看護・ケア 学習記事 看護に役立つ情報集。疾患ごとの観察ポイントや急変対応・心電図・薬・検査のことまで。

ピックアップ

  • NPPV開始時には、なにを準備して、どう進めるの?
    NPPVの成功には患者の協力が必須です。患者に説明できるよう、しっかりと流れを理解しましょう。
    [ 続きを見る ]
  • ドレナージにおける医療安全対策|ドレーン関連トラブルの予...
    ドレーン関連のトラブルの防ぐにはどうする?トラブル事例とその改善策を載せました。
    [ 続きを見る ]

新着記事

胃瘻造設時、胃壁固定は必要ですか?|PEGケアQ&A

胃瘻造設時には、胃壁固定を行ったほうが安全です。その理由と胃壁固定について具体的に解説します。

開放式気管吸引の方法

開放式気管吸引の方法について説明する。

胃腸管(消化管)ホルモンと消化酵素はどう違うの?

胃腸管からは食物を消化するための酵素が分泌されていますが、同時に胃腸管ホルモンも分泌されています。両者の関係について詳しく解説します。

離床の際、現在はドレーンをクランプしないって本当?

離床の際、消化器外科で使用するドレーンにおいては、クランプの必要はありません。今回はドレーンをクランプしない根拠について、離床時の注意点を含めながら詳しく解説いたします。

TSH(甲状腺ホルモン、thyroid stimulating hormone)|ホルモン

TSH(甲状腺ホルモン、thyroid stimulating hormone)の基準値、定義、異常とその原因、検査にかかわる看護のポイントを解説します。

副腎髄質から分泌されるホルモンは何?

副腎髄質は、交感神経の支配を受けています。そのため交感神経が優位になると、アドレナリンとノルアドレナリンというホルモンを分泌します。アドレナリンとノルアドレナリンの作用について詳しく解説します。

敗血症の定義が変更。 臓器障害の有無が重要に

敗血症の定義の変更について、変更の詳細や知っておきたいポイント、対応方法について図や表を交えてわかりやすく解説します。

「簡易懸濁法」に関するギモン|PEGケアQ&A

簡易懸濁法について「在宅でもできる?」「複数の薬剤を1本のシリンジでまとめて懸濁してOK?」などナースが気になるギモンを解説します。

閉鎖式気管吸引の方法

閉鎖式気管吸引の方法について説明する。

副腎皮質ホルモンはどんなもの?

副腎皮質ホルモンは、電解質や糖の代謝に関与しています。分泌が亢進すると、クッシング症候群やアルドステロン症が生じ、分泌が低下するとアジソン病を発症します。

大動脈バルーンパンピング: IABP

大動脈バルーンパンピング(IABP)は最も簡便な補助循環装置です。看護にあたってはモニターで循環動態を把握するとともに、刺入部の出血、バルーン破裂などが起こっていないかを観察しましょう。

注射法により注射針が違うのはなぜ?

各注射法に用いられる注射針を解説します。

副腎と腎臓は関連があるの?

副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くです。何か関係があるのでしょうか?

MMTの測定方法と評価のポイント

筋力の分類に関する基準とその記録法(MMT)について、各関節の具体的な方法ならびに評価のポイントを解説します。

「PEGカテーテル管理」に関するギモン|PEGケアQ&A

PEGカテーテル管理についての気になるギモンを解決!患者が痛がる時は何を疑うべき?自己抜去予防にはどうする?

その症状、もしかしたらクラゲかも?!|キケンな動植物による患者の症状【11】

クラゲはその種類により、毒性や対処法が変わります。また、クラゲに刺された直後か時間が経っているかによって、患部を冷やすか、温めるかも変わってきます。今回は、クラゲに刺された時の対処法について解説します。

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引は、どう違うの?

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引の違いと閉鎖式気管吸引のメリットとデメリットについて説明する。

拮抗ホルモンって何?

互いに反対の作用を持つホルモンを、拮抗ホルモンと呼びます。具体例をまじえて解説します。

胸腔ドレーンをクランプするとき、 どうしてエアリークを確認するの?

胸腔ドレーンをクランプする際にエアリークが継続していると、胸腔内に空気が貯留し、緊張性気胸が生じ非常に危険です。今回は胸腔ドレーンを挿入する目的とエアリークの確認の必要性について詳しく解説します。

水痘(水ぼうそう)【ケア編】|気をつけておきたい季節の疾患【18】

水痘(水ぼうそう)は、通常は軽症で回復しますが、免疫が低下していると重症化したり、妊婦が罹患すると、先天性水痘症候群となるなど、感染予防が必要になる疾患です。看護師として、どのように二次感染を防ぐかなどを含め、水筒に対しての対処法・ケアについて感染管理認定看護師が解説します。