泌尿器系の構造

『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は「泌尿器系の構造」について解説します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

泌尿器系は、1対の腎臓と尿管および膀胱と尿道から構成されています。

 

腎臓の構造

腎臓は、脊柱の両側で第11胸椎から第3腰椎の高さで、後腹壁に付着し、壁側腹膜の後方に位置しています。

腎臓の位置

 

ソラ豆に似た形をした左右1対の臓器です。右側には肝臓があるため、右の腎臓は左の腎臓より約3cm下に位置しています。片方の腎臓の大きさはヒトの握りこぶしよりやや大きく、重さは120〜150gほどです。

 

内側にあるくぼみは腎門と呼ばれ、尿管や腎動脈、腎静脈、神経が出入りしています。

 

腎臓は皮質(表面)と髄質(深層)に区別され、皮質は血液を受けるために赤く、髄質は尿を送り出す管構造となっているため、淡い色調となっています。

 

腎小体(マルピーギ小体)

毛細血管が集まった糸球体とそれを包むボウマン嚢で構成されています。直径0.2mmほどの大きさで、1個の腎臓に約100万個が備わっています。

 

ネフロン

尿の生成の機能単位で、1個の腎小体から1本の尿細管が出るため、これをまとめネフロン(腎単位)と呼んでいます。

 

尿細管

ボウマン嚢から出る長さ約15cmの管です。尿細管は全長にわたって毛細血管に囲まれ、ここで原尿に含まれる電解質や水の再吸収が行われます。

 

膀胱と尿道

膀胱は、腎臓で生成された尿を一時的に溜めておく筋性の袋状の器官で、骨盤内腔に位置します。上面から後面は腹膜よっておおわれており、丸みを帯びた三角錐の形状をしています。腎臓から続く左右一対の尿管が開口し、尿はここから膀胱内へと集められます。

 

尿道は長さは、男性では約20cm、女性では約4cmです。

 

⇒〔病気のなぜ?〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』 (監修)山田 幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ