水銀が0点にあることを確認しておくのはなぜ?|血圧測定

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は血圧計の水銀に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

水銀が0点にあることを確認しておくのはなぜ?

コックを開いて圧を加えない状態で水銀柱が0点にあることを確認するのは、水銀が不足していないか確かめるためです。

 

水銀が不足すると、0点以下に下がってしまいますので、こういう場合は水銀を補充します。

 

このほか、使用前にチェックしておきたいことは、マンシェットやカフからの空気漏れ、マノメーターのガラスの破損などです。なお、使用しない時は水銀槽のコックを締め、水銀がガラス管のほうに移行しないようにしておきます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ