緒に持っていってしまうことを示したイラスト

 

勤務中に肌が乾燥したなと思ったら、ミストなどで水分を補給するのは◎。しかし、ただの水や化粧水だと蒸発する時に水分を奪い、より乾燥してしまいます。水分と油分も入っているオイルインミストかや保湿成分の多いミストを選ぶようにしましょう。

 

●乾燥から肌を守る「重ねづけ保湿」をマスターしよう

効率良く浸透させるためには、面倒でも化粧水の「重ねづけ」が大事。「毎日スキンケアに時間かけるなんて無理無理…!」というご多忙ナースにも安心の、5分以内で終わる保湿ケアを紹介♪

 

1 洗顔後すぐに化粧水をつける

 

化粧水をコットンにつけるときの分量を示した写真

 

洗顔後は水分が蒸発しやすい状態なので、洗顔後すぐに化粧水をつけるようにしましょう。 コットンを中指と薬指にのせ、人差し指と小指で両端を挟み、化粧水を500円硬貨よりやや大きめにたっぷりと含ませます。

 

2 血流の流れに沿ってコットンを動かす

 

化粧水を塗るときにコットンを動かす方向と順番を示した写真

 

1〜7の順番に1分程度のテンポで、血流に沿うようにコットンを動かします。これにより血行促進とマッサージ効果もUP。

やりすぎても摩擦で肌にダメージを与え逆効果になるので、これを2〜3回繰り返すのがベスト。

(所要時間:2〜3分)

 

3 軽い圧を加えることで浸透率UP

 

軽い圧を加えて肌を引き上げてる写真

 

化粧水を肌にしっかりと浸透させるため、上に動かす際に軽く肌が引き上げられる程度の圧を加えるのがポイント。

リフトアップ効果も得られます。下に動かすときは力を抜いて優しく。

摩擦による肌のダメージがあるので、強く押し付け過ぎないように気をつけて。

 

 

4 乳液やクリームなど油分で蓋をする

化粧水でしっかりと水分を補給したら、うるおいを逃さないために乳液やクリームなどの油分で蓋をすることが大事。化粧水と同じ要領で1分程度マッサージしながら顔全体に塗ります。ここでは重ねづけの必要はなし。

(所要時間:1分)

 

正しい保湿ケアをマスターして、夜勤時の「乾燥」から肌を守りましょう♪

 

モデル/齋藤美沙貴

協力/ナガイレーベン

撮影/菅野幸恵

取材&文/土屋美緒

編集/金田陽子(看護roo!編集部)


【監修者プロフィール】

大久保紀子(おおくぼのりこ)

資生堂トップヘアメイクアップアーティスト。パリや東京コレクションのヘア&メイクアップを担当し、メイクアップカラーのスペシャリストとしてスクールや各種美容セミナーにて講師を務める。

資生堂ナースビューティベーシック

 

【ナースのためのビューティー講座】

ナガイレーベン×資生堂が開催する看護師さんのためのメイク講座。4月13日開催

詳しくはナガイレーベンまで

 

SNSシェア

コメント

0/100

ライフスタイルトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆災害看護の問題◆災害時、被災地域で精神科医療や精神保健活動の支援を行う専門家のチームを何と呼ぶでしょうか?

  1. HAZMAT
  2. DMAT
  3. DPAT
  4. JDA-DAT

1085人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8172人の年収・手当公開中!

給料明細を検索