コルチゾール|ホルモン | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、コルチゾールについて解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

コルチゾールの基準値

  • 4.5~21.1(μg/dL)(CLIA法)

 

〈目次〉

 

コルチゾールの定義

視床下部-下垂体-副腎皮質系の機能異常を調べるための検査で、副腎機能亢進症やクッシング症候群、副腎機能低下症などの診断のときに行われる。

 

コルチゾールは、副腎皮質束状層から分泌されるホルモン糖質コルチコイドで、副腎皮質刺激ホルモンにより分泌調節されている。

 

コルチゾールの異常とその原因

 

 

  • クッシング症候群(過形成、腺腫など)
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 異所性ACTH産生腫瘍
  • ストレス
基準値 4.5~21.1(μg/dL)(CLIA法)
  • 副腎皮質機能低下症
  • アジソン病
  • 下垂体機能低下症
  • 先天性副腎皮質過形成
 

 

 

図1クッシング症候群を示した副腎皮質腺腫(副腎の割面)

クッシング症候群を示した副腎皮質腺腫(副腎の割面)

 

コルチゾールと他の検査との関連性

種々の負荷試験(ACTH負荷、インスリン負荷、副腎皮質刺激ホルモン剤〔CRH〕負荷など)、デキサメタゾン刺激試験、メトピロン試験、尿中17-OHCS、17-KSを行い、視床下部-下垂体-副腎皮質系機能を詳しく調べる。

 

コルチゾールの検体の取り扱い

  • 検体は、血清で凍結保存可能である。
  • 日内変動があるので、採血する時刻を一定にし、安静にして採血する。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ