看護・ケア 学習記事 看護に役立つ情報集。疾患ごとの観察ポイントや急変対応・心電図・薬・検査のことまで。

ピックアップ

  • ラップ療法の合併症とその対策~熱傷のラップ療法まで~
    ラップ療法の合併症は過剰な滲出液が原因のスキントラブルや感染です。各合併症の対策法をそれぞれご紹介します。
    [ 続きを見る ]
  • ドレーンチューブ(ドレーン) | ドレーン・カテーテル・チュ...
    ドレーンには、構造上、主に「フィルム型」「チューブ型」「マルチスリット型」「サンプ型」の4種類があります。それぞれの形状・特性を理解しましょう!
    [ 続きを見る ]

新着記事

尿の細菌検査

尿の細菌検査の目的、検体採取法、検体の取り扱い、検査成績の読み方を解説します。

尿路ストーマ造設が必要な疾患にはどのようなものがあるの?

尿路ストーマの造設が必要な疾患について解説します。

陰嚢(いんのう)にはなぜたくさんのシワがあるの?

陰嚢(いんのう)に関するQ&Aを解説します。

急性膵炎に対するドレナージ

急性膵炎に対するドレナージについて解説します。

術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ?

術後の患者に使用する包帯について解説します。

早期離床はどのように行う?

早期離床の進め方について解説します。

きざみ食はなぜ嚥下リハビリテーションに向かない?

嚥下リハビリテーションに適した食事について解説します。

人工呼吸中の鎮静管理のポイントは?

人工呼吸中の鎮静管理について説明する。

男性生殖器には どのような器官があるの?

男性生殖器の器官について解説します。

弾性ストッキングは術後いつまで装着すればいいの?

弾性ストッキングは静脈血栓塞栓症の予防措置として有効であり、入院中リスクが続く限り終日、最低でも十分歩行ができるまでは装着すべきとされています。今回は弾性ストッキングに関して、血栓症予防方法を交えながら説明いたします。

包帯法|部位に応じた包帯の巻き方

巻軸包帯による包帯法について。部位に応じた巻き方を紹介します。

迅速検査法|細菌検査

迅速検査法の定義、種類、対象を解説します。

消化管ストーマ造設が必要な疾患にはどのようなものがあるの?

消化管ストーマ造設が必要な疾患と代表的な術式について解説します。

子宮はどれくらいまで大きくなれるの?

子宮の大きさと構造について解説します。