引用・参考文献

『新訂版 図解ワンポイント生理学』片野由美・内田勝雄、サイオ出版、2015年

1)
大地陸男:生理学テキスト.第4版、文光堂、2003
2)
星猛ほか共訳:医科生理学展望.丸善、1998
3)
堺章:新訂目でみるからだのメカニズム.医学書院、2000
4)
永田豊、坪井実監訳:カラースケッチ生理学.広川書店、1990
5)
名津井悌次郎:現代看護学基礎講座-生理学.真興交易医書出版部、1993
6)
エレインN. マリーブ、林正健二ほか訳:人体の構造と機能.医学書院、1997
7)
RF. シュミット、佐藤昭夫監訳:コンパクト生理学.医学書院、2003
8)
今井昭一:薬理学.標準看護学講座5、金原出版、1998
9)
柳沢輝行編著:新薬理学入門.南山堂、1997
10)
田中千賀子、加藤隆一編:NEW 薬理学.改訂第4版、南江堂、2002
11)
血圧の神経性調節.メディカルトリビューン、1984
12)
増田敦子:身体のしくみとはたらき.サイオ出版、2015
13)
山本敏行、鈴木泰三、田崎京二:新しい解剖生理学.改訂第11版、南江堂、2005
14)
香山雪彦、前川剛志:病棟で働く人のための生理学.秀潤社、2000
15)
増田敦子:新訂版解剖生理をおもしろく学ぶ.サイオ出版、2015
16)
河原貴ほか:熱中症予防ガイドブック.日本体育協会、1999
17)
後藤昌義編著:概説生理学-植物的機能論.改訂第2版、南江堂、1987
18)
神野耕太郎:運動の生理学.南山堂、2003
19)
Hardman JG et al.(Ed):Goodman & Gilman’s The Pharmacological Basis of Therapeutics(10th Ed). McGraw-Hill, 2001
20)
医学大辞典.第18版、南山堂、1998
21)
伊藤眞次:脳のホルモンとこころ.朝倉書店、1989
22)
伊藤眞次:脳のホルモン.朝倉書店、1993
23)
伊藤正男、井村裕夫、高久史麿編:医学大辞典.医学書院、2003
24)
今堀和友、山川民夫監:生化学辞典.第2版、東京化学同人、1997
25)
入来正躬:体温生理学テキスト-わかりやすい体温のおはなし.文光堂、2003
26)
岩瀬善彦、森本武利編:やさしい生理学.改訂第4版、南江堂、2000
27)
黒島晨汎:環境生理学.第2版、理工学社、1993
28)
西崎統:図解知っておきたい病態生理.医学書院、2002
29)
吉岡利忠、内田勝雄編著:生体機能学テキスト.第2版、中央法規出版、2007
30)
Ashcroft, F.:Life at the Extremes, University of California Press, 2000(矢羽野薫訳:人間はどこまで耐えられるか、河出書房新社 2002)
31)
Brobeck, J. R. ed.:Best & Taylor’s Physiological Basis of Medical Practice, Williams & Wilkins, 1990
32)
Lehninger, A. L.:Principles of Biochemistry, WORTH PUBLISHERS, 1982