看護・ケア 学習記事 看護に役立つ情報集。疾患ごとの観察ポイントや急変対応・心電図・薬・検査のことまで。

ピックアップ

  • 与薬原則の6つのR
    与薬までの確認の手順と確認項目について解説します。
    [ 続きを見る ]
  • 脳神経外科領域のドレナージ
    脳神経外科領域のドレナージ、ケアのポイントは圧管理と感染予防です。
    [ 続きを見る ]

新着記事

脳神経と脊髄神経はどう違うの?

脳神経と脊髄神経について解説します。それぞれの役割分担は?

食道手術後ドレナージ

食道手術後のドレーンについて、各術式ごとに解説する。

テープ以外のデバイスを使った気管チューブの固定方法は?

テープ以外の気管チューブの固定器具について説明する。

神経系はどんな構成になっている?

神経系は中枢神経系と末梢神経系に大別されます。それぞれの役割について解説します。

テープによる気管チューブの固定、実施のポイントは?

テープを用いた気管チューブの固定について説明する。

脊髄と脊椎はどう違うの?

脊髄は、円柱状をしている神経の束です。脊髄を守るような形で取り囲んでいるのが脊椎です。脊椎は、一般には背骨といわれています。

ドレーン抜去時期が早くなっている気がするけれど、抜去の基準は?

ドレーンが入っている場所や目的によってドレーンの抜去時期は様々です。今回はドレーンの抜去時期についてドレーンの抜去方法を交えながら詳しく解説いたします。

筋肉内注射時、注射針の刺入角度が45~90度なのはなぜ?

筋肉層に薬液を注入する方法を解説します。

hCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン)|ホルモン

hCG (ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の基準値、定義、異常とその原因、検査にかかわる看護のポイントを解説します。

脳の神経細胞は減っても大丈夫?

脳の神経細胞は多少減少しても生命活動に影響が出ることはありません。しかし、病的な減り方をすると、生命活動に大きな影響が出てきます。 

セフェピム|キャラ勉!抗菌薬データ

抗菌薬(抗真菌薬・抗ウイルス薬含む)の1つであるセフェピムをキャラクターで表現し、また薬剤の適応、投与方法、注意事項、作用などをアイコン化して理解しやすくしています。

発熱性好中球減少症とは

発熱性好中球減少症の原因や症状に合わせて、よく使われる抗菌薬をキャラクターやアイコンを使って理解しやすくしています。

患者によって気管チューブの固定方法をどう変えるの?選択基準は?

気管チューブの固定方法について説明する。

アニオン・ギャップ(Anion Gap;AG)|知っておきたい臨床で使う指標[19]

アニオン・ギャップ(AG)は、主に代謝性アシドーシスの原因を鑑別するために用いられる指標です。pHだけでは苦慮するアシドーシスかアルカローシスかをAGを計算することで判断します。

脳に有害な物は入り込まないの?

血液脳関門とは脳に有害物や不要物が入り込まないためのフィルターのようなものです。

甲状腺手術後ドレナージ

甲状腺手術の適応・術式および術後のケアのポイントについて解説します。

皮下注射時、注射針の刺入角度が10~ 30度なのはなぜ?

皮下注射の刺入に適した角度を解説します。

気管チューブのカフ圧管理の新しいデバイスには、どんなものがあるの?

カフ圧管理の新しいデバイスである、自動カフ圧コントローラについて述べる

肺炎【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【21】

肺炎は発熱や呼吸困難感、脱水など、様々な症状が見られます。また、小児や高齢者、呼吸器疾患の既往がある方などによっても、観察やケアのポイントは違ってきます。肺炎患者さんの観察やケア、またアセスメントのポイントについて解説します。