TSH(甲状腺ホルモン、thyroid stimulating hormone)|ホルモン | 検査

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)の基準値

  • 0.4~4.0(μIU/mL)(CLIA法)

 

〈目次〉

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)の定義

甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、視床下部から分泌される甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)によって、下垂体から分泌されるホルモンである。TSHは、血行を介して甲状腺に運ばれ、甲状腺ホルモン(トリヨードサイロニン:T3、サイロキシン:T4)の分泌を刺激する。

 

TSHやTRHは、ネガティブ・フィードバック機構によって調節されている。すなわち、甲状腺ホルモン(T3、T4)が増加するとTRHとTSHが減少し、甲状腺ホルモン(T3、T4)が減少するとTRHとTSHが増加する。

 

甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、甲状腺機能性疾患を疑う場合に甲状腺ホルモン(FT3、FT4)とともに行われる検査である。

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)の異常とその原因

 

 

基準値 0.4~4.0(μIU/mL)(CLIA法)
 

 

 

図1橋本病の組織像

橋本病

 

図2バセドウ病の組織像

バセドウ病

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)と他の検査との関連性

甲状腺機能検査では、基本的に甲状腺刺激ホルモン(TSH)と甲状腺ホルモン(FT3、FT4)を同時に測定し、総合的に判断する。

 

TSHが低値で甲状腺ホルモンが高値の場合、バセドウ病がほとんどである。バセドウ病の場合、TSHレセプター抗体の検査が非常に重要で、その測定により治療の効果や病態を把握できる。

 

TSHが高値で甲状腺ホルモンが低値の場合、橋本病がほとんどで、超音波検査、サイロイドテスト、マイクロゾームテストを行う。

 

血清で凍結保存可能である。

 

血中TSH値は、治療薬剤や検査薬剤により変動するので注意を要する。

 

TSH(甲状腺刺激ホルモン、thyroid stimulating hormone)に関わる看護のポイント

看護に必要な情報

疾病の有無と程度

患者の訴えと原因となる疾病との関連

診察と検査の結果

疾病に関連する症状の有無と程度

治療の有無とその内容および効果

薬剤使用の有無

 

看護援助

<甲状腺機能亢進の場合>

心身の安静

  • 安静の必要性を理解してもらう。
  • 悩みなどを訴えやすい環境の調整をする。
  • 風とおしのよい涼しい病室環境をつくる。
  • 発汗が多いので、清拭、寝衣交換などを適宜行い、身体の清潔を維持する。

食事援助

  • 高エネルギー、高蛋白、高ビタミン食を基本とし、消化吸収のよい食品を選ぶ。
  • コーヒーや紅茶類は避ける。
  • 水分を十分補給する。

薬物療法への援助

  • 長期間継続服用するので、患者指導を徹底する。
  • 副作用の観察を行う。また患者にも説明する。

 

<甲状腺機能低下の場合>

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ