人工呼吸療法中の環境整備や全身管理

『本当に大切なことが1冊でわかる呼吸器』より転載。
今回は人工呼吸療法中の環境整備と全身管理について解説します。

 

 

勅使河原育美
さいたま赤十字病院ICU看護師
呼吸療法認定士

 

 

人工呼吸療法中の環境整備

ベッドの清掃などの環境整備は毎日行います。勤務ごとに、周囲の環境が整っているかを確認しましょう(図1図2図3)。

 

図1 ベッド周囲のイメージ

人工呼吸療法中のベッド周囲のイメージ

★1 深部静脈血栓症(DVT)(近日公開)

 

図2 患者さんとベッド周囲の環境の確認項目

人工呼吸療法中の患者さんとベッド周囲の環境の確認項目

 

図3 二股に分かれた酸素コネクタの例

二股に分かれた酸素コネクタの例

 


加温器の水や吸引チューブなど、ベッド周囲に必要な物品が準備してあり、すぐに使用できる状態か確認しましょう(表1)。

 

表1 ベッド周囲の備品の例(さいたま赤十字病院の場合)

人工呼吸療法中のベッド周囲の備品の例(さいたま赤十字病院の場合)

 

 

目次に戻る

人工呼吸療法中の全身観察

1)患者さん、2)人工呼吸器、3)モニター・検査値に分けて観察していくとよいです。観察したことを統合してアセスメントし、患者さんの全身状態を判断していきましょう(図4)。

 

図4 全身観察のポイント

人工呼吸療法中の全身観察のポイント

★1 A(Airway)
★2 B(Breathing)
★3 C(Circulation)
★4 D(Disability)
★5 CRT(毛細血管再充満時間)
★6 カプノメーター

 

目次に戻る

 

 


 

本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 呼吸器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 呼吸器』 編集/さいたま赤十字病院看護部/2021年3月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ