参考文献

『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』高木康 編著、サイオ出版、2016年

江口正信、他:新訂版 検査値早わかりガイド、第2 版、サイオ出版、2014
高木康、田口進:最新版病院で受ける検査がわかる本、法研、2003
和田攻編:臨床検査ガイド2001〜2002 、文光堂、2001
藤実彰一:「イラスト」めまいの検査、日本平衡神経科学会編、診断と治療社、2001
扇谷茂樹編:ナースのための検査メモ、第3版、南江堂、2001
稲垣敬三、他:看護に活かす疾患の知識Part 1、ナーシングカレッジ7月別冊、2001
小林享:心臓インターベンション治療の実際、p 68 - 71 、総合循環器ケア、創刊号、日総研出版、2001
小栗豊子編:患者検体からの病原微生物の検査法、臨床微生物検査ハンドブック:26 - 31、三輪書店、2000
高橋洋、渡辺彰:喀痰・気道内吸引痰、臨床と微生物、27:251 - 254 、2000
西山宏幸:検体採取容器と検体の保存、臨床と微生物、27:335 - 343 、2000
小林芳夫:血液、臨床と微生物、27:307 - 311 、2000
門田晃一、公文裕巳:泌尿生殖器、臨床と微生物、27:283 - 287 、2000
角田隆文:糞便、直腸粘液、臨床と微生物、27:275 - 281 、2000
土方浩美編:ポケット版整形外科ケアマニュアル、照林社、2000
小林武夫編:新図解耳鼻咽喉科検査法、金原出版、2000
高木康:わかりやすい臨床検査、じほう、 2000
柏木育子、他:検査を受ける患者の病棟看護ガイド、医学書院、1998
久保武、安藤邦子、阪上雅史、山田繁代:耳鼻咽喉科ナーシングプラクティス、文光堂、1998
日本口腔・咽頭科学会編:口腔咽頭疾患の検査法、金原出版、1998
渡邉郁緒、新美勝彦:イラスト眼科、文光堂、1998
岡島重孝、美田誠二編:基本検査ハンドブック、照林社、1998
藤田紘一郎監修:パラサイトワールドへようこそ、バイエル・ブックレットシリーズ41 、1997
西崎統監修:検査値読み方マニュアル、ブレーンドットコム、1997
日本臨床微生物学会編:微生物検査マニュアル−喀痰検査法’ 96−、一般的喀痰検査の実際、日本臨床微生物学雑誌、Vol. 6 、S- 1 : 1 - 13 、1996
西尾剛毅、他編:消化器外科エキスパートナーシング、南江堂、1996
村松準:ナースのための心電図トレーニング、照林社、1995
形浦昭克編:ナースのための耳鼻咽喉科学、南山堂、1995
高橋章子編:最新・基本手技マニュアル、照林社、1995
安藤幸夫:病院の検査がわかる検査の手引き、改訂第3版、小学館、1995
橋本信也編:新・検査マニュアル、照林社、1993
羽倉稜子編:糖尿病ケアマニュアル、照林社、1993
薄井坦子:ナースが視る人体、講談社、1991
金子光、小林富美栄:系統看護講座専門11 、成人看護学8、医学書院、1991
斎藤宣彦:ナースのための循環器レクチュア、文光堂、1990
大谷清、小山典子:ベッドサイドナーシング整形外科、第2版、医学書院、1990
内藤壽喜子監修:1年で習得すべき知識と技術、へるす出版、1990
日本臨床衛生検査技師会ライブラリー12:輸血検査の実際
稲田俊也、他:精神科専門医のためのプラクティカル精神医学、p. 213 - 220 、中山書店、2009
佐藤和典、他:なぜ必要? 何を意味する?まるわかり肝機能検査、消化器外科NURSING 、18(10)、2013
佐藤和典、他:肝機能検査、ナースのための術前術後& がん化学療法時の検査、消化器外科NURSING 、16(8)、2011
佐藤豊二:肝機能検査;インドシアニン・グリーン試験、これだけは知っておきたい機能検査のポイント、Medical Technology 、28(2)、2000
日本腎臓学会編:CKD診療ガイド2012
日本糖尿病学会編著:糖尿病治療ガイド2014 - 2015、文光堂
谷口信行編:基本をおさえる心エコー、羊土社、2014
医療情報科学研究所編:病気がみえる;No. 2 循環器、メディックメディア、2013
松田暉、他:疾病と検査、南江堂、2010
循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2012年改訂版)
飯野四郎、他監:消化器疾患、ナーシングセレクション、学研、2006
落合滋之監:消化器疾患ビジュアルブック、学研、2009
村上純子、他編著:看護に活かす検査値の読み方・考え方、総合医学社、2012