出産後、風邪を引きやすくなった?気を付けるべき3つのポイント|看護師の妊娠・出産お悩み相談室【10】

出産で体質が変わってしまったの?

 

育休から復帰したばかりです。産後に体質が変わったのか、風邪を引きやすくなりました。子どもの風邪も必ずもらって悪化します。

休むと職場に迷惑がかかるし、「看護師のくせに」っていう患者さんの目も痛い…。

手洗いうがいマスクは常にしていますが、他に気をつけることはあるでしょうか。 (整形外科病棟28歳)

 

出産で体質が変わってしまったの?

 

皆さんもご存じの通り、風邪は帯状疱疹口唇ヘルペスなどと同じウイルス感染なので、免疫力が落ちている時は罹患しやすくなります。育休復帰後間もないなら、まだまだ仕事のリズムについていけないことも考えられますね。仕事中は業務に集中し、帰宅したらお子さんの世話と家事。あっという間に一日が終わり、バタンキューの様子が目に浮かびます。

病院はあらゆる細菌やウイルスの宝庫ですので、注意しすぎるくらいでもよいと思います。

 

気をつけるべきは、この3つ!

1.睡眠を十分にとる
2.十分な栄養
3.体温を上げる(低体温を防ぐ)

 

1.睡眠を十分にとる

睡眠はどのくらい取れているでしょうか? 人間の身体に必要な睡眠時間は8時間と言われています。

 

夜勤はまだないかもしれませんが、昼食時や休みの時、ちょこちょこ横になり寝る習慣をつけましょう。夜勤がある場合は、入りや明けの時などもご家族に協力してもらい、なるべく眠れる環境を作りましょう。夜勤明けにスーパー銭湯やスポーツクラブのジャグジーなどでリラックスして、汗を流してから帰宅すると眠りやすいようです。

 

部屋では精油が入れられる加湿器などで、気道や喉をケアするとよいでしょう。殺菌効果があるティーツリーやペパーミントがお薦めです。

 

2.十分な栄養

昼食時間ですが、看護師さんだとなかなか1時間は取れないことが多いようです。よく噛まずに急いで食べるより、スープジャーなどに雑炊や麺類などを入れて持って行き、水分が多く温かい食事をとるようにしましょう。水分が多い食事は唾液の分泌も増え、口腔内の乾燥予防にもなります。

 

夜勤だと起きている時に軽食を取りますが、ついついチョコやスナック菓子など簡単なものになりがちです。野菜サンドイッチやはるさめヌードルのような、バランスのよい食事がとれるといいですね。細胞壁を丈夫にするには緑黄色野菜や果物に含まれる酵素が大事です。青汁や旬の野菜、果物などで作ったスムージーを飲むだけでも効果あります。

 

3.体温を上げる(低体温を防ぐ)

実はこの「低体温」が一番ウイルスに罹りやすいのです。患者さんのバイタルはチェックしますが、ご自身の体温は測定していますか? 朝に婦人体温計で測定している人はいるかもしれませんが、夜勤明けや夕方なども測定してみてください。

 

36.0℃ 血行不良
35.5℃ 自律神経失調症のような状態で、新陳代謝が不活発
35.0℃ ガン細胞が活発化するといわれている

 

看護師さんの休憩室にはたいていコーヒーがありますが、コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは交感神経を優位にしますので、体温が下がってしまいます。


がぶのみに注意し、できるだけノンカフェインのハーブティーやルイボスティーなどを飲むようにしましょう。私もコーヒーをやめただけで体温が0.3℃上がりました。皆さんも控えてみることをお勧めします!

 


【浅井貴子】助産師・マタニティーアロマセラピスト・メディカルハーバリスト

 

大学病院、未熟児センター勤務後、フリー助産師として活躍中。「武蔵野大学付属産後ケアセンター」ボディケア責任者。
「プレママ★アロマ教室」などを開催し、産前、産後のアロマケアに定評がある。

http://www.mid-wife.info/

(最終更新日:2018年2月7日)

SNSシェア

コメント

0/100

ライフスタイルトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆検査の問題◆生化学検査で血液を採取した際、溶血していました。この場合、どの検査値に影響が出やすいでしょうか?

  1. コレステロール
  2. クロール
  3. カリウム
  4. ナトリウム

7809人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8100人の年収・手当公開中!

給料明細を検索