免疫血清検査の基準値一覧

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、免疫血清検査の基準値について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

〈目次〉

 

血漿蛋白

  基準値
免疫グロブリン

IgG:870〜1,700(mg/dL)
IgA:110〜410(mg/dL)
IgM:男 31〜200(mg/dL)
  女 52〜270(mg/dL)
IgD:13.0(mg/dL)以下
IgE:250(IU/mL)以下

 

β2- マイクログロブリン(β2-MG)

血清:0.8〜2.4(mg/dL)(RIA 法)

 

 

補体

  基準値
CH50(血清補体価)

30〜40(U/mL)

 

C3(補体第3 成分)

80〜140(mg/dL)(免疫比濁法)

 

C4(補体第4 成分)

11〜34(mg/dL)(免疫比濁法)

 

 

自己免疫・アレルギー

  基準値
リウマチ因子検査

RAテスト:陰性
RF定量:15(IU/mL)以下(ラテックス凝集比濁法)
RAPA:40倍未満
IgG型リウマチ因子:2.0(IU/mL)未満(EIA法)

 

抗ガラクトース欠損IgG 抗体

6.0(AU/mL)未満(ECLIA法)

 

MMP-3(マトリックスメタロプロテアーゼ-3)

男:36.9〜121.0(ng/mL)(EIA法)
女:17.3〜59.7(ng/mL)(EIA法)

 

抗核抗体(ANA)

陰性(40倍以下)(IFA法)

 

抗好中球細胞質抗体(ANCA)

C-ANCA:3.5(U/mL)(EIA法)
P-ANCA:9.0(U/mL)(EIA法)

 

抗ミトコンドリア抗体(AMA)

陰性(20倍未満)(蛍光抗体法)

 

サイロイドテスト

陰性(100倍未満)(PA法)

 

マイクロゾームテスト

陰性(100倍未満)(PA法)

 

アレルゲン特異IgE 抗体

陰性(0.34UA/mL 以下)(FEIA法)

 

 

感染症

  基準値
CRP(C 反応性蛋白)

定性:陰性
定量:0.3(mg/dL)以下

 

KL-6(シアル化糖鎖抗原)

500(U/mL)未満(ECLIA法)

 

A 型肝炎ウイルス検査

HA抗体:陰性
IgM-HA抗体:陰性

 

B 型肝炎ウイルス検査

①HBs抗原
②HBs抗体
③HBe抗原
④HBe抗体
⑤HBc抗体
※①~⑤は陰性( EIA法、RIA法、PHA法など)
⑥ HBV-DNA量:2.6(Log コピー/mL)未満(PCR法)
       3.7(LGE/mL)未満(TMA法)

 

C 型肝炎ウイルス検査

HCV抗体定性:陰性
HCV-RNA定性:陰性
HCV-RNA定量:検出せず
HCVウイルス型:1a型、1b型、2a型、2b型ともに検出せず

 

HIV 検査

〈スクリーニング試験〉
 PA法:陰性
 EIA法:陰性
〈確認試験〉
 WB法:陰性
   RNA定量(RT-PCR法):検出せず

 

HTLV 検査

PA法:16倍未満
EIA法:陰性
WB法:陰性
IFA法:5倍未満

 

インフルエンザ迅速検査

A型:陰性(イムノクロマト法など)
B型:陰性(イムノクロマト法など)

 

梅毒血清反応

STS:陰性
TPHA:陰性(80倍未満)

 

寒冷凝集反応

陰性(256倍未満)

 

ASO(抗ストレプトリジンO)

200(IU/mL)以下

 

 

腫瘍マーカー

  基準値
CEA(癌胎児性抗原)

5.0(ng/mL)以下(CLIA法)

 

AFP(α-フェトプロテイン)

10.0(ng/mL)以下(CLIA法)

 

PIVKA- Ⅱ

40.0(mAU/mL)未満(CLIA法)

 

CA19-9

37.0(U/mL)以下(CLIA法)

 

CA125

35.0(U/mL)以下(CLIA法)

 

SLX(シアリルLex-i 抗原)

38.0(U/mL)以下(CLIA法)

 

SCC 抗原(扁平上皮癌関連抗原)

1.5(ng/mL)以下(CLIA法)

 

CYFRA(シフラ)

3.5(ng/mL)以下(ECLIA法)

 

ProGRP(ガストリン放出ペプチド前駆体)

46.0(pg/mL)未満(EIA法)

 

NSE(神経特異エノラーゼ)

12.0(ng/mL)以下(ECLIA法)

 

PSA(前立腺特異抗原)

4.0(ng/mL)以下(CLIA法)

 

CA15-3

27.0(U/mL)以下(CLIA法)

 

可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)

190〜650(U/mL)(EIA法)

 

 

ホルモン

  基準値
成長ホルモン(GH)

成人男性:0.64(ng/mL)(CLEIA法)※
成人女性:0.11〜3.90(ng/mL)(CLEIA法)※
※ 小児の基準値は成人より高く、年齢によって変動する

 

ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)

早朝空腹時:10〜60(pg/mL)(IRMA法)

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン)

0.4〜4.0(μIU/mL)(CLIA法)

 

FT3(遊離トリヨードサイロニン)

2.4〜4.3(pg/mL)(CLIA法)

 

FT4(遊離サイロキシン)

0.9〜1.8(ng/mL)(CLIA法)

 

インスリン

3.0〜15.0(μU/mL)(CLIA法)

 

C- ペプチド

血清:0.8〜2.5(ng/mL)
尿:22.8〜155.2(μg/ 日)(ECLIA法)

 

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
 ●血清(mIU/mL)
 ●尿(mIU/mL)

●成人男性:3.0 以下
非妊婦:3.0 以下
妊娠6 週以下:2,700〜87,200
妊娠7 週〜10 週:6,700〜201,500
妊娠11 週〜20 週:8,700〜72,200
妊娠21 週〜40 週:4,300〜79,000
●成人男性:3.0 以下
非妊婦:3.0 以下
妊娠6 週以下:1,100〜27,000
妊娠7 週〜10 週:5,700〜190,000
妊娠11 週〜20 週:4,000〜81,000
妊娠21 週〜40 週:1,400〜44,500

 

エストロゲン
 ●エストラジオール
 E2(pg/mL)
 (RIA 固相法)

成人男性:15〜60
卵胞期:25〜100
排卵期:150〜450
黄体期:70〜220
妊娠前期:2,300〜7,400
妊娠中期:9,700〜18,400
妊娠後期:16,500〜32,400
閉経期:35 以下

 

●エストリオール
  E3(pg/mL)
  (RIA 法)

成人男性:5 以下
卵胞期:5 以下
排卵期:5 以下
黄体期:5 以下
妊娠前期:20〜100
妊娠中期:100〜10,000
妊娠後期:10,000〜40,000

 

プロゲステロン
(ng/mL)
(RIA 固相法)

成人男性:0.4 以下
卵胞期:0.1〜1.5
排卵期:2.5〜28.0
黄体期:5.7〜28.0
妊娠前期:9.0〜47.0
妊娠中期:17.0〜146.0
妊娠後期:55.0〜255.0
閉経期:0.2 以下

 

血漿レニン

血漿レニン活性:0.5〜2.0(ng/mL/ 時)(RIA法)

 

アルドステロン

57〜150(pg/mL)(RIA法)

 

コルチゾール

4.5〜21.1(μg/dL)(CLIA法)

 

BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)

18.4(pg/mL)以下(CLEIA法)

 

NT-proBNP(BNP 前駆体N 端フラグメント)

125(pg/mL)以下(ECLIA法)

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ