硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)|膠質反応 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、硫酸亜鉛混濁試験(ZTTZTT:zinc sulfate turbidity test)、チモール混濁試験(TTT:thymol turbidity test)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)の基準値

  • 硫酸亜鉛混濁試験(ZTT):4~12(U)
  • チモール混濁試験(TTT):0~5(U)

 

〈目次〉

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)の定義

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)ともに血清膠質反応の代表的な検査で、アルブミンとグロブリンの量的変化を沈殿反応としてみる方法である。

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)は、血清に硫酸亜鉛液を加えることにより、γ-グロブリンと亜鉛イオン(Zn2+)が反応して生成する混濁を測定する方法である。混濁度がγ-グロブリンの濃度と比例することを利用し、肝臓機能を調べる。

 

チモール混濁試験(TTT)は、血清蛋白中のγ-グロブリン、β-グロブリンがチモールと反応して生成する混濁を測定する方法である。グロブリンの増加で混濁度を増し、アルブミンの減少で混濁度は低下するため、混濁度により血清中蛋白の構成比異常の変動がわかる。また、脂質やリポ蛋白の増加でも混濁度が増す。

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)の異常とその原因

γ- グロブリンが増加する疾患(慢性炎症、膠原病など)では、ZTT、TTT ともに高値を示す。

 

 

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)

肝臓病
  • 肝硬変で著明に増加
  • 慢性肝炎、肝臓癌など
基準値 ZTT:4~12(U)

 

 

 

チモール混濁試験(TTT)

肝臓障害
  • ウイルス性肝炎など肝実質障害
  • 急性・慢性肝炎、肝硬変など(閉塞性黄疸では正常)
基準値 TTT:0~5(U)

 

図1肝硬変

肝硬変

 

図2劇症肝炎

劇症肝炎

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)の検体の取り扱い

TTTは食事の影響を受けるので、空腹時に採血する。

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)の他の検査との関連性

疾患の疑い

AST、ALT、γ-GTP、AFP、蛋白分画

 

感染症の疑い

赤沈、CRP

 

膠原病などの疑い

抗核抗体、蛋白分画

 

多発性骨髄腫の疑い

蛋白分画、免疫グロブリン、カルシウム、粘度

 

硫酸亜鉛混濁試験(ZTT)、チモール混濁試験(TTT)に関わる看護のポイント

看護援助

心身の安静

  • 疼痛などのストレスの除去に心がける。
  • 臓器血流を維持するため、臥床安静とする。
  • 必要により十分な酸素を供給し、細胞の活性を促す。
  • 制限に応じた日常生活の援助を行う。
  • 安楽な体位の工夫をする。

食事療法

  • 良質な蛋白質を摂取し、十分な栄養補給をする。
  • 必要に応じ塩分制限をする。
  • 食欲不振を伴うときは消化のよい食物を少量ずつ摂る。
  • 栄養摂取量を正確に観察し、必要量に近づけるようにする。食物の温度、色彩、香りなどの工夫をする。腸蠕動を活発化し、嘔気を誘発しやすい食物を避ける。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ