肺機能検査 (PFT:pulmonary function test)

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、肺機能検査 (PFT:pulmonary function test)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

肺機能検査 (PFT:pulmonary function test)の基準値

  • %肺活量:予測値の80%以上
    1 秒率 : 70%以上

 

〈目次〉

 

肺機能検査の定義

肺機能検査(呼吸機能検査)とは、肺で行われている酸素と二酸化炭素の交換が、正常に行われているかを評価するために行われる検査である。 
肺機能検査には、健診などで簡易的に行われる検査から、精密な診断・評価を目的とするものも含めると、非常に多くの検査項目がある。一般的に行われている検査は、肺気量分画、フローボリューム(FV)である。

 

肺気量分画

一般的に肺活量とよばれている検査項目である。この検査では安静時にしている普通の呼吸(1回換気量)と深呼吸(肺活量)を測定する。肺活量の予測値は、身長体重・性別・年齢からモノグラムという表によって求められ、肺活量は実測値と予測値の比較から%肺活量として評価される。

 

図1肺気量分画

 

%肺活量 =実測肺活量/ 予測肺活量×100

 

  • 全肺気量:肺に入る空気の量(肺の大きさ)
  • 肺活量:最大吸気位から最大呼気位までの量
  • 最大吸気量:平静呼気位(基準位)から最大吸気位までの量
  • 機能的残気量:平静呼吸において気道および肺内に残存する気量
  • 1 回換気量:平静呼吸をしているときの1回の呼吸の大きさ
  • 予備呼気量:平静呼気位からさらにできるだけ呼出して最大呼気位までの量
  • 残気量: 最大呼出の状態で、気道・肺内に残っている気量
基準値 %肺活量:予測値の80%以上

異常:80%未満

  • 拘束性換気障害
 

 

 

努力性肺活量

この検査は、1秒間にどれだけたくさん呼出できるかを調べる検査である。安静呼吸の後、肺いっぱいに息を吸い込み、一気に吐き出せるところまで呼出する(努力性肺活量)。努力性肺活量のうち、呼出から1秒間に吐き出された肺気量が1秒率として評価される。

 

図2努力性呼気曲線

努力性呼気曲線

 

1秒率=1秒間の呼出量/呼出量×100

 

基準値 努力性肺活量:肺活量(VC)と比較してやや多いか同じ/1秒率:70%以上

肺活量(VC)と比較して小さくなるほど気道の狭窄や閉塞が高度になる/異常:70%未満の時 閉塞性換気障害(気道の狭窄など)

 

 

 

 

フローボリューム曲線

努力性呼気曲線の縦軸を気速、横軸を気量に置き換えると、右図のような曲線(フローボリューム曲線)が描ける。この曲線の特徴は、型をみるだけで疾患のおおよその鑑別ができることである。

 

図3フローボリューム曲線(正常)

フローボリューム曲線(正常)

 

図4肺線維症

肺線維症

 

図5慢性気管支炎

慢性気管支炎

 

図6肺気腫

肺気腫

 

図7気管支喘息

気管支喘息

 

%肺活量と1秒率による肺障害の診断

%肺活量と1秒率による肺障害の診断

 

拘束性換気障害 

肺の収縮運動が制限されている状態

 

肺自体の収縮運動障害
胸郭系の収縮運動障害
神経呼吸筋の障害

閉塞性換気障害

胸郭系の呼出力の減衰・気道の狭窄

 

慢性閉塞性肺疾患:気管支喘息・肺気腫・慢性気管支炎
腫瘍による気管や太い気管支の狭窄

混合性換気障害

高度の肺気腫など肺疾患でかなり進行したもの

 

 

肺機能検査に関わる看護のポイント

検査時の留意点

  1. 検査の目的と内容を事前によく説明する(患者の意思や感情によって影響を受けやすい)。
  2. 食後1時間以上経過したあとに実施する(食直後は避ける)。
  3. 気管支拡張薬やコーヒー、紅茶など、検査に影響を与えるものは中止する。
  4. 排便、排尿を済ませておく。
  5. 身体を圧迫する衣類を身に付けない。
  6. 咳嗽の激しい場合は、事前に医師と相談し、鎮薬の与薬等をする。
  7. 喀痰の多い場合は、体位ドレナージ、スクイージングなどで排痰を促しておく。

 

看護援助(COPD 患者の場合)

増悪因子の除去

  • 禁煙指導(必要性の説明、禁煙パッチの使用などで禁煙を守れるよう励ます)。
  • 環境の調整(温度・湿度・換気に注意し、暖房使用時は加湿する。冷気の吸入を避ける。空気からの汚染を防ぐ)。
  • 感冒予防(休養、栄養、保温に注意する。手洗い、含嗽の励行)。

痰の喀出を促す

  • 1500mL/ 日以上の水分を摂取し、痰の粘稠度を低下させる。
  • ネブライザーによる加湿をする。
  • 効果的な咳の仕方を指導する。
  • 吸入療法を実施し、気管支を拡張させたり、痰の粘稠度を低下させる。

呼吸訓練

  • リラクゼーション
  • 腹式呼吸
  • 口すぼめ呼吸の実施
COPD:chronic obstructive pulmonary disease

慢性閉塞性肺疾患。気道の持続的な閉塞性障害を主徴とする疾患群につけられた総称。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ