看護・ケア 学習記事 看護に役立つ情報集。疾患ごとの観察ポイントや急変対応・心電図・薬・検査のことまで。

ピックアップ

  • できるだけ、患者に自力で食べてもらうのはなぜ?|食事援助
    『看護技術のなぜ?ガイドブック』...
    [ 続きを見る ]

新着記事

皮膚保護剤貼付外周部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応は?|ストーマ術後ケア

皮膚保護剤貼付外周部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応について解説します。

注入速度を速くしすぎてはいけないのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は経管栄養の注入速度に関するQ&Aです...

在宅人工呼吸療法では、どんな制度が使えるの?

在宅人工療法に関する制度について説明する。

イリゲーターをベッドより約50cm高い所に設置するのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回はイリゲーターの設置に関するQ&Aです...

感知した像はどのように脳に伝わるの?|視覚

視覚の仕組みについて解説します。

胃チューブに注射器を接続し、胃の内容を吸引するのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は胃チューブに関するQ&Aです。 ...

せん妄の原因によって症状・経過が異なることがありますか?

原因によるせん妄の症状・経過の違いについて解説します。

成人用のチューブが約45~55cmなのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は経管栄養のチューブの長さに関するQ&...

皮膚保護剤貼付部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応は?|ストーマ術後ケア

皮膚保護剤貼付部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応について解説します。

注入する栄養剤を人肌(約37~40℃)に温めるのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は注入する栄養剤の温度に関するQ&Aで...

在宅人工呼吸療法に、医師や看護師は、どうかかわるの?

在宅人工呼吸療法の支援制度や導入・継続時の医師や看護師のかかわりについて説明する。

チューブの挿入時、患者を座位または半座位にするのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回はチューブ挿入時の注意点に関するQ&A...

眼はどのようにして物を見るの?

眼の構造としくみについて解説します。

経管栄養を行うのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は経管栄養に関するQ&Aです。 ...

療養の場の違いでせん妄の頻度に違いはありますか?

療養の場の違いによるせん妄の頻度の違いについて解説します。

ストーマ近接部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応は?

ストーマ近接部に生じやすい皮膚障害の観察ポイントと対応について解説します。

できるだけ、患者に自力で食べてもらうのはなぜ?|食事援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は食事援助に関するQ&Aです。 ...

在宅人工呼吸療法に、スムーズに移行するコツは?

在宅人工療法への移行について及びその支援体制について説明する。

時間がかかりすぎないようにするのはなぜ?|食事援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は食事の時間に関するQ&Aです。 ...