消化管ストーマの単孔式と双孔式はどう違うの?

『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95』より転載。
今回は、消化管ストーマの単孔式と双孔式の違いについて解説します。

 

消化管ストーマの単孔式と双孔式はどう違うの?

 

単孔式ストーマは排泄口が1つであり,エンドストーマともいわれます.双孔式ストーマは排泄口が2つあり,係蹄式(ループ式)ストーマ,分離式ストーマがあります(図1).

 

図1ストーマの造設法による分類

ストーマの造設法による分類

 

解説

ストーマリハビリテーション学用語集1 )によると,単孔式人工肛門造設術は,「口側腸管断端部を人工肛門にする手術」,双孔式人工肛門造設術は,「腸管口側端を人工肛門に,肛門側端を粘液瘻に造る手術」と定義されています.

 

単孔式ストーマは,腹会陰式直腸切断術やハルトマン手術で造設されます.双孔式ストーマは,原発巣が切除できないときや,腸管の減圧時に造設され,粘液瘻から肛門側の粘液ドレナージを行います.

 

多くは,一時的ストーマで係蹄式(ループ式)ストーマと分離式ストーマに分けられます.

 

分離式ストーマには二連銃式ストーマ,完全分離式ストーマがあります.係蹄式(ループ式)ストーマが一般的ですが,疾病の種類や病態により分離式ストーマとなる場合もあります.

 

完全分離式ストーマの場合,それぞれにストーマ装具を装着する必要があることから,ストーマ間の距離を十分に確保する必要があります.

 

係蹄式(ループ式)ストーマの場合,腸管の脱落を防止する目的でロッドやネラトンを使用する場合もありますが,術後のケアが複雑となることから最近ではあまり使用されません.

 


[参考文献]

 

  • 1)日本ストーマリハビリテーション学会編.ストーマリハビリテーション学用語集.第2 版.金原出版,2003.
  • 2)西沢理監.泌尿器Nursing Note.改訂2 版.メディカ出版,2010,47─8.
  • 3)ストーマリハビリテーション講習会実行委員会編.ストーマリハビリテーション実践と理論.金原出版,2006.
  • 4)塚田邦夫ほか編.ストーマ手術アトラス.へるす出版,2002.
  • 5)伊藤美智子編.ストーマケア.学習研究社,2003,(Nursing Mook, 15).
  • 6)日本ET/WOC協会編.ストーマケア エキスパートの実践と技術.照林社,2007.
  • 7)原田俊子編.実践 尿路ストーマケア.ウロナーシング冬季増刊.メディカ出版,2000.

 


[Profile]
末平 智子 すえひら・ともこ
関西医科大学附属枚方病院看護部看護師長/皮膚・排泄ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社メディカ出版の提供により掲載しています。

 

[出典]『ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!』(編著)菅井亜由美/2013年4月刊行

 

ストーマ術後ケア まるっとわかるQ&A95 病棟での困りごとがこれで解決!

 

SNSシェア

看護知識トップへ