LDL-コレステロール|脂質 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、LDL-コレステロール(LDL-C:low density lipoprotein-cholesterol)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

LDL-コレステロールの基準値

  • 適正域:120mg/dL未満
  • 境界域:120~139mg/dL

 

〈目次〉

 

LDL-コレステロールの定義

HDL-コレステロールがいわゆる“善玉コレステロール”とよばれるの対して、LDL-コレステロールは“悪玉コレステロール”とよばれている。

 

このLDL-コレステロールは肝臓から全身の細胞へコレステロールを運ぶ働きをし、LDL-コレステロールの上昇はコレステロールの血管壁への沈着を促進させる作用を示し、血管壁のアテローム形成を増長し、動脈硬化や心筋梗塞の発生の危険度が上昇する。

 

また、LDL-コレステロールによるアテローム形成は傷害のない血管壁では起こりにくいが、血圧血糖値が上昇あるいは喫煙ストレスの関与による血管壁に傷害があると、アテローム形成に移行することが知られている。

 

低比重リポ蛋白(LDL)は粒子径の異なるいくつかの亜分画より構成されているが、そのなかで粒子径が小さく、また密度の高いものを小型高密度LDL(smalldenseLDL)とよび、動脈硬化惹起性がより強く、“超悪玉コレステロール”ともよばれる。

 

LDL-コレステロールの計算式

 

LDL-コレステロールの判定基準

善玉コレステロールであるHDL-コレステロール値が高いため、総コレステロール値が高くなる場合もあるので、最近の脂質異常症(いわゆる高脂血症)の判定基準としては以下のようになった。

 

表1脂質異常症(高脂血症)の判定基準

脂質異常症(高脂血症)の判定基準

 

LDL-コレステロール/HDL-コレステロール比が2以下になるような指導を推奨する場合もある。

 

図1動脈硬化

動脈硬化

 

動脈壁内膜の肥厚と内腔の高度の狭窄

 

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ