血液の構成

『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は血液の構成について解説します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

血液の役割

血液とは全身組織に循環し、①物質(酸素、二酸化炭素、栄養素、ホルモン、各組織の代謝産物や老廃物)の運搬、②感染防御や免疫、③止血、④体温調節、⑤酸塩基平衡の維持、⑥体液量の維持、など生命維持に必須な役割を果たしています。

 

血液の構成

血液は血液成分(約45%)と血漿成分(約55%)から構成されています。

 

血液成分のうち約99%が赤血球、残り1%が白血球血小板です。血漿成分のうち約90%が水分で、残りは有機物(老廃物、脂質糖質タンパク質)と電解質(無機塩)です。血液に占める赤血球の割合をヘマトクリット値(Ht)と呼びます。

血液成分

 

赤血球

中央がくぼんだ円盤状の形をしていて、直径8μm,厚さ2μmの大きさをしています。赤血球はを持たず、その代わりに赤血球1個のなかに2億5,000万個のヘモグロビン(鉄を含んだタンパク質)があります。

 

このヘモグロビンが酸素と結合して、酸素ヘモグロビンとなり、酸素を全身に運びます。

 

基準値は男性で420〜570万/μL、女性で380〜500万/μLです。

 

白血球

大きな顆粒を持つ白血球(顆粒球)には、酸性の色素に染まる好酸球、塩基性の色素に染まる好塩基球、中性に色素に染まる好中球があり、小さな顆粒をもつ白血球には、単球とリンパ球があります。

 

白血球は生体防御にかかわる細胞で、細菌を捕らえて食べる作用があります(貪食作用)。食作用の50〜70%は好中球が担っています。単球は血管外に遊出するとマクロファージと呼ばれます。

 

基準値は4,000〜9,000μLです。

 

血小板

巨核球と呼ばれる大きな細胞質がちぎれてできた、直径2μmの小さな細胞です。

 

血管の損傷により血液が血管外へ失われるのを防ぐ生体防御反応である血液凝固にかかわっています。

 

基準値は15〜35万/μLです。

 

⇒〔病気のなぜ?〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』 (監修)山田 幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ