練状皮膚保護剤のペーストとパテはどう違うの?|ストーマケア

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、練状皮膚保護剤について解説します。

 

練状皮膚保護剤のペーストとパテはどう違うの?

 

ペーストは親水性ポリマーにアルコールなどが配合されています.ストーマ装具の下に充填し,その後皮膚と接触するとアルコールが揮発してある程度の硬さをもった塊となり,形状が維持されます.
パテはアルコールなどが配合されていないために,形状はくずれやすいという性質をもっています.

 

解説

用途はどちらも同じで,大きく分けて2つあります.

 

ストーマ装具を装着する部分の浅いしわやくぼみを埋めて補正し平面を得るために使用する場合と,ストーマとストーマ装具の間隙に充填して露出した皮膚を排泄物から守るために使用する場合です.

 

ペーストはアルコールによる刺激があるため,びらんなど皮膚障害がある場合には痛みを伴うことがあります.また,アルコール過敏症のある患者への使用は,アルコールによる血管拡張作用で一時的に発赤などが現れることがあり,注意が必要です.

 

ペーストを使用する時の工夫として,面板の裏にチューブから出して1分ほど置いておくと,アルコールが揮発して刺激を低減することができます(図1).

 

図1練状皮膚保護剤の使用例

練状皮膚保護剤の使用例

 

a.面板の裏にペーストを出し, 1分ほど置く.
b.ストーマに装着したところ.

 


[参考文献]

 

  • 1)ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.ストーマリハビリテーション 実践と理論.金原出版,2006.
  • 2)日本ET/WOC協会編.ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,2007.
  • 3)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

 


[Profile]
菅井亜由美 すがい・あゆみ
星ヶ丘厚生年金病院看護局看護科長/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ