鎮痛薬には何がある?

『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。
今回は、鎮痛薬の種類と使用方法について解説します。

 

〈目次〉

鎮痛薬の種類・使用方法

鎮痛薬には,アセトアミノフェン,非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs),オピオイド(麻薬性鎮痛薬),神経障害性疼痛緩和薬,その他の鎮痛・解熱薬などがあります.

 

鎮痛薬としては,オピオイドが最も強力であり,術後や外傷性疼痛,がん性疼痛などに使われます.

 

したがって,本連載が主に対象とする重症患者さんの鎮痛には,多くの場合,オピオイドが用いられます.

 

鎮痛薬の投与方法は持続静注(IV)が基本ですが,他に,術後や慢性痛に対して硬膜外投与も行われます.硬膜外投与とは,硬膜外腔に留置されたカテーテルを通じて鎮痛薬を投与する方法です.

 

表1鎮痛薬の種類

 

  • アセトアミノフェン
  • 非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)
  • オピオイド(麻薬性鎮痛薬)
  • 神経障害性疼痛緩和薬
  • その他の鎮痛・解熱薬
  • ステロイド

 

one point神経障害性疼痛と侵害受容性疼痛

神経障害性疼痛とは,神経線維,脊髄など神経組織が損傷・圧迫された時に起きる痛みのことです.直接,痛いと感じる部分ではなく,損傷した神経の走行に沿った部位の痛みを言います.神経因性疼痛とも呼びます.

 

対して,侵害受容性疼痛とは,直接,痛いと感じる部分に原因があります.

 

代表的な鎮痛薬

ICU の重症患者さんへの鎮痛薬の第一選択は静注オピオイドです.

 

日本で使用される主な静注オピオイドには,フェンタニルとモルヒネがあります.フェンタニルとモルヒネの生理作用を表2に紹介します.

 

表2主な静注オピオイドの生理作用

主な静注オピオイドの生理作用

 

Barr J et al:Clinical practice guidelines for the management of pain, agitation, and delirium in adult patients in the intensive care unit. Critical Care Medicine 41(1):263-306, 2013 より筆者翻訳して引用]

 

オピオイドの副作用には,便秘,悪心・嘔吐,瘙痒感,尿閉,眠気,呼吸抑制などがあります.腸管運動抑制(便秘)はほぼ必発です.便秘に対する腸管運動賦活薬として,メトクロプラミド(プリンペラン)が投与されます.

 

オピオイドの使用量を減らし,副作用を軽減することを目的に,アセトアミノフェンやNSAIDs などの非オピオイド鎮痛薬を併用することもあります.

 

フェンタニル

フェンタニルは即効性でモルヒネの50~100倍の鎮痛効果があります.また,モルヒネのような血管拡張作用が少なく,腎機能への影響も少ないため,集中治療領域でよく用いられます.

 

維持投与量は1~2μg/kg/時です(体重50kgの成人にフェンタニル原液100μg/2mLを投与する場合,0.5~1mL/時の範囲で投与).

 

フェンタニルには換気応答を抑制(ONE POINT 参照)する作用があるため,副作用に呼吸抑制があります.しかし,相当な過剰投与がないと呼吸抑制は起こることはありません.

 

また,腸蠕動を抑制し,残量が増大し,腹部膨満や腸閉塞を起こすおそれがあるため,注意が必要です.

 

フェンタニルを用いて鎮痛を行う場合,デクスメデトミジンを併用することで,オピオイドの副作用を軽減できます.

 

one point換気応答の抑制とは?

人には呼吸調節機能が備わっており,二酸化炭素が多いもしくは酸素が少ない場合に,換気量を増やす働きがあります(換気応答).フェンタニルにはこの働きを抑制する作用があります.

 

そのため,たとえばフェンタニル原液(100μg/2mL)の場合,患者さんの症状に合わせて,0.7~1.25mL/時でコントロールして使用します.

 

モルヒネ

術後痛には5~10mgの筋肉内投与,人工呼吸中の鎮静効果も期待して用いる場合は5~10mgの静脈内投与が行われ,作用は4~5時間持続します.

 

作用時間が長いため,日本呼吸療法医学会の「人工呼吸中の鎮静のためのガイドライン」では,持続静脈内投与より間欠的投与がよいとされています.

 

血管拡張作用,ヒスタミン遊離作用があるため,血圧低下が起こりやすいです.腎障害がある場合は,モルヒネの代謝産物が蓄積しやすく作用が遷延するため,腎機能が正常である場合を除けば,モルヒネの使用を選択するには注意が必要です.

 


[Profile]
剱持 雄二
東海大学医学部付属八王子病院ICU・CCU 集中ケア認定看護師

 

*所属は掲載時のものです。

 


本記事は株式会社南江堂の提供により掲載しています。

 

[出典]『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~』(監修)道又元裕、(編集)剱持雄二/2015年2月刊行

 

基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座~せん妄予防と早期離床のために~

 

SNSシェア

看護知識トップへ