総コレステロール(TC:total cholesterol)|脂質 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、総コレステロール(TC:total cholesterol)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)の基準値

  • 128~219(mg/dL)

 

小児の場合

  • 125~230(mg/dL)

 

〈目次〉

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)の定義

血液中のコレステロールは、脂肪酸と結合していない遊離型コレステロール(約30%)と脂肪酸と結合した状態であるエステル型コレステロール(約70%)の2種類の形で存在し、これを併せて総コレステロールと呼ぶ。コレステロールは体内に広く分布し、細胞膜の構成、胆汁やステロイドホルモンの前駆物質になるなど、重要な機能をもつ。

 

総コレステロールには肝臓で合成される内因性のものと、食物摂取による外因性のものがある。これらは水に溶けないため、血清中では蛋白質と結合し、リポ蛋白として存在する。

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)の異常とその原因

 

 

原発性
  • 家族性高コレステロール血症、複合型高脂血症など
続発性
基準値

128~219(mg/dL)

 

125~230(mg/dL)小児

 

原発性
  • α-リポ蛋白欠損症、無βリポ蛋白血症あるいは低βリポ蛋白血症など
続発性
 

 

 

図1副腎皮質腺腫(クッシング症候群)

副腎皮質腺腫(クッシング症候群)

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)の原因

総コレステロールの変動をきたす原因

  1. アポリポ蛋白異常
  2. コレステロール合成の亢進・低下、およびコレステロール排泄異化障害・摂取不良(おもに続発性の異常値)
  3. レセプター異常
  4. 生理的変動
    短期間の食事による変動はみられないが、長期的には食事の影響も受けることがある。また季節変動や女性では閉経による影響も受ける。

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)と他の検査との関連性

動脈硬化の診断には、後に述べるHDL-コレステロール、トリグリセリド(TG)、LDL-コレステロールとの関連が重要である。

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)の検体の取り扱い

食事によるコレステロール値の影響はないが、生理的日差変動は大きく、健常人で約20mg/dLの幅がある。

 

総コレステロール(TC:total cholesterol)に関わる看護のポイント

看護に必要な情報

年齢、身長、体重、肥満度

性差

加齢とともに増加。男性は40歳代、女性は更年期に増加

 

食事摂取量および内容

食習慣、嗜好

 

生活習慣とリズム

運動習慣、喫煙量、飲酒量など

 

コレステロール異常の原因と程度

疾病の有無と程度

 

看護援助

総コレステロールは動脈硬化の進展に重要な影響を及ぼすため、日常の食事療法、アルコール制限、禁煙指導、血圧管理が大切である。

 

食事療法

  • 食事全体の脂肪エネルギー比率を30%以下に下げる。炒める・揚げる料理より、ゆでる・焼く料理にする。
  • 卵類、魚介類、乳製品、レバー類など、食品中にコレステロールの多い食品を避ける。
  • アルコールの制限をする。アルコールは高エネルギーであり、また脂肪に転換しやすく、脂肪肝や体脂肪の増加につながりやすい。
  • 肥満の場合、低カロリーで満腹感が得られる食べ方の工夫をする。汁物、野菜類から食べ始める。

運動療法の援助

  • 食事療法の補助手段として併用する。
  • 1日1万歩の歩行をめざす。

血圧の管理

  • 動脈硬化のある人は、高血圧を助長する因子を除去する。塩分制限、肥満の予防、喫煙・飲酒などの制限する。
  • 多量の飲酒習慣は、カロリーや塩分の摂取過多になりやすい。大量飲酒後の脱水状態は血液濃縮をまねき、脳梗塞心筋梗塞の誘因になりやすい。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ