免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)|血漿蛋白 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の基準値

  • IgG:870~1700(mg/dL)
  • IgA:110~410(mg/dL)
  • IgM:♂31~200 ♀52~270(mg/dL)
  • IgD:13.0(mg/dL)以下
  • IgE:250(IU/mL)以下

 

〈目次〉

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の定義

血清中には、おもに微生物から身体を守る働き(液性免疫能)をする免疫グロブリンが存在し、IgG・IgA・IgM・IgD・IgEの5種類の免疫グロブリンクラスが存在する。個々の免疫グロブリンの測定の意義は以下のとおりである。

 

IgG・IgA・IgM

通常同時に測定し、感染症、腫瘍、自己免疫疾患などのモニタリングとして測定することが多い(測定法:免疫比濁法)。

 

IgD

IgD型骨髄腫の診断目的に測定される以外には、通常測定されることは少ない(測定法:ネフェロメトリー法)。

 

IgE

アレルギー疾患(Ⅰ型アレルギー)や寄生虫疾患が疑われたとき、また経過観察のために測定される(測定法:EIA法)。

 

免疫グロブリン検査は、スクリーニング的検査の蛋白分画で血漿蛋白異常が疑われ、免疫グロブリンの質的・量的異常が考えられる場合に進める検査である。

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の異常とその原因

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の異常とその原因

 

図1IgG・κ型骨髄腫の免疫電気泳動

IgG・κ型骨髄腫の免疫電気泳動

 

図2蛋白分画の異常泳動パターン

蛋白分画の異常泳動パターン

 

多発性骨髄腫症例におけるγグロブリン分画の異常ピーク:M蛋白の出現による異常ピーク

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)と他の検査との関連性

免疫グロブリンと関連する検査は血清総蛋白(TP)、A/G比、蛋白分画、膠質反応、血沈値、リウマチ因子、パイログロブリン、クリオグロブリンなど。免疫グロブリンが増加の場合、多クローン性を疑うときは原疾患を検索・精査し、単クローン性を疑うときは免疫電気泳動で同定する。

 

IgEの増加でアレルギーが疑われる場合は、皮膚試験、アレルゲン特異IgE、マルチアレルゲンなどの検査でアレルゲンを検索する。

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検体の取り扱い

血清で凍結保存可能であるが、採血後すみやかに提出、血清分離する。

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検査のポイント

どのようなときに検査するのか

血清蛋白異常症を疑うとき

慢性あるいは反復性の感染症、急性感染症の回復期、慢性肝炎や肝硬変などの肝疾患、関節リウマチ、SLEなどの自己免疫疾患や炎症性疾患など

 

蛋白血症を疑うとき

多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、良性単クローン性γ-グロブリン血症など

 

免疫不全症を疑うとき

感染症を反復し、低γ-グロブリン血症を伴えば、免疫不全状態が疑われる。治療の目的で強力な免疫抑制をかけたり、悪性腫瘍に対する化学療法やステロイド剤の長期投与によっても、免疫グロブリンの低下が起こる

 

免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)に関わる看護のポイント

看護援助(免疫不全患者の場合)

感染防止

  • 手洗い、速乾式すり込み式消毒剤の使用。マスク、ガウンテクニックなどを厳重に行う場合もある。
  • あらゆる感染から患者を守るようにする。
  • 面会人を制限し、面会者には手洗い、マスク・ガウン着用を厳守してもらう。生水、生食(さしみ、生野菜など)を禁止し、加熱した食品を摂取する。ベビーフード、パックゼリーなどを1回で食し、食べ残しは食べない。抗真菌薬入りの含嗽剤、ネブライザーを適宜使用する。
  • 温水洗浄便座などの使用により、陰部の清潔を保つ。
  • 排便コントロールをし、努責をしない。
  • 全身清拭、洗髪などを実施し、清潔に努める。

免疫療法への援助

  • 免疫抑制薬の与薬を正確に行う。
  • 長期間にわたり治療が続けられ、閉鎖空間での生活になるため、カレンダー、絵などで視覚に変化をつける。また、あきらめず根気よく治療が続けられるよう援助する。
  • 使用薬剤による副作用の確認と、異常の早期発見に努める。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ