用手形成皮膚保護剤,板状皮膚保護剤はどのような時に使用するの?

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、用手形成皮膚保護剤,板状皮膚保護剤について解説します。

 

用手形成皮膚保護剤,板状皮膚保護剤はどのような時に使用するの?

 

深いしわやくぼみがある時に,しわを補正して安定した平面を得るために使用する場合と,マッシュルーム型のストーマや装具に大きめの穴をあける必要がある時,ストーマ基部を保護するために使用する場合があります.
板状皮膚保護剤はコーティングしているフィルムにより柔軟性もさまざまで用途により選択します.用手形成皮膚保護剤はフィルムがないため,必要な量を必要な部分に使用できる利便性があります.

 

解説

板状皮膚保護剤も用手形成皮膚保護剤も用途は同じです.しわやくぼみの形状により適切な大きさにカットして使用します.板状皮膚保護剤はハサミを用いて形を作る必要がありますが,用手形成皮膚保護剤は手で成形することが可能です.どちらも,親水性ポリマーと疎水性ポリマーの配合比率により溶解や膨潤の程度が異なります.残念ながら配合比率は明らかにされていませんので,製品の選択や使用量を決めるには使用後の評価が必要です.

 

指導時に注意しておきたい点は,ストーマ周囲全周に使用する場合は問題ないのですが,部分的に使用する場合に,補正したい部分と逆方向に使用してしまうことです.たとえばストーマ周囲の3時方向に補正をしたい場合,装具にあらかじめ貼付すると装具の3時方向,つまり装着した時に9時方向になってしまうことがあります(図1).

 

図1事前に面板に補正を行う場合の注意

事前に面板に補正を行う場合の注意

 

また板状皮膚保護剤の場合は,面板にコーティングフィルム側を貼付し,皮膚に粘着させる側の皮膚保護剤面とは逆に貼付してしまい,排泄物のもぐりこみの原因になっていることがあり注意が必要です.

 


[参考文献]

 

  • 1)ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.ストーマリハビリテーション 実践と理論.金原出版,2006.
  • 2)日本ET/WOC協会編.ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,2007.
  • 3)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.

 


[Profile]
菅井亜由美 すがい・あゆみ
星ヶ丘厚生年金病院看護局看護科長/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ