非人工呼吸管理の患者の鎮痛・鎮静管理

『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。
今回は、非人工呼吸管理の患者の鎮痛・鎮静管理について解説します。

 

〈目次〉

非人工呼吸管理で鎮痛・鎮静が必要な場合

身体抑制やチューブ類の留置,外傷や術後の創部痛,がん性疼痛など,人工呼吸管理中でなくとも重症患者さんはさまざまな疼痛の機会にさらされています.

 

PADガイドラインでは,すべての重症患者さんが疼痛を感じていると考え,鎮痛には第一選択として静注のオピオイドを選択することとされています.そして,鎮痛薬の投与で鎮痛を行うとともに,不安に対して必要最低限の鎮静を行います.

 

非人工呼吸管理における鎮痛・鎮静管理の注意点

非人工呼吸管理の患者さんは,気道確保がされていないため,鎮痛薬・鎮静薬による舌根沈下誤嚥,呼吸抑制に注意が必要です.鎮静薬の選択には十分な注意を払い,過鎮静を避けなくてはなりません.

 

非人工呼吸管理における鎮痛・鎮静のアセスメントの視点

不眠・不安・興奮・せん妄・疼痛など,どのような症状が問題となっているのかを評価し,対処を行うことで,不要な鎮静薬を使用せずに済むことがあります.

 

不穏は低酸素,発熱などの原因を除去することが大切です.不穏は,不眠が最初の症状である場合が多くあります.少しでも眠れる環境を提供することは,慣れない入院生活を援助するという視点からもとても重要です.

 

非人工呼吸管理の患者さんは,言語的コミュニケーションが取れることが多いので,患者さんの訴えに応じて睡眠のコントロール,不安の除去,せん妄のコントロール,鎮痛・鎮静を行います.

 

非人工呼吸管理におけるケアと鎮痛・鎮静

創傷処置や,侵襲的デバイスを挿入するなど,医療的処置が行われる場合には,鎮痛を適切に行いながら処置をします.

 


[Profile]
池谷 まゆ (いけや まゆ)
日本赤十字看護大学大学院 看護学専攻
成人看護学領域 修士課程

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

 

[出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行

 

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~

 

SNSシェア

看護知識トップへ