人体の構造と機能(67問) 人体の基本的な構造と正常な機能

第94回 下腿骨骨折時のギプス固定中に起こりやすいのはどれか。

  • 1. 腓骨神経麻痺
  • 2. 橈骨神経麻痺
  • 3. 尺骨神経麻痺
  • 4. 坐骨神経麻痺

解答・解説

1. 腓骨神経麻痺
腓骨神経は膝の外側の腓骨頭を走行し、前脛骨筋を支配し、足の背屈(つま先を上げる運動)に関わる。下腿のギプス固定、分娩台、側臥位などで障害されやすい。
2. 橈骨神経麻痺
橈骨神経は前腕の背側(手の甲側)を走行する神経である。
3. 尺骨神経麻痺
尺骨神経は前腕の尺側(小指側)を走行する神経である。
4. 坐骨神経麻痺
坐骨神経は大腿の背側(ももの裏)を走行する神経である。
看護roo!公式・国試対策Twitter @kangoshi_2018 必修過去問480問から毎日5問ずつ出題中 約100日で一通り学習できます。めざせ必修満点!
看護師国家試験過去問題集トップへ