血清鉄(Fe)|電解質・金属 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、血清鉄(Fe)について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

血清鉄(Fe)の基準値

  • ♂:60~200(μg/dL)
  • ♀:50~160(μg/dL)

 

〈目次〉

 

血清鉄(Fe)の定義

人体には3~4gの鉄(Fe)が存在する。その約70%はヘモグロビン、ミオグロビンおよびヘム酵素として存在し、約20~30%はフェリチンやヘモジデリンとして肝・脾・骨髄・筋肉などに取り込まれる。血清中には約3~4mgしか存在しない。

 

血清中の鉄は、すべてトランスフェリンという蛋白質に結合している。トランスフェリンには鉄と結合していないものがあり、健常人ではトランスフェリンの約1/3が結合し、2/3は結合していない。

 

すべてのトランスフェリンと結合できる鉄の総量を総鉄結合能(TIBC)、未結合のトランスフェリンと結合できる鉄量を不飽和鉄結合能(UIBC)といい、これらの間には以下のような関係がある。

 

血清鉄は男女差があり、男性のほうが高値を示す。

 

血清鉄(Fe)の異常を示す場合

基準値 ♂:60~200(μg/dL)
♀:50~160(μg/dL)

 

血清鉄(Fe)の異常値の原因

 

血清鉄(Fe)の検体の取り扱い

血清鉄値が正常であっても血清フェリチン値が低値を示す場合は、潜在的鉄欠乏状態といえる。

 

鉄欠乏性貧血では消化管出血子宮筋腫による出血が原因となる場合があるため、消化管や婦人科の検査を行う必要がある。

 

血清鉄(Fe)の検査時の注意点

血清鉄は朝高く夜間低い。その変動は50μg/dL以上に及ぶため、採血は早朝空腹時が望ましい。

 

食事の影響はないが、お茶は控える。

 

採血時の溶血に注意する(血球中ヘモグロビン内の鉄の流出)。

 

血清鉄(Fe)に関わる看護のポイント

看護に必要な情報

血清鉄異常の原因

鉄欠乏性貧血再生不良性貧血溶血性貧血、真性多血症肝炎、肝硬変

 

鉄排出の増加および蛋白質の消費増大の有

消化管出血、月経過多など

 

鉄の需要増大の有無

妊娠、授乳期、思春期など

 

摂取障害の有無とその程度

偏食、粗食、食欲不振、嚥下困難など

 

鉄の吸収障害の有無とその程度

切除後、慢性下痢など

 

貧血の症状の有無と程度

全身倦怠感、眠気、めまい鳴り、動悸息切れなど

 

肝炎、肝硬変の有無と程度

治療の有無と程度

治療内容とその効果

 

看護援助

食事療法

  • 高蛋白・高エネルギー食:蛋白質85~100g、エネルギー2000~2400kcalを目安とする。
  • 必須アミノ酸を多く含む動物性蛋白質で補うことが望ましい。
  • ビタミンCは鉄の吸収を促進させる。
  • 摂取量を確認し、摂取法を工夫する。
  • アルコールは赤血球合成を阻害するため、鉄欠乏症では禁酒する。
  • 若い女性にみられる貧血は、食事からの鉄分摂取不足によるものが多い。レバーや緑黄色野菜などの鉄分の多い食品を積極的に摂取するように勧める。

安静(制限に応じた日常生活の援助)

  • 運動は組織細胞の酸素不足を助長し、さらに赤血球の崩壊を促進させる。運動は動悸、息切れ、めまいなどが出現しない程度とする。

保温

  • 室温の調節、保温器具の使用など、余分なエネルギーを使わせない。
  • 高齢者の場合、寒さを自覚するまで時間を要するので、保温に留意する。
  • 就寝前の足浴、手浴などの実施。

皮膚、粘膜を清潔にする

  • 口腔内の不快感は食欲を減退させ、全身状態を悪化させる。

転倒、外傷の予防

  • ゆっくりした動作で誘導。
  • 歩行時の付き添い。
  • 危険物の除去。

薬物療法の管理

  • 薬物の作用、副作用を理解し、異常の早期発見に努める。
  • 鉄剤の服用時は便の色が黒くなることを説明する。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ