出血時間 | 検査値早わかりガイド

看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。

 

今回は、出血時間について解説します。

 

江口正信
公立福生病院部長

 

出血時間の基準値

  • 1〜5(分)

 

〈目次〉

 

出血時間の定義

出血時間は、一次止血血小板の数、機能、血管の機能)を反映する検査である。小さな刃(メス、ランセットなど)で皮膚に深さ約3mmほど穿刺し、30秒ごとに血液を濾紙で吸い取り、濾紙に血液が付かなくなるまでの時間を測定する。

 

出血時間の検査法

デューク(Duke)法・・・(図1

  1. 穿刺部位は垂(耳たぶ)。アルコール綿で耳垂を消毒し、メスで深さ約3mmになるよう穿刺する。消毒時に強く拭くと充血し、出血時間が延長する。
  2. 30秒ごとに濾紙で血液を吸い取る。このとき、傷口には触れないようにする。
  3. 濾紙に血液が付かなくなったら、血液が付いた最後の時間を出血時間とする。

図1デューク法による出血時間 の測定

デューク法による出血時間
の測定

 

3 分30 秒の出血を示す

 

アイビー(Ivy)法

  1. 穿刺部位は前腕尺骨側。血圧計で40mmHgの圧をかけて穿刺する。
  2. 以下はデューク法の②〜③と同様。

※現在では多くの場合、デューク法で行われる。

 

出血時間の異常とその原因

 

 

テクニカルミス

  • 穿刺の深さが足りない、など
基準値 1〜5(分)
延長

血小板数減少

血小板機能低下

  • 血小板無力症、本態性トロンビン血症、尿毒症、本態性血小板血症(ET)(数は増加する)、アスピリンなどの薬剤の影響

凝固因子異常

  • フォンウィルブランド病、第Ⅴ因子欠乏症、先天性無フィブリノーゲン血症、人工透析後など

血管異常

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症、血管性仮性血友病、重篤な感染症、薬剤・蛇毒の中毒、老人性紫斑病、ステロイド剤大量使用など
 

 

 

出血時間に関わる看護のポイント

看護に必要な情報(出血傾向のある場合)

血小板異常の原因とその有無

(産生低下、破壊亢進、消費性凝血障害)

 

疾病の有無とその程度

出血の有無、量、範囲など

出血傾向に対する検査の結果

出血傾向の有無と程度

治療の有無とその内容

 

看護援助(出血傾向のある場合)

出血を起こさない(摩擦、打撲、外傷の予防)

  • ベッド、トイレなどの設備や備品の整備、廊下やトイレの床に滑り止めをする。
  • ベッドや椅子の角などをシーツやタオルなどでおおう。
  • 寝具や寝衣のしわを伸ばし、布地はやわらかい素材のものを選択し、過度な摩擦を避ける。

爪の手入れ

  • 出血部位の不快のため、その部位を掻いたりして出血や再出血を起こすことがあるので、を短く、引っかかりがないよう、ヤスリなどで滑らかにしておく。またその際には傷をつけないよう注意する。

皮膚、粘膜の保護と保清

  • とくに口腔、鼻腔粘膜は出血しやすいので、材質のやわらかいブラシを使用する。必要に応じて綿棒や水歯みがきなどを用いる。
  • 乾燥によって粘膜に亀裂などを生じ、出血や感染を起こしやすいので、室温、湿度に留意し、必要に応じてアズノールなどを塗布する。

陰部の清潔

  • 温水などによる洗浄や清拭を頻回にする。

排泄の援助

  • 便秘の予防をし、努責による肛門部の出血や、他の臓器、皮下出血を防ぐ。

食事の援助

  • 高エネルギー、高蛋白質、高ビタミン食の摂取。
  • 食欲増進のために患者の好みを取り入れたり、刺激の少ない食事を考える。

 

⇒〔検査値ガイド一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 検査値早わかりガイド 第2版』 (編著)江口正信/2014年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ